2020年4月22日 (水)

ついにひとりで、、、

 

予定では、きょう蔵の街読書カフェを開催することになっていました。

こんなご時世なので無期延期になり、さてどうしたものかと思案の末に、

いっちょやってみるかと思い立ち、「ひとり読書カフェ」を敢行。

最少催行人数記録です、あはは。

 

フェイスブックにライブ動画というのがありまして、仕組みはよくわかりませんが

古本バーでやってみたことがあるので、それをおうちで。。。

聞いてくれる人がいないというのは、しゃべっていて張り合いがないというか、

話が膨らまないし、不安な気持ちになりますね。

 

読書カフェ気分を出すために、ドリップパックのコーヒーを淹れました。湊町エピスリーさんで入手したクロニクルコーヒーラボ.さんのマンデリンです。

お茶のお供に、パーラートチギさんで現在、火曜と水曜日に開いている「物華・喫茶室」asunosekaiさんのビスコッティも用意して、、、

実際は、しゃべるのに精いっぱい(笑)ライブ読書カフェが終わってからゆっくりいただきました(^^)

 

ともあれ、今月ご紹介したのは、この2冊。

 

①『なんだろう なんだろう』ヨシタケシンスケ (光村書店)

小中学校の道徳の教科書に、学年別に掲載されたものに書き下ろしを加えてまとめたそうです。

自分のころの道徳教科書といえば、嘘をついてはいけませんとか、友達を大切にとか、戦争は悲しいとか、人権について考えようとか、教訓的な、ここからなにかを読み取れという、構えた感じのものだったように思います。

でもこれは、やはりヨシタケ節全開。

「ともだちってなんだろう」「うそってなんだろう」「正義ってなんだろう」

日常のなにげない場面のなかで、だれかがふと考える。

問いかけておいて、「こういうことかな」「こうかもしれない」「ちがうかもしれない」

さまざまなシチュエーションを描きながら、結論は出さない。模範解答を提示しない。

おとなでも答えの出せない、すごく深い哲学書みたいな本でした。

 

 

②『片付け道』吉川永里子 (主婦の友社)

コロナでおうち時間が増えたので、積読に手をつけることが増えてます。これもけっこう前に買った本。

タイトルの上についてる副題が、

元「片付けられない女」の幸せの引き寄せ方

っていうんですが、、、

わたしはそもそも「片付けられない女」の自覚があり、片付け苦手な人が収納の本を読むくらい無駄な読書はないと書店員時代から思っていました。

それがなぜ、この本を手に取ったか。。。

両親の介護を終え、独りになって改めて家の中を見回したとき、ほんとうに「暮らしづらい」家になっていたことに気付いて。

たぶんその頃に、ふとこのタイトルが目についたんですね。「片付け道」

片付けの手順や収納法といったテクニックを教えるのではなく、「考え方」のヒントが書いてあるんだなと感じました。

バッグの中が、お部屋が、家の中が、どういう状態なら自分は居心地がいいのか。

それを意識して行動しないと、いつもイライラしたり慌てたり、、、

「あ~わかるわかる」

わたし自身はこの本を読む前に、片付けの楽しさに目覚めてしまいましたが、家の片付けはまだまだ道半ば。

この本を読んで片付けられるようになるかは別として、自分を知り、自分を好きになろうっていう気持ちを応援してくれる本だと思います。

 

~~~~

こんなかんじで、ひとり読書カフェやってみました。

また皆さんとお会いして開催できるまで、このスタイルが続くことになるのでしょうか、、、

20200422_151534_20200422175701

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

9月のなずなさんにインドの風が

20190908_164441_20190911133401

台風が近づいてるということで、間際のお知らせでしたが開始を早めました。

みなさんを待つあいだ、ねこの絵ばかり書く少年のお話を読んでました。。。

ここ、ブックアンドカフェなずなは、お店の半分くらいが本棚です。

国内外の旅の本、猫本、廃墟写真集、画集等々、趣味のいいセレクトです。

値段がついてる本は、買えるんですよ☆



さて、今月の蔵の街読書カフェは、、、


1)『夜の木』『Origins of art』(タラブックス)

タラブックス訪問のご報告を、たっぷりとさせていただきました。

詳細は、別記事たてますね。

1冊目は、タラブックスを一躍有名にしたシルクスクリーンによるハンドメイド本。

作業風景を見学させてもらいましたが、ほんとうに一枚ずつ手刷りしていて、絵本というより、画集。

2冊目は、夜の木を描いたアーティストの故郷を、松岡宏大さんが撮影した写真と共に紹介する最新刊で、日本未発売。

来年、この本をベースにしたエキシビジョンがまた日本で展開されるらしいです。楽しみ~!


2)『三休』劉慈欣(早川書房)

20190908_182207

「バーナード嬢曰く。」の連載で神林しおりが紹介していたそうです。

訳者が三人いるんですね。中国語を日本語に訳したものと英語経由と、SF的に間違いがないかをチェックするという念の入れよう、らしい…素晴らしい。

紹介者Dさんの熱心なアジア翻訳小説推しもさることながら、

施川ユウキ(ド嬢。の作者)氏の読書量とレビューの巧みさにも感服します。



3)『閉鎖病棟』帚木蓬生(新潮文庫)

  『悪いものが来ませんように』芦沢央(角川文庫)

20190908_184353

紹介者Tさん、箸休め的に読む文庫本を2冊お持ちくださいました。

1冊目は、まもなく映画が公開されるようですが、紹介者Tさんは間違いなく原作の方がいいと、早くも断言されてます(笑)

死刑執行が失敗し、生きながらえてしまった人物のその後なんて、想像もつかない。

2冊目は「絶対に映像化できない。というか映像化した時点でネタバレになって、面白くもなんともなくなってしまう」のだそうです。

どちらも興味深いですね、読んでみたいと思わせるのがうまいなぁ!

 



4)『国民の修身』渡部昇一(産経新聞出版)

「教育勅語が載ってるんですよ」と紹介されたこの本。

わたしは昭和ひとケタに育てられたので聞き覚えありますが、いまの若いひとは「なんですかそれ」って感じなんでしょうか。

道徳の教科書のご先祖さまみたいな存在、といえばなんとなく、伝わりますかね~。

20190908_185055

この本自体は、約束は守れとか、兄弟仲良くとか、至極真っ当な内容です。ただそれが、軍国主義に走っていく時代に暗唱させられた記憶とセットになっていて、強いアレルギー反応を示すひともいますし、戦争賛美的なイメージを喚起することもあるのでしょう。

文体は簡潔で美しいですし、言葉そのものをシンプルに受け止めて、先入観を持たずに素直な気持ちで読んでみるのはいいことだと思います。



☆見学参加のMさん

前回参加時にTさんが紹介されていた『かなわない』を読んだとのご報告。

「自分では選ばないような本だったけど、紹介を聞いておもしろそうだったので、読んでみたら大当たりでした!」

嬉しいですね~♪ 

これがあるから、読書カフェはやめられません(^-^)v



| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

発音できない言語で書かれた本を紹介するという暴挙

20190809_012911

ミハル・アイヴァスの『もうひとつの街』かと思うようなタイトルですが、ちがいます。

毎月第2木曜日に、宇都宮のミュージックバーLynchでやってる古本バーの話です。

そうとは知らずにやってきたお客さんの多い夜でしたね☆

そもそも「②木」は、ギタリスト小川倫生さんのライブ日でして、

2015年の5月から、読み書き堂が合流。

本好きの仲間が増えて、いつしかちいさな古本市のようになったのです。

 

小川さんの第一部の演奏。パーカッションの福島さんが加わり骨太な感じで、盛り上がってましたよ~(*^o^)/

 

そして、読み書き堂の時間は、かわいいトリコロールの本を紹介しました。3冊揃い。

20190809_012850

秋山あいさんのイラストと文章で、フランス語の慣用句や暗喩的言い回しを紹介するミニブック。

野菜果物編、動物編、犬猫編の3冊です。

「桃?」が「元気?」って意味だったり、「かぶ」が「つまらない映画」のことだったり、

日本語でいう「黄昏時」のことを「狼と犬のあいだ」といったり。

発想の違いだったり、お国柄が現れていて面白いです。なんといっても絵がかわいいいの!

かわいいといっても、いい感じに力が抜けていて、ちょっと毒が入ってるくらいの、味がある絵なのです。

 

せっかくなので発音まで紹介したかった(^_^;)

 

 

季刊レポのバックナンバーが売れました。(うれしい!)

高校時代に北村薫や重松清を愛読し、その後は東野圭吾にどっぷりハマったが、

社会人になってからなかなか読む時間がとれないとおっしゃるお客さまが、

近々新幹線で名古屋に行く予定があり、その車内で読もうと思う。ついては、どの号が良いとおもうかとのお尋ねでしたので、

「フリーランス労働者」特集号をおすすめしました。気に入ってくださると良いのですが。

 

次回のLynch小川倫生ライブと古本バーは 9月12日です♪

20190808_230918

 

20190808_220138

 

20190808_230939

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

9年前の彼女

東京・田原町Readin'Writin'さんに行ってきました。

アアルトコーヒーの庄野雄治さんと、校正者の牟田都子さん、おふたりによる トークが聞きたくて。

牟田さんは、5月に大貫邸で有緒さんとお話ししていただいて、すごく楽しかったし、

庄野さんといえば、思い出の一冊があるのです。

いまでもわたしの本棚にある、『たぶん彼女は豆を挽く』です。

~~~

 

その頃わたしは書店員でした。

2010年6月17日に、この本が入荷したことを、このブログに書いています。

〈本日入荷!〉

 

あっさりした紹介ですが、入荷を待ってすぐに自分で買いました。

この本おしゃれだしかわいいし、趣味の合う人に読んでほしいな、

コーヒー屋じゃなくても自分でお店を持ちたいと思ってる人におすすめしたいな、と思ったのです。

というのも、この頃は自分がスケールスさんに本棚を置いてもらったり、古本市をやってみたりマルシェイベントに出てみたり、

いつかお店をやってる自分を想像してみたりもしていた時期だったので、庄野さんが自分の店と向き合う姿は勉強になりました。

そしてアアルトさんの豆を、注文してみたりもしましたよ。

 

あれから9年。庄野さんご本人に会えるチャンス到来!

今回は、庄野さんによる短編小説集『たとえ、ずっと、平行だとしても』発売記念だそうです。

ついに小説まで~~。

しかもReadin'Writin'で牟田さんもご一緒とあらば、いかねばなるまい☆

ということで、『たぶん彼女は豆を挽く』を抱えて浅草、田原町へ。

 

庄野さんは、ありきたりな言い方になってしまいますが自然体でした。

 

本を出すにあたって「バーコードはつけない」ことを決めて、それで売っていくにはどうするか、を考えた(結果音楽レーベルから出すことにした)というお話しは、

お店をはじめた頃のエピソードとして『たぶん彼女は豆を挽く』に書かれていたエピソードを思い出しました。それは、

~あまりにお客さんが来ないので、焙煎してからの販売期限を延ばそうかとか、新聞を置こうかとか、

思いつくのは「やりたくないこと」リストに書いてあることばかりだった~

というようなものでした。

 

なにかを始めるにあたって、これだけはやりたくない、というのを決めておくのは、ぶれないためにけっこう重要かもしれないと、あらためて思いました。

だってけっきょく庄野さんは、そのやりたくないリストにあることには手を染めずに今日まやってこられたんですから。

さらに、声を大にしておっしゃってたのは「売れてるもので、自分がこれはいいと思ったものをマネする。その時、自分らしさを出してちょっとだけ変えてみようなんて思っちゃいけない」ってこと。それをやると、がぜんダサくなっちゃうんですって。

小説も、自分が好きな作家さんの作品をマネして?書いたそうですよ。ほんとかしら。

となりで牟田さんがにこにこして、ときどき暴走しそうになるトークにブレーキをかけつつ(笑)

仲のよいお友達♪という感じでリラックスしておしゃべりしてくださったので、客席もだんだん、ほぐれていきましたね。

 

トークのあとで、新刊と、ずうずうしくも思い出の本の両方にサインをお願いしたら、「ここでこの本に会えるとは!」と、快く応じてくださいました。

すこし、お話しさせていただいたのですが、自分の店を持つこと、それで食べていくことについて、

ヒントというか心構えというか、とても力強い言葉をいただきました。ありがとうございます。

 

次の日、会場で買ったアアルトコーヒーを淹れてみました。

久しぶりに飲むアアルトブレンドはキリッと苦い、珈琲らしい味で、いくらでも飲めそうなのした。

 

 

20190616_233623

 

20190617_082902

| | コメント (0)