2019年6月 3日 (月)

矢板のバロックさん。

蔵の街かど古本市のひとはこ部門に出店してくれbullock booksさんに行ってきました。

 

 

ちょっと前に、お友達のまんまるマーヤさんが訪れたときのブログに、目印の写真があって、

P1030803

 

この目印のおかげで、迷わずにたどり着くことができました。

 

P1030816

 

ほんとに山の中です。大きな古民家、手入れされたお庭、そして、かわいい小屋。

 

かわいく見えるけど作りはしっかりしています。

 

P1030806

 

棚は、アート系、翻訳もの、和のもの、引っかかるものがたくさんあります。

 

入ってすぐの左側は、独自に仕入れている新刊と、店主イチオシのおすすめセレクト。

 

ワクワクします。

 

P1030809

 

バロックさんは矢板の生まれというわけではなく、ご両親がこの古民家に移住してこられたことが、きっかけだそうです。

 

もともとは新潟にあったという建物にも、バロックさんのご両親にも、ドラマがありそう。。。いつかお話伺ってみたい!

 

P1030810

 

マーヤさんのブログにはわんこが出てきたけれど、今日はにゃんこがお出迎え。みつまめちゃんというのだそうです。ちなみに読書カフェスペシャルのゲスト、牟田都子さんちのにゃんこは、しらたまちゃん。

 

 

帰りに、憧れの高塩菓子店でお抹茶いただきました。

 

P1030825

 

P1030822

 

庭で揺れていたのは、宮澤賢二作品にも出てくる「うすのしゅげ」=おきなぐさ。大好きです。

 

 

 

Img_20190520_074508

単行本の三熊野詣、装丁買い。。。

 

また積ん読が増えてしまう(笑)

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

♪丘をのぼってー、行こうよ古本市~

タイトル、この歌わかる方いらっしゃいます?(笑)

 

♪丘をのぼってー吹こうよオカーリナ~ 

っていう歌があったんですよ。わかる人はきっと同世代(^-^)

 

さて、蔵の街かど古本市と蔵の街読書カフェスペシャルが迫っております。

何をもたもたしてるんでしょうこの人は。

 

今日も今日とていそいそと、チラシ抱えて現実逃避。「広報活動&視察」の名のもとに、笠間で行われている「丘の上古本市」 へ出向きました。

せめてもの言い訳に、車でなく電車を選び、車内でちまちまと、あおいとりに出店者様情報を打ち込んでみたりして。

 

この、丘の上の世話人さんは計画的効率的に、おたくのチラシを配るから、うちのチラシもお願いしますという方式で大量のチラシを地道に広域に綿密に撒いておられて頭が下がります。

(うちのチラシに丘の上のチラシが同封されてたのはそういうわけなのでよろしくお願いします)

 

初めておりた笠間の駅は、それでも案内の人がバス停に立っていて、バスの時間や道案内をしていました。これはたいへんよいことと思います。

栃木の駅はホントに街はずれにあって、まずどっちへ行っていいか迷うのですよ。駅舎の中に観光案内所はあるけれど、案内嬢は小窓からうまいもんマップを渡すだけだったりするんで。

 

そういえば映画祭のボランティアが陣取ってチケット販売所を置いたこともあったけれど、ここ3年くらいはそんな話も聞かない気がする。

チケット自体はネットやコンビニでも買えるようになったとはいえ、駅で案内する人はいたほうがいいなー。

 

でもホントに丘の上でしたね。いや、平地の栃木の感覚だとあれはもう山の上ですよ。錦着山より大きいでしょう。

P1000721

 


クラフト系のマルシェと飲食ブースの奥まったエリアに古本。

古本は、けっこう重厚な店構えのところが印象的ですねえ。

やはりそこは、陶炎祭と同時開催ということで焼物系の本も多いし土色な感じです。

うちのチラシを配ろうとしたら、もう店主さんたちには配布済みでした!ありがたや。

 

 

銀花を3冊買おうとして、そのうちの一冊を「あ、これは売れない。ごめんなさい間違えて出してしまった」とひっこめられてしまったのも印象深い(涙)。。。

ここまで来たけど陶炎祭は谷底のほうにあったので、眺めただけで帰ってきてしまいました。(だって、谷に降りたらまた山を登らなきゃならないじゃないですか!←根性無しっ)

P1000724

行けば買いたくなるし、今回の目的はそこじゃないし、早く帰ってやることやらないと。(ここまで来といてなに言ってんだか)

空模様も怪しくなってきたし、ちょうどいいバスがいたのをこれ幸いと帰途につきました。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

座布団手配中

改元が近づき、世の中そわそわしてきましたよ。

いつもどおりにお仕事、という方もいらっしゃるかもしれません。

ところで

10連休の次の週末、5月11日・12日のご予定はお決まりですか?

 

日光例幣使街道の面影を残す嘉右衛門町伝建地区で、のんびりと歴史散歩を楽しむ、なんていかがでしょう。

通り沿いで古本屋さんごっこ(栃木・蔵の街かど古本市)の出店者さんも、まだまだ募集中です☆

20190319_113122

 

手ぶらで来て、横山郷土館で着物を着せてもらって街歩きするのもいいですね。

名物の味噌田楽が味わえる「油伝味噌」さんの、離れ座敷で、

栃木の古い貴重な写真のスライドショー【昭和・栃木町の記憶】と、昭和12年の【市制祝典実況】記録映像がご覧いただけます。

20180428_142207

油伝さんから南へ500メートルほど行ったところに「大貫邸」と呼ばれる見世蔵作りの建物があり、

こちらでは11日(土)16時から、スペシャルゲストおふたりをお迎えしての対談【一冊の本ができるまで】が。

(ゲストは川内有緒さんと牟田都子さんです!ご予約をお願いします)

01_2

さらに12日(日)は、蔵の街のあちこちで展開されている「栃木・蔵の街かど映画祭」にちなんで、

【蓄音機で洋画音楽を楽しむ会】が催されます。

 

20190319_113303

油伝味噌、大貫邸、どちらも歴史的建造物ですから、畳のお部屋です。

当然、椅子席というわけにはいきません。

お客さまに居心地良く過ごしていただくために必要なもの、、、

そうです。座布団、絶賛準備中(^-^)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

蔵の街かど、、、油伝さんでも。

こんにちは読み書き堂です。

 

アイスホッケーの話題をすこしだけ。

栃木日光アイスバックスの寺尾勇利選手の退団が発表されました。

海外挑戦へ。。。もちろん、応援します!どこでプレーすることになっても。

 

勇利選手は、栃木市の寺尾小学校に、同チーム所属の兄・裕道選手とともに授業に来てくれたこともあります。

シーズン最終ホーム戦には、寺尾小の子供たちをワクワク夢シートに招待してくれました。

宮スケート場に、いつか来てほしいなぁ。

 

さて、本題です。

5月11・12日の「栃木・蔵の街かど古本市」ですが、同日開催の映画祭とのコラボイベントということで、

例幣使街道沿いの「油伝味噌」さんで、栃木の古い写真をスライドショー上映することが決まりました。

市内の歴史資料のアーカイブ化をすすめている市民グループ、「ネットワークとちぎ」さんのご協力です。

510

ネットワークとちぎのスライドショー。これまで、栃木図書館や市民活動センターくらら等でも上映され、好評を得ています。

「油伝味噌」さんは、天明年間創業の老舗のお味噌屋さんで、敷地内の5棟の建物が国の登録有形文化財の指定を受けています。

時代劇に出てきそうな雰囲気の中でいただく味噌田楽は、地元民から県外まで多くのリピーターが。

とうふ、こんにゃく、さといもに、それぞれ違う味付けのみそだれをつけ、直火であぶってあるので、香ばしさがたまりませ~ん(^^♪

当日映画祭チケット(鑑賞後の半券でも可)をご提示のお客様は、この田楽盛り合わせ530円のところ、なんと500円でお召し上がりいただけます!

 

スライドショー上映の会場は、田楽を食べられる部屋とは別の、お座敷のほうになります。

 

上映の時間や内容は、確定次第こちらでもお知らせしたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

2019年速報ですよ。

本年も よろしくお願いいたします

明けてからだいぶ経ってしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
喪中を言い訳に不義理をしてしまいましたが、
ブログやSNS読んでるよ、と書いてくださってる方もいらして、とても嬉しいです。
のちほどゆっくり、お便りしたいと思います。
 
 
さて2019年、いま決まっている予定をお知らせします。
 
蔵の街読書カフェ
 
1月23日(水)14:00~15:30 レタースタンド富士見町おとなり
 
2月23日(土)14:00~15:30 レタースタンド富士見町おとなり
 
 
ひとり一冊、好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。
これまで毎月違う場所で開催してきましたが、たまには落ち着いてみてもいいかなと思い、
同じ会場での開催となります。
ちなみに両日とも、10時から一日古本屋を開いてますので、ひやかしにきてくださいね。
レタースタンド富士見町さんについてはこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/letterstand/
 
 
栃木図書館友の会ブックトーク「本に親しみ、本を拡げて」
 
2月13日(水)14:00~15:00 栃木図書館(栃木市旭町12-2)
 
http://www.library.tochigi.tochigi.jp/map/index.html#tochigi
 
 
豆本作りや読書カフェでお世話になってる地元の図書館さんです。
今回、読み書き堂としての活動をお話しする機会をいただきました。
何から話そう?原稿作っておかなくちゃ~(^^ゞ
 
 
 
とちぎ・蔵の街かど古本市
 
 
5月11日(土)・12日(日)  *とちぎ・蔵の街かど映画祭と同時開催
 
 
今年もやりますよ!日程のみのお知らせですが、スケジュールに書き込んでおいてくださいませ。
なんと、栃木一箱古本市から通算10回目となります。
ワクワクするような企画をあたためてますので、ぜひご一緒に楽しみましょう。
運営お手伝いしてくださる仲間も募集中です。
 
 
 ーーーーーー
 
 
 
美術展や映画の話も書きたいと思ってるうちに時が過ぎてゆきますわ―。
それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

富士見町にて。

むかしは富士山が見えたんでしょうねえ…

という富士見町。栃木市にもあります。

そんな富士見町にこの夏から時おり出現していたLetter standのおとなりで、

一日限りの古本屋を開かせていただきました。

昭和生まれには懐かしい、このかんじ。。。


1540683216990.jpg


ふだんはトランクひとつ分で店をだしているので、二部屋玄関つきだなんて夢のような空間です!

長押に釘が打ってあったりして、おあつらえ向きなのでかまがわ文庫のトートバッグ掛けたり、

こないだのツキイチトショカンの特製コースメニューを立て掛けたりしてみました。

読み書き堂は、かまがわ文庫の栃木分館長なんですよ、とちゃっかりアピール(笑)

1540683217588.jpg

しかもこんな味のある什器まで。。。にやけが止まりません。

あ、どうでもいいけどにやけって、若気って書くんですってね。そういえば老若男女で「にゃく」ってよみますもんね。

そして遡ってどうでもいいんですけど、さっき「なげし」と打ってもまったく漢字に変換されなくて、いちいち「ながおし」と打って「し」を消さにゃならんのか~~と嘆いた次第。

1540683218217.jpg


見て見てこの椅子、ロッキングチェアなんですよ~💕ステキ

おそらく昭和ヒトケタのものと思われるトランクが、こんなにしっくりくるなんて(嬉々)


次の間にはテーブルがあるので、「季刊レポ」を盛大にちりばめてみました!

表4の山田うどん広告が評判で(^o^ゞ、ポストカードにして山田うどんで売ればいいのにとか、楽しいご意見も。


1540683219208.jpg


バスと電車を乗り継いできましたよ~というお客様が、いらしてくださいました。

車通りではないし、行き止まりなので、目指してくる人しか訪れない場所です。

告知もほとんどしていなかったので、今回はほとんどLetter stand 富士見町さんのお客様に寄っていただいた感じですが、

この空間を楽しんでいただけたようで、ありがとうございます。

この企画ご好評につき、12月23日にまた開催します!

詳細は後日、ということで。

Letter stand 富士見町さんのリンクはこちらです。
Letter stand 富士見町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

ことしの和綴じ豆本

ささやかに、「ぬくもりの灯」展を同時開催?(笑)


1539005884752.jpg
この着物は、大正末期か昭和初期の富山で作られたものです。綿が入って暖かそうです。

竹は、かぐや姫プロジェクトのみんなが協力して作ってくれたものです。

1539005885743.jpg

さて、豆本ですね、本題は。

1539005886663.jpg

おとなも子どもも、手を動かして紙を折り、

1539005887429.jpg

針と糸をうごかして、

1539005888332.jpg

昔ながらのやり方で

1539005889314.jpg

身近な素材でできる

1539005890211.jpg

ご興味ありましたら。ぜひ(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

和綴じの豆本づくりに挑戦してみませんか~☆

歌麿まつりが、今月末からはじまるのです。

読み書き堂は今年も、栃木おやこ劇場さんのご協力をいただいて、 「和綴じの豆本作り」を開催いたします。
 
日時 9月29日(土)       1回目)10時30分~12時    2回目)13時30分~15時30分   

場所 とちぎ蔵の街観光館 2階 多目的ホール
  

費用 300円
 
 
  ☆商店会の抽選券をお渡しします!

1537633214714.jpg
美人画のイメージが強い歌麿ですが、若い頃に蔦谷重三郎に見いだされ
当時流行していた狂歌の歌本に得意の精密描写画をくみあわせて、虫・花・貝の三部作が刊行されました。
 
 
この歌麿まつりで、一昨年『画本虫撰』、
昨年は『百千鳥狂歌合』を取り上げてきました。
今年の『潮干のつと』でコンプリートです(^-^)

豆本キット、作りました~。
 

1537633215932.jpg


 

針と糸が使えれば、お子様でも作れますよ(o^-')b ! 
低学年のお子様は保護者の方と一緒にどうぞ。
 道具も揃っておりますので、お気軽にご参加ください。
 
1537461695005.jpg    
 
 


 こんな風に会場を設えまして、和の雰囲気を。

こちらのお着物は、大正末期から昭和初期にかけて、富山で作られた子供用の着物です。
 
とあるご婦人から、タンスの肥やしにするよりは、と託されたものなもで、 ぜひ多くのかたにご覧いただきたいです。


 


ご一緒に、楽しく豆本作りしましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

ヒジノワの古本祭でした

益子のヒジノワさんに、本がたくさん並んだ日の様子を。。。

1531923960053.jpg

ハナメガネ商会さんや内町工場さん、添谷書店さんも出てくださって。

たくさんの出会いが。。。

いい空間です。 

毛毬さんのランチはお魚orハンバークが選べて、お野菜がとってもおいしかったです。

 
1531923963227.jpg  



 

お客様も出店者さんたちとお話しが弾んで、楽しそう(^◇^) 

夕方には、出品されていたアイリッシュバラッドの本に触発され?

小川さんの伴奏で史子先生が歌ってくださいました。

居合わせたみなさんラッキ~♪



1531923960975.jpg
 

夜は宇都宮Lynch第2木曜の「小川倫生ライブと古本バー」の出張版。


1531923961423.jpg

 

小川さん、リンチ以外で実験ライブは初めてかも。

いつもよりジェントルな雰囲気で。

1531923962008.jpg

 飛び入りの演奏や朗読、ダンスも☆

 この、なんでもありというか、そこにいる人みんなで盛り上げるのがリンチらしいのかな?

 そしてこちらは、鈴木稔さんの本棚。素敵ですねえ。

みなさん吸い寄せられるようにブランクーシを手にとってました。

1531923962545.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

あの子は30年前カープ女子だった

日光アイスバックスのチームスタッフ、衣笠伸正さんのtwitterで、鉄人の訃報を知りました。以下引用。
 
 
@kinumasa9
「苗字が同じだけですが珍しい苗字なのでよく「鉄人」と言われたものですが、「鉄人衣笠」と言われるのは嫌じゃなかったです。
むしろどんな事でも鉄人になれるように頑張ろうと思わせてくれた衣笠さんに感謝いたします。」
 
 
そして衣笠さんといえば、思い浮かぶ本があるのです。
 
 『本当は、死ぬまで野球選手でいたかった』
 
著者はえのきどいちろうさん。
 
このタイトルが、対談のなかに出てきた衣笠祥雄さんの言葉だそうです。
 
鉄人の野球人生を象徴する、いわば結晶ですよね。
 
20章。つまり20人との対談です。最終的に文字になったのはこの分量でも、実際のインタビューは、当たり前ですがこれよりたくさん話されてると思います。
合計するといったい何時間くらい、お話しされたのでしょう。
その膨大な対話の中から、この結晶が選び出されたんです。
読み終わってから改めてこのタイトルを見ると、それだけで高まるものがあります。
 
あの、決してスポ根ものとか、ヒーロー伝ではないです。
 
なんていったらいいのか、当事者による回想ドキュメンタリ?  
 
わたしの印象で言えば、えのきどさんが、その試合の球場、対戦相手、あるいはそのシーズンの流れや、それまでの成績なんかを持ちだして、対談相手の思い出スイッチをぱちん、パチン、と点けていく感じです。
 
みなさん、現役を退いてからもう何年も、何十年も経っているのに、えのきどさんに水を向けられると、まるで昨日のことのようにエピソードがあふれだすんです。
一瞬一瞬が、真剣勝負だったからこそなのでしょう。その情熱というか、本気度が伝わってきます。
 
きっとえのきどさんご自身が、心底野球が好きで、本気で怒ったり喜んだりしながら、野球を見てきたんでしょうね。だからその場面のツボがわかる。
このひとならわかってくれると思うから、話すほうも、その時の気持ちに立ち返って語れるんだと思います。
 
 
野球好きはもちろん、そうでなくても、読んでみて欲しい一冊です。
 
 
 
あ、話が逸れた。
 
衣笠さんですよ、衣笠さんでもうひとつ、ずいぶん懐かしいこと思い出しました。
 
 
小学校の2年生のとき同じクラスになって以来、ずっと仲の良かった友達がいるのです。
帰る方向も一緒で、というかその子の家に寄ってから帰るのが定番ルート。
もう30年以上前のことですが、その子が当時、かなりのカープファンだったんですよね。
野球を知らないわたしですら、彼女に影響されて「鉄人衣笠」と「北別府」という耳慣れない名前を覚えてたくらいです。
 
 
いま思えば、どうして、鹿児島の小学生がカープのファンだったんだろう?
たしかお兄ちゃんがふたりいたから、そのあたりかもしれないなぁ。
 
5年生で関東に引っ越してきた後も、彼女とはいまに至るまで年賀状のやり取りをしています。
久しぶりに、手紙書いてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)