2017年10月 2日 (月)

9月読書会のご報告

濃い読書カフェでした。

まあとにかく見ていただきましょ~!
 
 
①『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』
 
 こちらを紹介してくださったのはプロの骨董屋さん。
表紙はもちろん中の写真も素敵にスタイリングされています。内容も、取材時の相場価格が掲載されていて、教科書的に使える!とお墨付き。このあとうちわやら楽譜やらなんやらいろいろ見せてくれます。

20170923_173026
 
 
 
②『本棚探偵の生還』 喜国雅彦 著(双葉文庫)
 
 以前にも来てくださった、SFやミステリに詳しい☆さん。
著者の喜田雅彦は、漫画家としてデビューしたそうです。この本はミステリにまつわるエッセイ。
 

20170923_171900
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③『ロボット・イン・ザ・ガーデン』 デボラ・インストール 著(小学館文庫)
 
 これまでも、話の流れで口の端にのぼったことはあったのですが、きちんと紹介するのは初めてです。
34歳で結婚もしているのに無職で引きこもっちゃってる主人公の家に、ある日、壊れかけの旧式ロボットが迷い込んできます。そいつをなんとか修理しようと、製造元を探してアメリカを旅するというお話。
エキサイティング且つハートウォームな作品で、中学生くらいから読めると思います。
 
 20170923_183518      
 
 
 
 





その他
 20170923_180825
 
 20170923_174648
 
20170923_174844



素敵な本とエピソード、栃木市にゆかりある品、
楽しませていただきました。
ご参加のみなさまありがとうございました!
また気が向いたらふらりと訪れてくださいませ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

9月はくつろぎの空間、帰去来で。

雨の多い夏でした。なんとなく、盛り上がり損ねた?

いえいえ、わたしは堪能しました。ALPS BOOK CAMP 2017 に行ってきたんです。

(なぜそれをブログに書かないんだ!って?いや~盛りだくさん過ぎてまとめきれな←言い訳無用)

 

はい。
8月は図書館で読書会やらせていただきました。
内容が濃かったです!
画像でざっとご紹介します ⇒ ⇒ ⇒
20170823_200255collage_2
 
肩の凝らないPTAノンフィクションに始まり、成城の映画本とユーラシアの神話本はかなり読みごたえありそうでした。インパクトとユーモアの絵本にはガイコツつながりで語りイベントに登場した屏風絵の話題も飛び出し、函装の愛蔵版智恵子抄には歴史の重みが、、、朗読もしていただきました☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、9月に入ってもう10日   って早い早すぎる~(>_<)

今月の蔵の街読書カフェは
 
 「茶亭 帰去来」さんでの開催です。
 
 
==蔵の街読書カフェ2017 ◆ 9月読書会のお知らせ==========
 
日時:2017年 9月 23日 (土) 17時~18時半ごろ 
 
会場:茶亭 帰去来 (栃木市泉町11-3)
 
内容:ひとり1冊、お好きな本をご紹介いただくスタイルの気楽な読書会です。
参加費は無料ですが、今回は営業中の飲食店での開催なので、おひとり様1オーダーお願いします。
途中からの参加や早退、本の紹介はせず見学のみの参加もOKですが、オーダーは必須でお願いします。
=====================

読書しやすい季節になってきました。
 
はりきって積読の山に挑もう~!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

8月は図書館で読書会

お盆だというのに、この肌寒さはどうしたことでしょう。
こんな日が続くと、秋の実りが気がかりです。

さて、今月の読書会は、
図書館で2度めの開催となります。

例によってひとり一冊、お好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。

日時:2017年8月23日(水)14時~15時半

場所:栃木図書館(栃木市旭町12-2)

とくにテーマは設けませんが、お気に入りが多すぎて一冊に絞るヒントが欲しいという方は、
【読書感想文】で、いかがでしょうか~♪

夏の図書館は、怪談と推薦図書が風物詩のようになっていますね。
蔵の街読書カフェでも怖い話特集、、、でもいいのですが、
暑いからこそ背筋も凍るやつが聞きたいのであって、こう涼しくては気分がでない。

それよりはむしろ、夏休みも後半に突入してそろそろ宿題のはかどり具合が気になる。
なかでも読書感想文は、手を焼く課題ベストスリーくらいにはいるようです。

しかし読書カフェに参加する、本好き読書好きのみなさまならば、夏休みに大長編に挑戦したとか、食事時以外はずっと読書してましたとか、そんな強者エピソードが聞けるかも?! と、勝手に期待してます(⌒‐⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

流木とステンドグラス、そして本棚。 

「設計事務所で読書カフェ」にご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました。

期待以上の隠れ家感でしたね☆
2017072310554500 
 
 
それでは紹介本のラインナップを。
 
本の写真がなくてごめんなさい(^^; 
 
 
①『物語・ものの建築史シリーズ 床の間のはなし』
  前久夫・著 (鹿島出版会)
今回は会場の主がトップバッター☆
建築史、とありますが、床の間におけるきまりごとや、その由来から話は広がって、様々な日本文化のエッセンスになっていることがわかるのだそうです。
②『染画 加藤千代の世界』(下野新聞社)
岩舟町在住のアーティスト。ろうけつ染めで、一色ずつ染めながら幾度も重ねて、独自の世界を描き出していく。
蔵の街音楽祭のポスターを手掛けていたことでも知られる。
 
③『論語抄』史跡足利学校・編 
教訓から愚痴っぽいのまで、紹介者さんいわく「昔の人も同じようなこと考えてたんだな」と。 そして、近くて遠い「お隣のくに」談義に発展(笑)
 
 
④『NATURAL ARCHITECTURE』 アレサンドロ・ロッカ  (ビー・エヌ・エヌ新社)
これはもはや建築を越えた、芸術。 ラピュタの飛行石を抱え込んでいた、あの木の根を思い出しました。
 
⑤『種田陽平×思い出のマーニー』オフィシャルガイド  (KADOKAWA) 
これはジブリのアニメですが、スワロウテイルやキルビルなど、話題の実写も担当していた種田さん。 美術監督の頭のなかを、ちょっとだけのぞく感じ。
 
 
⑥『恋愛怪談サヨコさん』岡崎俊三 (ジェッツコミックス)
夏はやっぱり、怖い話?! ということでこれを紹介してくださいました(^-^) 800体もの霊を引き連れているというサヨコさんが、唯一ふつうに接することのできる岡崎くんに出会い…
どうなっちゃうんでしょう。そんなに怖くないとのことなので、興味のあるかたはぜひ☆
 
⑦【新津記念館】リーフレット
さてこちらは、新潟の石油王・新津恒吉が、外国人技術者招聘のために建てた迎賓館で、
そりゃもうすばらしいのなんの。
大正から昭和の初期にかけては、きもちにゆとりがあるーつて気がしますね。
 
 
以上、7月の読者会ご報告でしたd(⌒ー⌒)!
 
 Photo
8月はまた図書館で開催させていただきます。
詳しくはのちほど改めてお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

7月は設計事務所で読書カフェ!?

蔵の街読書カフェ・7月読書会のお知らせです。
ええと、どこから説明しましょう。
とりあえず日時の告知を先に。
 
~~~~~~~~~~~~~~~
日時:2017年7月15日(土)  17時~19時    
会場:石本設計・家造りを考える会事務所(旧梓アートサロン)
       ※会場については、参加希望のご連絡をいただいた方に詳細お伝えします。
    これらの名称で検索してもヒットしませんのでご了承ください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
毎度おなじみ、蔵の街読書カフェです。
 
月に一度、本好きたちが集まって、ひとり1冊お気に入りの本を紹介しあう、
わりとゆるいかんじの読書会です。
 
栃木市内の居心地のいい場所を求めて、喫茶店や市民スペース、
またあるときは公園、蔵座敷、旧駅舎など、あっちこっちで開催しております。
 P1020128
さて、今月は何処へ?
 
蔵の街職人塾や家造りを考える会、流木鉛筆作り等で活躍されている
石本さんの事務所にお邪魔します。これはけっこうワクワクだと思いませんか☆
 
会場は市役所の近く、もとはステンドグラスの工房だったそうです。
参加費は無料ですが、石本さんへのお礼として、
事務所のお茶菓子(日持ちするもの)をすこしずつ持ち寄っていただけると嬉しいです。
 
せっかくのシチュエーションなので、テーマをお探しの方は、
設計・建築関係や、ステンドグラス関係などの本をお持ちいただけると、
雰囲気込みで楽しめそうですね(*^^)b
  
今回はスペースに限りがありますので、ご参加希望の方は事前にご連絡ください。
当ブログにコメントでも、ツイッターのほうでも大丈夫です。 
また、お車でいらっしゃる方は、駐車場の場所をご説明します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

6月は ぽたり で読書カフェ

蔵の街読書カフェ 6月のご案内です

 

日時:2017年6月10日(土)16:30~18:00

 

会場:ぽたり  
   (栃木市栃木市倭町5-17 陶珈紗-toukousya- 2F)

 

Potari_bookshelf


☆おやつ持ち込み大歓迎☆!(^^)!


※今回は、会場費として

おひとり200円ご負担下さい。

 

ひとり1冊、好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。

本の話題から、いろんなところに話が広がります。

 

先月開催したトークセッションの模様をちょっとご覧いただこうかな~と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

弥生の読書会は帰去来で  2017/03/25

はるですねぇ。くしゃみや目のかゆみにお困りの方もいらっしゃることでしょう。
かく言うわたしもアレルギー性鼻炎持ち。今年はなかなかのものです。


梅、椿、万作、木瓜(ボケ)、沈丁花、土佐水木、木五倍子(キブシ)…
うちの庭は春先に花の咲く木が多いのです。
 
これらは母が好きで、ここに越してきたとき闇雲に植えたものでして。
つづいて花桃や海棠、蘇芳が咲きはじめます。
 
この冬は、大きくなった木をすこし伐ってもらいました。
横に広がって風が吹くと派手に揺れる蘇芳、伸びすぎて落ち葉がお隣の雨どいにも詰まってしまう花桃、のたうちまわっていた藤蔓など、
 
気分はさっぱりしつつ、夏の日差しがどれくらい変わるのか、ちょっとドキドキしています。
 

おや、春と言いながら夏の話になってしまいましたね。
蔵の街読書カフェ2017・弥生の読書会のお知らせです。
 
 

◆日時 3月25日(土)16~18時
 
◆会場 茶亭 帰去来(栃木市泉町11-3)
 
◆参加費 1オーダーお願いします。
 
※駐車場は4台分くらいです。
栃木市役所から、蔵の街大通りを北に向かって約500m。左手にセブンイレブン見えたらその反対側です。
電車の場合は栃木駅より東武線新栃木駅のほうが近いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

2月はウォームシェア読書会 2017/2/19

春がやってきました。豆、まきましたか?

栃木は、ちらちらと雨が降ったりして、このところの乾燥でカサカサしていたお肌も、
ほっと一息ついてる感じです。


さて、蔵の街読書カフェ・2月の読書会のお知らせです。

 

日 時:2017年2月19日 10:00 - 12:00

会 場:栃木市役所 市民スペース

参加費:無料(お飲み物は各自ご用意ください)

 

 
◆蔵の街読書カフェは、栃木市内の居心地のいい場所を求め、

ひとり1冊、好きな本を持ち寄って紹介しあう、

ゆるいかんじの読書会です。

紹介本のジャンルは問いません。小説、絵本、漫画、写真集、事典、図鑑など、なんでもオッケーです。

手もとにない、記憶の中の1冊について語っていただいてもいいのです。

参加無料、見学自由。途中の出入りも自由です。

 

今回は栃木市役所の市民スペース。

 

眺めがいいので4階のほうを使いたいのですが、今の期間、日曜日は上の階へ入れないため、

1階のほうの市民スペースになります。

ご了承ください(^_^;)

 

また、ウォームシェアと言いながら、広い空間ですので、足もとが冷えるかもしれません。
温かい恰好で、ひざかけなどお持ちになることをお勧めします。

飲み物は各自でご用意ください。
栃木市役所1階は東武百貨店です、フードコートもありますよ~。

おやつの持ち寄りは大歓迎です(^_^)♪

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

2017年 1月読書会のご案内

あけました。平成29年、酉年です。
 
読み書き堂は本年も、本を読んだり紹介したりしながら、この街「とちぎ」で本と人とをつないでいきたいと思います。
 
どうぞよろしくお願いします。

 
 
 
 
さて、本年初の読書会は、図書館での開催です。
 
「ひとり1冊、お気に入りの本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの集い」という、われらが読書カフェのうわさを聞きつけた図書館友の会のかたからお問い合わせいただきまして、
「図書館でやってみませんか?」ということになりました。
 

 
そんなわけで、平日の昼間開催です。お時間あるかた、ご興味あるかた、ぜひどうぞ。
 
 
 
【蔵の街読書カフェ2017・1月の読書会】
 
 
◆日時:2017年1月18日(水)14:00~15:00ごろ
                 ※ 開催中の出入りは自由
 

◆場所:栃木市栃木図書館(栃木市旭町12-2)


 
◆参加費無料・定員15名
※人数把握のため、参加希望のかたは図書館へお電話ください:℡0282-22-3542
 

◆内容:お好きな本を1冊ご持参下さい。その本について2~3分程度お話ししていただきます。
☆見学だけのかたも歓迎します。お子さんとご一緒でも大丈夫です
 ペットボトル飲料の持ち込み可能です。
 

ご参加、お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

12月読書会のご報告

2016年の締めくくりは、MOROcraftさん。

蔵の街とちぎの顔、倭町五軒蔵のひとつで、古道具と生活雑貨を扱っていらっしゃいます。

ふるいものとあたらしいものが一緒に並べてあって、雰囲気がとても素敵なのです。

読書カフェで使わせていただくの2回目です。ありがとうございます。

さて、紹介本のラインナップ

報告が遅れているので(;´・ω・)ひとまず書名と画像のみで失礼します。。。
あとでレビューも載せたい~

①『アイスタイム』伊東武彦(講談社)
20161211_172513
②『ムンバイなう。』
20161211_172601
③『この世界の片隅に』こうの史代
20161211_174058_2
 
 
 
 
 
④『NASAより宇宙に近い町工場』植松努
20161211_180405
⑤『THE BIG ISSUE vol.297』
20161211_181836_2  
 
 
⑥『暮しの手帖 73』 表紙:藤城清治画
20161211_183257
 
 
 
⑦『自然食料理 365日冬』  (ペガサス)
20161211_184917
 
 
 
 
⑧『ワイルド・ラズベリー』 アンディ・ウォーホル&スージーフランクフルト
 1959年に出版されたレシピ本。
20161211_185523 20161211_185611
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 これまたなんとバラエティに富んだラインナップ!
 ストーブつけていただいて、あったかい読書会でした。
小さく
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧