2019年9月11日 (水)

9月のなずなさんにインドの風が

20190908_164441_20190911133401

台風が近づいてるということで、間際のお知らせでしたが開始を早めました。

みなさんを待つあいだ、ねこの絵ばかり書く少年のお話を読んでました。。。

ここ、ブックアンドカフェなずなは、お店の半分くらいが本棚です。

国内外の旅の本、猫本、廃墟写真集、画集等々、趣味のいいセレクトです。

値段がついてる本は、買えるんですよ☆



さて、今月の蔵の街読書カフェは、、、


1)『夜の木』『Origins of art』(タラブックス)

タラブックス訪問のご報告を、たっぷりとさせていただきました。

詳細は、別記事たてますね。

1冊目は、タラブックスを一躍有名にしたシルクスクリーンによるハンドメイド本。

作業風景を見学させてもらいましたが、ほんとうに一枚ずつ手刷りしていて、絵本というより、画集。

2冊目は、夜の木を描いたアーティストの故郷を、松岡宏大さんが撮影した写真と共に紹介する最新刊で、日本未発売。

来年、この本をベースにしたエキシビジョンがまた日本で展開されるらしいです。楽しみ~!


2)『三休』劉慈欣(早川書房)

20190908_182207

「バーナード嬢曰く。」の連載で神林しおりが紹介していたそうです。

訳者が三人いるんですね。中国語を日本語に訳したものと英語経由と、SF的に間違いがないかをチェックするという念の入れよう、らしい…素晴らしい。

紹介者Dさんの熱心なアジア翻訳小説推しもさることながら、

施川ユウキ(ド嬢。の作者)氏の読書量とレビューの巧みさにも感服します。



3)『閉鎖病棟』帚木蓬生(新潮文庫)

  『悪いものが来ませんように』芦沢央(角川文庫)

20190908_184353

紹介者Tさん、箸休め的に読む文庫本を2冊お持ちくださいました。

1冊目は、まもなく映画が公開されるようですが、紹介者Tさんは間違いなく原作の方がいいと、早くも断言されてます(笑)

死刑執行が失敗し、生きながらえてしまった人物のその後なんて、想像もつかない。

2冊目は「絶対に映像化できない。というか映像化した時点でネタバレになって、面白くもなんともなくなってしまう」のだそうです。

どちらも興味深いですね、読んでみたいと思わせるのがうまいなぁ!

 



4)『国民の修身』渡部昇一(産経新聞出版)

「教育勅語が載ってるんですよ」と紹介されたこの本。

わたしは昭和ひとケタに育てられたので聞き覚えありますが、いまの若いひとは「なんですかそれ」って感じなんでしょうか。

道徳の教科書のご先祖さまみたいな存在、といえばなんとなく、伝わりますかね~。

20190908_185055

この本自体は、約束は守れとか、兄弟仲良くとか、至極真っ当な内容です。ただそれが、軍国主義に走っていく時代に暗唱させられた記憶とセットになっていて、強いアレルギー反応を示すひともいますし、戦争賛美的なイメージを喚起することもあるのでしょう。

文体は簡潔で美しいですし、言葉そのものをシンプルに受け止めて、先入観を持たずに素直な気持ちで読んでみるのはいいことだと思います。



☆見学参加のMさん

前回参加時にTさんが紹介されていた『かなわない』を読んだとのご報告。

「自分では選ばないような本だったけど、紹介を聞いておもしろそうだったので、読んでみたら大当たりでした!」

嬉しいですね~♪ 

これがあるから、読書カフェはやめられません(^-^)v



| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

♪丘をのぼってー、行こうよ古本市~

タイトル、この歌わかる方いらっしゃいます?(笑)

 

♪丘をのぼってー吹こうよオカーリナ~ 

っていう歌があったんですよ。わかる人はきっと同世代(^-^)

 

さて、蔵の街かど古本市と蔵の街読書カフェスペシャルが迫っております。

何をもたもたしてるんでしょうこの人は。

 

今日も今日とていそいそと、チラシ抱えて現実逃避。「広報活動&視察」の名のもとに、笠間で行われている「丘の上古本市」 へ出向きました。

せめてもの言い訳に、車でなく電車を選び、車内でちまちまと、あおいとりに出店者様情報を打ち込んでみたりして。

 

この、丘の上の世話人さんは計画的効率的に、おたくのチラシを配るから、うちのチラシもお願いしますという方式で大量のチラシを地道に広域に綿密に撒いておられて頭が下がります。

(うちのチラシに丘の上のチラシが同封されてたのはそういうわけなのでよろしくお願いします)

 

初めておりた笠間の駅は、それでも案内の人がバス停に立っていて、バスの時間や道案内をしていました。これはたいへんよいことと思います。

栃木の駅はホントに街はずれにあって、まずどっちへ行っていいか迷うのですよ。駅舎の中に観光案内所はあるけれど、案内嬢は小窓からうまいもんマップを渡すだけだったりするんで。

 

そういえば映画祭のボランティアが陣取ってチケット販売所を置いたこともあったけれど、ここ3年くらいはそんな話も聞かない気がする。

チケット自体はネットやコンビニでも買えるようになったとはいえ、駅で案内する人はいたほうがいいなー。

 

でもホントに丘の上でしたね。いや、平地の栃木の感覚だとあれはもう山の上ですよ。錦着山より大きいでしょう。

P1000721

 


クラフト系のマルシェと飲食ブースの奥まったエリアに古本。

古本は、けっこう重厚な店構えのところが印象的ですねえ。

やはりそこは、陶炎祭と同時開催ということで焼物系の本も多いし土色な感じです。

うちのチラシを配ろうとしたら、もう店主さんたちには配布済みでした!ありがたや。

 

 

銀花を3冊買おうとして、そのうちの一冊を「あ、これは売れない。ごめんなさい間違えて出してしまった」とひっこめられてしまったのも印象深い(涙)。。。

ここまで来たけど陶炎祭は谷底のほうにあったので、眺めただけで帰ってきてしまいました。(だって、谷に降りたらまた山を登らなきゃならないじゃないですか!←根性無しっ)

P1000724

行けば買いたくなるし、今回の目的はそこじゃないし、早く帰ってやることやらないと。(ここまで来といてなに言ってんだか)

空模様も怪しくなってきたし、ちょうどいいバスがいたのをこれ幸いと帰途につきました。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

その名はウツノミヤブックライツ

いざ、栃木・蔵の街かど古本市と、映画祭のチラシを持って宇都宮へ出陣です。

ホントは名簿とかリストとか作ったり、もっとブログ更新したり、Facebook投稿したりしなきゃいけないんだが、、、

苦手なんです。ひとつ書くのに3日くらいかかるんです。書いてるうちに「いまさら」な話題になっちゃうんです。

うーん。

 

というわけで、告知は足で稼ぐタイプです。

 

まあ、本音を言うとこの、北関東ブックイベント界の大型新人(?)「ウツノミャブックライツ」が気になってしょうがなかったんですよね。

だって見てくださいこのラインナップ。

Img_20190514_004858_2

出版社さんの顔ぶれが! すごいじゃないですか。個性派出版社。ひとり出版社。小さくても本当にいい本を出すっていう気骨のある会社とかね。なにこれ、ここ東京じゃないよ。いや、京都からもいらしてるし。

こ、こ、これが🐰屋さんの実力ですか~。やっぱチェーンの威力か。本好き垂涎まちがいなし。

 

古本屋さんは、実店舗オープンするとかしたとかでホットなアナログブックスさんをはじめおなじみさんも多く、

会場が広々してて、フードもあるし奥のほうではライブもやってるのでにぎやか。

20190421_170212

ぐるっと見回して、最近の古本屋さんは屋外イベントでもおしゃれな店構えだなと。

なんといいましょうか風花野文庫さんをこちらの主催者さんにご紹介したのはわたしなんですけど(∀`*ゞ)エヘヘ  

古書も新刊も本です。みんなつながっていろいろ面白いことやって、お互いに盛り上げあったらいいと思いますよ。

 

そしてねー、やっぱり行ってよかった。憧れのあのかたこのかたにごあいさつできて、

しかもみなさんにイベントのチラシをお渡ししたら

「え、牟田さん来るの?うちの本、これとこれ、牟田さんが鉛筆入れてくれたんだよ。」とか

「わー、川内さんに牟田さん、すごい顔合わせ。これ栃木でやるんですね、行きたいなぁ。」とか

 

反応がシャープでディープで光栄で、もう、「はい」「はい」しか言えない(感涙)(つд⊂)

 

 

しかもこの夜は釜川沿いのカマガワポケットで毎月1回開催されている「ツキイチトショカン」の日だったのです。

だいぶくたびれてきましたが、私が持ち歩いているトートバッグは、ツキイチトショカンを運営する「かまがわ文庫」の限定グッズ。

このバッグに喰いついてくださったトートバッグコレクターの出版社さんもいましたよ~( ̄▽ ̄)v

 

ブックライツからツキイチトショカンへ、とにかく本まみれの1日でした。

(でも財布が空っぽだったから、本を買うためにまた日曜も行ってしまったのは内緒)

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

座布団手配中

改元が近づき、世の中そわそわしてきましたよ。

いつもどおりにお仕事、という方もいらっしゃるかもしれません。

ところで

10連休の次の週末、5月11日・12日のご予定はお決まりですか?

 

日光例幣使街道の面影を残す嘉右衛門町伝建地区で、のんびりと歴史散歩を楽しむ、なんていかがでしょう。

通り沿いで古本屋さんごっこ(栃木・蔵の街かど古本市)の出店者さんも、まだまだ募集中です☆

20190319_113122

 

手ぶらで来て、横山郷土館で着物を着せてもらって街歩きするのもいいですね。

名物の味噌田楽が味わえる「油伝味噌」さんの、離れ座敷で、

栃木の古い貴重な写真のスライドショー【昭和・栃木町の記憶】と、昭和12年の【市制祝典実況】記録映像がご覧いただけます。

20180428_142207

油伝さんから南へ500メートルほど行ったところに「大貫邸」と呼ばれる見世蔵作りの建物があり、

こちらでは11日(土)16時から、スペシャルゲストおふたりをお迎えしての対談【一冊の本ができるまで】が。

(ゲストは川内有緒さんと牟田都子さんです!ご予約をお願いします)

01_2

さらに12日(日)は、蔵の街のあちこちで展開されている「栃木・蔵の街かど映画祭」にちなんで、

【蓄音機で洋画音楽を楽しむ会】が催されます。

 

20190319_113303

油伝味噌、大貫邸、どちらも歴史的建造物ですから、畳のお部屋です。

当然、椅子席というわけにはいきません。

お客さまに居心地良く過ごしていただくために必要なもの、、、

そうです。座布団、絶賛準備中(^-^)

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

蔵の街かど、、、油伝さんでも。

こんにちは読み書き堂です。

 

アイスホッケーの話題をすこしだけ。

栃木日光アイスバックスの寺尾勇利選手の退団が発表されました。

海外挑戦へ。。。もちろん、応援します!どこでプレーすることになっても。

 

勇利選手は、栃木市の寺尾小学校に、同チーム所属の兄・裕道選手とともに授業に来てくれたこともあります。

シーズン最終ホーム戦には、寺尾小の子供たちをワクワク夢シートに招待してくれました。

宮スケート場に、いつか来てほしいなぁ。

 

さて、本題です。

5月11・12日の「栃木・蔵の街かど古本市」ですが、同日開催の映画祭とのコラボイベントということで、

例幣使街道沿いの「油伝味噌」さんで、栃木の古い写真をスライドショー上映することが決まりました。

市内の歴史資料のアーカイブ化をすすめている市民グループ、「ネットワークとちぎ」さんのご協力です。

510

ネットワークとちぎのスライドショー。これまで、栃木図書館や市民活動センターくらら等でも上映され、好評を得ています。

「油伝味噌」さんは、天明年間創業の老舗のお味噌屋さんで、敷地内の5棟の建物が国の登録有形文化財の指定を受けています。

時代劇に出てきそうな雰囲気の中でいただく味噌田楽は、地元民から県外まで多くのリピーターが。

とうふ、こんにゃく、さといもに、それぞれ違う味付けのみそだれをつけ、直火であぶってあるので、香ばしさがたまりませ~ん(^^♪

当日映画祭チケット(鑑賞後の半券でも可)をご提示のお客様は、この田楽盛り合わせ530円のところ、なんと500円でお召し上がりいただけます!

 

スライドショー上映の会場は、田楽を食べられる部屋とは別の、お座敷のほうになります。

 

上映の時間や内容は、確定次第こちらでもお知らせしたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

アーカイブ研修実技コースを受けてきました

職場の先輩から「紙資料の修復のための研修だから、本の活動に役立つでしょう」と勧められ、お休みをいただいて参加してきました。NWECで毎年開催され、キャンセル待ちが出るほどの人気コースだそうです。

1543426337447.jpg
NWECは武蔵嵐山駅から歩いて15分くらい。広大な敷地に宿泊等、研修等、レストランや図書館もある立派な施設です。
1543426337862.jpg
まず、紙資料が劣化する原因や、本には様々な製本の方法があり、それぞれに合った修復が必要になるということを、実物を見ながらレクチャーを受けました。

実技は、糊を一切使わず、革ひもと糸で綴じ、見返しと表紙でカバーする「コンサベーションバインディング」です。
1543426338296.jpg
ひとりひとり材料と道具が用意されていて、一工程ずつ先生のお手本を見ながらすすめていきます。

1日目は、1括8枚の本文用紙10括を、革ひも(支持体)と一緒に糸で綴じていく作業。
豆本と違って、きちんとした大きさと厚みのある本です。ワクワクしますよ。


受講生は、大学や公営の図書館、博物館の方が多かったようです。
「市民活動センターって、どんなお仕事ですか?」という、よくある質問をここでも受けましたが(笑)、ちょっと説明するとすぐ分かってくださる方が多かったです。
「ボラセンと社協と生涯学習センターを足して3で割ったような感じ?」
まあまあ外れてはいませんかね。割るというのはちょっと違うような。自分でもよく説明できません(^^;

夜は懇親会。
南は沖縄・石垣島から北は、、、栃木まで(笑)、全国各地から参加されてるんですね。

東大は学部ごとに図書館を持っていて、その数30を超えるとか、各大学の図書館事情など楽しくうかがいました。

翌日、綴じた本体を表紙でくるむ作業。糊って、虫がつく原因になるんだそうで、それを避けるために糊を使わず、小口の折り返しに切り込みを入れて接合するのです。こんなやり方があるなんて、知らなかった。

1543426339003.jpg


完成。もっときつく綴じればよかったなーと思いつつ、じわじわ嬉しい。

1543426339638.jpg

使った道具類は、目打ち以外すべて持ち帰れるというのも嬉しい。

さて、のんびりはしていられません。お昼を食べて、午後は駒込に紙資料の保存修復を手掛ける会社を見学しに行きます。

ココがまたすごかった。

1543426340234.jpg


1543426340777.jpg

様々な研究機関やアーカイブ施設からの依頼で、 資料にピッタリの箱にする段ボール(リサイクル紙が含まれているふつうの茶色いのじゃなくて、 新品のパルプから作られた特殊なもの)を、コンピューター制御で自動的に切り出す装置があったり、虫喰いだらけの和本に極薄の和紙で裏打ちを施したりという現場を見せていただきました。

1543426341382.jpg


1543426342086.jpg


貴重な経験、ありがとうございました!

ここで一番大きいプレス機。かあっこいい~!

1543426342714.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

気を遣う?奇を衒う?いえいえ、木を植える音楽です。

栃木は秋まつりも終わって、ぐんと寒くなりました。
 
みなさま風邪などひいていませんか?
あれよあれよという間に、開催が迫ってきました。
ぽたりでの木を植えるライブ、あと一週間です。 
先日、studio bacoさんで最終ミーティングしてきました。こう言ってはなんですが、楽しい打ち合わせでしたねぇ。

今回ゲスト参加の牛山すすむさんと木を植える音楽のみなさんとの、出会いの思い出話などもうかがいつつ、和やかに、アーティストさんの登場順や必要機材、セッティングを確認。
1542381630222.jpg
11月23日、ひとりでも多くの方に、いい時間を過ごしていただけますように。 
1542381631622.jpg
書籍版『木を植える音楽』の販売もあります。
CDができるまでの様々なエピソードや、アーティストさんひとりひとりの、曲に込めた思いが伝わってきます。
1542381633949.jpg
これは昨年のパーラートチギでの展示のようす。 このとき多くのかたから、是非ライブを、というお声をいただいて、今回それが実現することになりました。 ありがとうございます。



https://kiwoueruongaku2treecafe.jimdo.com/news-event/
16時から19時という時間帯です。
 
倉本さんの「わたね」が出店されますので、飲んだり食べたりしながら
 
ゆったりと音楽をお楽しみください☆
あらためまして、「木を植える音楽」は、
 
津波被害を受けた海岸林の再生活動を支援しています。
 
CDの売り上げは「苗木 for いわきプロジェクト」を通じて、
 
1枚につき10本のクロマツの苗木が植えられます。
 
 
1542381632502.jpg

白砂青松の風景が復活することを願って。

みなさまのお越しをお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

ことしの和綴じ豆本

ささやかに、「ぬくもりの灯」展を同時開催?(笑)


1539005884752.jpg
この着物は、大正末期か昭和初期の富山で作られたものです。綿が入って暖かそうです。

竹は、かぐや姫プロジェクトのみんなが協力して作ってくれたものです。

1539005885743.jpg

さて、豆本ですね、本題は。

1539005886663.jpg

おとなも子どもも、手を動かして紙を折り、

1539005887429.jpg

針と糸をうごかして、

1539005888332.jpg

昔ながらのやり方で

1539005889314.jpg

身近な素材でできる

1539005890211.jpg

ご興味ありましたら。ぜひ(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

和綴じの豆本づくりに挑戦してみませんか~☆

歌麿まつりが、今月末からはじまるのです。

読み書き堂は今年も、栃木おやこ劇場さんのご協力をいただいて、 「和綴じの豆本作り」を開催いたします。
 
日時 9月29日(土)       1回目)10時30分~12時    2回目)13時30分~15時30分   

場所 とちぎ蔵の街観光館 2階 多目的ホール
  

費用 300円
 
 
  ☆商店会の抽選券をお渡しします!

1537633214714.jpg
美人画のイメージが強い歌麿ですが、若い頃に蔦谷重三郎に見いだされ
当時流行していた狂歌の歌本に得意の精密描写画をくみあわせて、虫・花・貝の三部作が刊行されました。
 
 
この歌麿まつりで、一昨年『画本虫撰』、
昨年は『百千鳥狂歌合』を取り上げてきました。
今年の『潮干のつと』でコンプリートです(^-^)

豆本キット、作りました~。
 

1537633215932.jpg


 

針と糸が使えれば、お子様でも作れますよ(o^-')b ! 
低学年のお子様は保護者の方と一緒にどうぞ。
 道具も揃っておりますので、お気軽にご参加ください。
 
1537461695005.jpg    
 
 


 こんな風に会場を設えまして、和の雰囲気を。

こちらのお着物は、大正末期から昭和初期にかけて、富山で作られた子供用の着物です。
 
とあるご婦人から、タンスの肥やしにするよりは、と託されたものなもで、 ぜひ多くのかたにご覧いただきたいです。


 


ご一緒に、楽しく豆本作りしましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

コーヒーフェスにブックリングで出た話

土曜日に栃木駅前で、第1回目の Tochigi coffee festival が開催されました☆

そしてわれらが book∞ring (なにそれ、という方はコチラ) も、寄贈本の展示をさせていただきました。
栃木にゆかりのある大人たちに、自分が読んできた本の中から、これは10代のうちに読んでもらいたい!というものを1冊選んでもらい、メッセージを添えて寄贈していただいた本たちです。
Bookring_coffee03
 
 
10月の、蔵の街観光館でのby your side展は、雨ということもあり、足を運んでいただくのが難しかったため、コーヒーフェスの実行委員さんにお願いして、この機会をいただくことができました。
この場を借りてお礼申し上げます。本当に、ありがとうございました。
おかげさまで、たくさんの方に足を止めていただき、実際に10代の皆さんに応募していただきました。
Choice
 10dai_oubo

「どうして10代なの」「いい取り組みだね」「大人向けにもやって欲しい」など、たくさんのご質問、ご意見をいただきました。
 
 
みなさんとお話ししながら、
たくさんの反応があることが素直にうれしかったし、
続けていける手ごたえも感じたし、これからの課題にも気付くことができました。
 
今後の展開に生かしていきたいと思います。
 
 
 
夜、寝る前にきょう1日のことを思い返してみました。
 
街なかや職場で関わりのあるみなさん、読書会や古本市や映画祭つながり、同級生など、ホントにたくさんの方にお会いできて、嬉しいと同時にありがたくて。
お見かけしたけれど、対応中でご挨拶できなかった方もいたのです。
 
きっと一晩寝るとだいぶ忘れちゃうなと思って(この頃ホントに覚えてられない(-_-;))、いそいでメモしました。
こんどお会いしたときに、今日のことあらためてお礼の気持ちを伝えたいです。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 そして、
 12月の読書カフェは、22日金曜日。モロクラフトでやりますよ~☆
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧