2019年9月11日 (水)

9月のなずなさんにインドの風が

20190908_164441_20190911133401

台風が近づいてるということで、間際のお知らせでしたが開始を早めました。

みなさんを待つあいだ、ねこの絵ばかり書く少年のお話を読んでました。。。

ここ、ブックアンドカフェなずなは、お店の半分くらいが本棚です。

国内外の旅の本、猫本、廃墟写真集、画集等々、趣味のいいセレクトです。

値段がついてる本は、買えるんですよ☆



さて、今月の蔵の街読書カフェは、、、


1)『夜の木』『Origins of art』(タラブックス)

タラブックス訪問のご報告を、たっぷりとさせていただきました。

詳細は、別記事たてますね。

1冊目は、タラブックスを一躍有名にしたシルクスクリーンによるハンドメイド本。

作業風景を見学させてもらいましたが、ほんとうに一枚ずつ手刷りしていて、絵本というより、画集。

2冊目は、夜の木を描いたアーティストの故郷を、松岡宏大さんが撮影した写真と共に紹介する最新刊で、日本未発売。

来年、この本をベースにしたエキシビジョンがまた日本で展開されるらしいです。楽しみ~!


2)『三休』劉慈欣(早川書房)

20190908_182207

「バーナード嬢曰く。」の連載で神林しおりが紹介していたそうです。

訳者が三人いるんですね。中国語を日本語に訳したものと英語経由と、SF的に間違いがないかをチェックするという念の入れよう、らしい…素晴らしい。

紹介者Dさんの熱心なアジア翻訳小説推しもさることながら、

施川ユウキ(ド嬢。の作者)氏の読書量とレビューの巧みさにも感服します。



3)『閉鎖病棟』帚木蓬生(新潮文庫)

  『悪いものが来ませんように』芦沢央(角川文庫)

20190908_184353

紹介者Tさん、箸休め的に読む文庫本を2冊お持ちくださいました。

1冊目は、まもなく映画が公開されるようですが、紹介者Tさんは間違いなく原作の方がいいと、早くも断言されてます(笑)

死刑執行が失敗し、生きながらえてしまった人物のその後なんて、想像もつかない。

2冊目は「絶対に映像化できない。というか映像化した時点でネタバレになって、面白くもなんともなくなってしまう」のだそうです。

どちらも興味深いですね、読んでみたいと思わせるのがうまいなぁ!

 



4)『国民の修身』渡部昇一(産経新聞出版)

「教育勅語が載ってるんですよ」と紹介されたこの本。

わたしは昭和ひとケタに育てられたので聞き覚えありますが、いまの若いひとは「なんですかそれ」って感じなんでしょうか。

道徳の教科書のご先祖さまみたいな存在、といえばなんとなく、伝わりますかね~。

20190908_185055

この本自体は、約束は守れとか、兄弟仲良くとか、至極真っ当な内容です。ただそれが、軍国主義に走っていく時代に暗唱させられた記憶とセットになっていて、強いアレルギー反応を示すひともいますし、戦争賛美的なイメージを喚起することもあるのでしょう。

文体は簡潔で美しいですし、言葉そのものをシンプルに受け止めて、先入観を持たずに素直な気持ちで読んでみるのはいいことだと思います。



☆見学参加のMさん

前回参加時にTさんが紹介されていた『かなわない』を読んだとのご報告。

「自分では選ばないような本だったけど、紹介を聞いておもしろそうだったので、読んでみたら大当たりでした!」

嬉しいですね~♪ 

これがあるから、読書カフェはやめられません(^-^)v



| | コメント (0)

2015年7月25日 (土)

「ぽたり」で豆本作り & ブックセレクト

えー、7月19日開催の読書会にご参加いただいた皆様、そして会場の旧清水屋本店さん、ありがとうございました。

ラインナップ報告ッと行きたいところですが、それはまた今度。

7月25日(土)に、「ぽたり」オープニングで豆本作りをやります。

今回はそのお知らせです。。。

「ぽたり」って?   ええ、ちゃんと説明しましょう。

栃木市倭町 うつわとコーヒー豆、雑貨の店「陶珈紗-toukousya-」の二階に

子どもから大人まで多目的に利用できるシェアスペース『ぽたり』がオープンします

「倭町」

これ↑なんて読むんですかって電話などでときどき聞かれますが、(拙者、観光協会のスタッフでござる) 答えは「やまとちょう」です。

栃木市のメインストリート【蔵の街大通り】沿いで、いわゆる旧市街地のど真ん中が、この倭町と、万町、そして巴波川沿いの湊町あたり。ちなみに「湊町-みなとちょう」、「万町-よろずちょう」です。

そんなに古い地名ではなく、途中で付け替えられたものだそうです。こんど「地名藤村屋」こと宇田川くんに詳しく聞いてみましょう。

あ、ハナシがズレてる。

ぽたりのことです。

むかしからの栃木市民には「アイヅヤ」さん、といったほうが通じるかもしれません。器や陶器雑貨のお店で手作り雑貨やコーヒー豆も扱います。リニューアルして「陶珈紗」となりました。

この陶珈紗さんの2階を、現チーフの神山さんが、もっと活用したい、街に開かれた場所にしたいと一念発起。その思いが、街を盛り上げたい人々に伝わり、夢が広がり、あちこちから様々な人が関わって、作業が始まりました。床や壁や天井をはがして、削って、塗ったり、貼ったり、大人から子供まで、楽しみながら作業を手伝い、このたび生まれ変わりました。

完全な完成にはもう少しかかりそうですが、まずはこのスペースの誕生をみんなで祝い、興味ある人には来てもらって活用方法を考える場としたい、そんなオープニングイベントです。

 日 時:201575日・26日(土・日)11:00~16:00

 

 会 場:ぽたり(栃木市倭町5-17

 詳しくはぽたり公式サイト・公式FBページをご参照ください。

http://potari.wix.com/potari

https://www.facebook.com/potari.potarito?fref=nf

 読み書き堂の出展は25()のみ。豆本作りと、本棚の選書を担当しました。

この本棚も、使い込まれた古い板を再利用したもの。だからちょっと古めの本も並べてみました。

豆本作りはひとつ300円です。針と糸を使いますので、小さいお子さんは保護者の方と一緒にお願いします。30分くらいで出来上がりますが、ひとり対応のため、混みあうときはちょっとお待ちいただくことになるかもしれません。

☆幻燈会の時間帯(14301500)は「ぽたり」内を暗くするため、ワークショップは休憩ですよ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

りんごのハーブティーと。


わたしの図書館シリーズ。
Sobokuさんに、やっと行けました♪

写ってませんが、すっきりとした白い空間に木の調度。

おいしいお茶とお菓子。

外は雨。晴耕雨読気分。

梨木香歩さんの『海うそ』ようやく読み始めました。

確か夏ごろ買ったんだったと。。。(^▽^;)

これは冬虫夏草シリーズ?

決して急がない文章。でも淡々というのでもなく、秋野さんの素直な驚きとか興奮とか、ちょっとした心の動きが伝わってくる。

地図があって、それをたどりながら島の歴史と、登場人物たちの歴史とを、少しずつ読み解いていく感じが、ちょっと『灯台守の話』を思い出させる。

時間をかけて読みたいおはなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

お造りと。


わたしの図書館シリーズ。

本が好き、の献本『チェレンコフブルーの月』

読書のおともがお造りってのは初めてのパターンかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

期間限定いちごシェイクと


わたしの図書館シリーズ。

あゆみbooksさんの書皮の下は、
こないだブクブク交換で入手した
『草子ブックガイド2巻』です。
付箋は駄々猫さんによるひとこと紹介。

で、読みたい本がまた増える。

| | コメント (1) | トラックバック (0)