2020年6月 5日 (金)

オンライン読書カフェに挑戦

 

おひさしゅうございます。

みなさま各々、新しい生活様式を実践中のことと存じます。

 

読み書き堂もこのたび、「蔵の街読書カフェ」のオンライン開催を試みました!

 

先月はひとり読書カフェをFacebookでライブ配信したのですが、ひとりでカメラに向かってしゃべるのはそんなに楽しくないというか、反応がないと不安なんですよね。

というわけで、最近よく参加してくださるかたに呼び掛けて、LINEグループのビデオ通話を使って、3名での開催となりました。

 

 

 

オンラインならではの楽しみとして、冒頭にそれぞれが用意した飲み物とおやつを紹介しあいました(笑)

それも最後におまけとしてあげときましょうかね。

 

では、2020年5月の紹介本、いってみましょう!

 

1)『諸国物語』ポプラ社 

1590561353973

せっかく自宅からのオンライン参加なのだから、ふだん重くて持ち歩きたくない本がいいかな、と思いました。

そしてもうひとつの決め手は、、、「特別給付金」の支給というタイミングです。

今回は10万円ですが、皆さん覚えておいででしょうか。リーマンショックのあと、2009年でしたかね、1万2千円の給付金があったんですよ。

あの当時わたしは新刊書店でアルバイトをしていて、ふつうなら買わないような本を買ってやれと思い、本体価格で6,600円という刊行間もないこの本を選んだのでした。

チェーホフ、トルストイ、ジョイスら19世紀の名作を、森鴎外、山本有三、種村季弘などそうそうたる面々が翻訳しています。

堅牢な外箱に施された、山本容子によるふんわりした色彩の銅版画に対し、本体の装丁はシンプルで、ダブルスピンやゆとりある余白が優雅な読書時間を演出します。

ポプラ社ならではの漢字総ルビですから、本好きなお子さんもらくらく読めます!

といいつつ、半分をちょっと過ぎた辺りまででスピンは止まったまま、、、(^_^;)

これを機に、また読み始めてみようかなと思った次第です。

 

 

2)『くらのかみ』小野不由美 講談社

1590728908892

こちらはHさんのご紹介。

ミステリーが好き、村上勉さんが好き、ということでこのセレクトだそうです。

講談社のミステリーランド。児童書とはいえこのシリーズ秀逸ですよね~♪と、盛り上がりました。ブックデザインは祖父江慎さん。

ダコーさんの棚からも、このシリーズが2冊出てきました。こういうところも、オンラインのおもしろさでしょうね♪

ストーリーは、座敷わらしが出る古い蔵のあるお屋敷での、ドロドロな相続争いが絡んだ謎解きだそうです。

児童書とはいえ、もちろんおとなが読んでもしっかり楽しめます。

 

3)『つけびの村』高橋ユキ 晶文社

1590729194715

こちらはダコーブックスさんのご紹介。

数年前に世間の耳目を集めた事件の真相?を、丹念な取材で浮かびあがらせたノンフィクション。

ひとつの集落で5人が次々に殺されたというニュースはわたしも覚えていて、それを書いたのが高橋ユキさんということで、読みたいと思っていた本。

ダコーさんの語ったこの本の読みどころをものすごくざっくりまとめるなら、狭い人間関係とか昔ながらのムラ社会による呪縛の恐ろしさでしょうか。

 

二巡目突入~!

4)雑誌『The BIG ISSUE』

1590407176770

コロナウイルス感染症の影響で、いろんな業界で売上が激減していますが、こちらもそのひとつ。ビッグイシューです。

お友達のまんまるマーヤさんがブログで紹介されていたので、バックナンバーから気になる特集のものを3冊購入しました。

レポファミリーの吉野かぁこさんが、虐待サバイバー対談の司会をしたと聞き及んでいたので、その記事も読みたかった。

栃木駅前じゃ売ってませんから、こういうとき通販は便利ですよね。

薄くても読みごたえ充分。みなさまもぜひ、読んでみてください。

ふだんはあまりこういうことしませんが、よろしければご協力を!⇒⇒⇒ビッグイシューのサイトはこちらをクリック!

 

5)『ウォッチャーズ』ディーン・R. クーンツ著 松本剛史訳 文春文庫 

1590729106759

Hさんつづいてはこちら。

犬が描かれているので、最近映画にもなった『野性の呼び声』みたいなお話しかと思ったら、これもミステリー。

ミステリーの装画を多数手掛けておられる藤田新策さんのファンでもあるそうです。

孤独な主人公が山の中でゴールデンレトリバーと出会い、じつはその犬が人語を解することやなにかに追われていることなどがわかり、、、

という、SFというかファンタジーっぽいのかな、と思ったりもしましたが、すごく悲しいお話しなんだそうで、読み終わったときもう二度と読み返したくないと思ったそうです。

 

犬つながりでダコーさんからもう一冊。

 

6)『ティモレオン』ダン・ローズ著 金原瑞人訳 中公文庫 

 

すごくかわいそうな犬の話といえばこれ!すごく遠くに捨てられた犬が、もとの家を目指して旅をするお話らしいです。

その旅の途中で遭遇するエピソードがひとつ残らず悲しい話ばかりで、絶望しちゃうらしいです。

 

あああ、なんだか今月はそんな暗かったり悲しかったりするお話が多かったですね。どっぷり。

 

~~~

では気を取り直して、3人の飲み物&おやつをご紹介するコーナーです

 

☆\(^o^)/☆

 

◆読み書き堂===悟理道珈琲工房さんの自家製コーラ&陶珈紗さんの珈琲ちょこ

 

◆Hさん===アイスカフェオレ&ヨーグルト(withブルーベリーソース・バナナ・ミックスナッツ)

 

◆ダコーブックスさん===アイスコーヒー&期間限定雪見大福れもんチーズケーキ風

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではみなさま、また来月(^_-)-☆

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

ついにひとりで、、、

 

予定では、きょう蔵の街読書カフェを開催することになっていました。

こんなご時世なので無期延期になり、さてどうしたものかと思案の末に、

いっちょやってみるかと思い立ち、「ひとり読書カフェ」を敢行。

最少催行人数記録です、あはは。

 

フェイスブックにライブ動画というのがありまして、仕組みはよくわかりませんが

古本バーでやってみたことがあるので、それをおうちで。。。

聞いてくれる人がいないというのは、しゃべっていて張り合いがないというか、

話が膨らまないし、不安な気持ちになりますね。

 

読書カフェ気分を出すために、ドリップパックのコーヒーを淹れました。湊町エピスリーさんで入手したクロニクルコーヒーラボ.さんのマンデリンです。

お茶のお供に、パーラートチギさんで現在、火曜と水曜日に開いている「物華・喫茶室」asunosekaiさんのビスコッティも用意して、、、

実際は、しゃべるのに精いっぱい(笑)ライブ読書カフェが終わってからゆっくりいただきました(^^)

 

ともあれ、今月ご紹介したのは、この2冊。

 

①『なんだろう なんだろう』ヨシタケシンスケ (光村書店)

小中学校の道徳の教科書に、学年別に掲載されたものに書き下ろしを加えてまとめたそうです。

自分のころの道徳教科書といえば、嘘をついてはいけませんとか、友達を大切にとか、戦争は悲しいとか、人権について考えようとか、教訓的な、ここからなにかを読み取れという、構えた感じのものだったように思います。

でもこれは、やはりヨシタケ節全開。

「ともだちってなんだろう」「うそってなんだろう」「正義ってなんだろう」

日常のなにげない場面のなかで、だれかがふと考える。

問いかけておいて、「こういうことかな」「こうかもしれない」「ちがうかもしれない」

さまざまなシチュエーションを描きながら、結論は出さない。模範解答を提示しない。

おとなでも答えの出せない、すごく深い哲学書みたいな本でした。

 

 

②『片付け道』吉川永里子 (主婦の友社)

コロナでおうち時間が増えたので、積読に手をつけることが増えてます。これもけっこう前に買った本。

タイトルの上についてる副題が、

元「片付けられない女」の幸せの引き寄せ方

っていうんですが、、、

わたしはそもそも「片付けられない女」の自覚があり、片付け苦手な人が収納の本を読むくらい無駄な読書はないと書店員時代から思っていました。

それがなぜ、この本を手に取ったか。。。

両親の介護を終え、独りになって改めて家の中を見回したとき、ほんとうに「暮らしづらい」家になっていたことに気付いて。

たぶんその頃に、ふとこのタイトルが目についたんですね。「片付け道」

片付けの手順や収納法といったテクニックを教えるのではなく、「考え方」のヒントが書いてあるんだなと感じました。

バッグの中が、お部屋が、家の中が、どういう状態なら自分は居心地がいいのか。

それを意識して行動しないと、いつもイライラしたり慌てたり、、、

「あ~わかるわかる」

わたし自身はこの本を読む前に、片付けの楽しさに目覚めてしまいましたが、家の片付けはまだまだ道半ば。

この本を読んで片付けられるようになるかは別として、自分を知り、自分を好きになろうっていう気持ちを応援してくれる本だと思います。

 

~~~~

こんなかんじで、ひとり読書カフェやってみました。

また皆さんとお会いして開催できるまで、このスタイルが続くことになるのでしょうか、、、

20200422_151534_20200422175701

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

いまはこうするしか。

毎年5月に、映画祭と同時開催してきた「栃木・蔵の街かど古本市」ですが、

いま人が集まる機会を作るのは、

感染リスクを高めることになるので開催できません。

ほんとうに残念です。

 

延期するにも、いつになったら事態が終息するのかも見通しが立たない状況です。

 

 

不要不急の外出を控えるようにということなので、必然的に読書がはかどるんじゃないでしょうか。

栃木市では、図書館の利用も、制限付きながら再開されました。

 

とにもかくにも、いろんなことが予定通りにいかなくても

大規模な想定外の出来事が起こっても

 

明けない夜はないはずです。

 

まずは皆さま、自分は大丈夫と思わずに、対策を。

 

 

そしてまた、本のそばで会いましょう。

 

 

 

 

27日、金曜夜、悟理道さんで。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

♪ことしのー春ぅはぁ~~なにもーない、はるです~

すっかり春ですね。

20200312_101251

わがやのトサミズキとキブシ。亡母が好きで植えたものです。

風が強い日もあり、花粉症の方にはつらい季節かと思いますが、

今年はマスクがなくてさらに難儀ですね。

 

マスクどころか一時的にトイレットペーパーが店頭から消えたり、

サッカーや大相撲からお客さんが消えたり、プロ野球も延期になったり、

アイスホッケーの日本代表強化シリーズも日光アイスバックスのファン感謝イベントも

個人的に楽しみにしていたことも次々に中止が発表され、

とうとう高校野球までなくなってしまって、


日本中が、なにもない春。。。

 

 

とはいえ読書カフェも、先月中止になりました。

読み書き堂としましては、ただもうほんのはなしがしたい。

今月は最終金曜日の夜、蔵の街大通り沿いの、あのお店でコーヒー飲んでますので、


本の話ご一緒してくださる方は、ふらりといらしてください。これしか言えません。

ご連絡お待ちしてます。


| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

2月読書カフェ中止のお知らせ

直前のお知らせで申し訳ございません。

明日2月26日(水)栃木図書館にて開催予定の、蔵の街読書カフェは、中止となりました。

理由はそうですコロナです。残念無念。

楽しみにしてくださっていた方には本当に申し訳ございません・・・

http://www.library.tochigi.tochigi.jp/event/index.html#tochigi


来月の開催については、決まり次第ご案内しますね。


| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

226読書カフェは栃木図書館で✨

この冬は暖かい日が多くて、栃木市では積雪を見ないまま立春を迎えました。

皆さんのところはいかがですか?急に冷え込むと「これで平年並みか~」なんて思いますね。

さて、今月も蔵の街読書カフェのお知らせです。

お好きな本をひとり1冊ずつ持ち寄って、順番に紹介しあう読書会です。


持ってくる本のジャンルは問いません。

絵本、小説、マンガ、写真集、図鑑、事典、雑誌、カタログ、パンフレット、、、

みなさんに紹介したいと思うものをお持ちください(^o^)/


~*~*~*~

日時:2020年2月26日(水) 14:00~15:30

会場:栃木図書館(栃木市旭町12ー2)

主催:栃木図書館 共催:栃木図書館友の会

申込み:0282ー22ー3542 栃木図書館

!参加無料です!

☆飲み物は出ませんので、ペットボトルなどふたのできる容器で各自ご持参くださいm(__)m

~*~*~*~

寒い時期と暑い時期に図書館さんで開催させていただいてますが、今回は、図書館さんが主催です~。

あまり多くても時間が足りなくなってしまうので、いちおう12名という定員を設けさせていただきました。

10名を越えたら2グループに別れた方がいいかな、と考えています。

なので、参加ご希望のかたは図書館へご連絡をお願いします。



| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

紅茶のおいしい読書会

蔵の街読書カフェ、1月はTearoom Spicaさんで開催しました。

なごやかな空間でした~✨

20200118_180606

ということで、さっそく紹介本のラインナップです♪


①『の』junaida

20200118_172038

 表紙の女の子の横顔の「の」って言ってる口もとが、たまらなくプリティ❤

「わたしのお気に入りのコートのポケットの中の、、、」と、助詞「の」で延々続いていく絵本。

 次はどこに何が隠れているの?ページをめくるごとに視点がどんどんミクロな世界に入っていく感覚が楽しい。

 絵描きのアイ氏によると「これだけの色数を使っているのに全体のトーンが調和している。すべての色にすこしグレーが入っているようなかんじ」だそうです。



②『おたのしみ歳時記』杉浦さやか

20200118_172920

 一気に読んでおしまいじゃなく、ひとつきごとにじっくり読み進めて、かわいいイラストで紹介されている暮らしの楽しみかたを、ひとつずつでも実践していきたい、とTさん。

 わたしも20代から30代にかけて愛読していた、ひとつ年上のサーヤ。トークイベントやサイン会にも行ったなぁ。懐かしいような気もしつつ、お母さんになって進化した部分も感じられ、、、こういう再会も嬉しいものです。


③『泣けるいきもの図鑑』今泉忠明(監修)

20200118_173732

 iipanさんの回に、お母さんと来ていた小学生Rくん。今回は自分のお気に入りを紹介してくれました!

 どれが一番泣ける?と聞いたら、ひとつ選ぶのはむずかしいと言いつつ、「命がけで、すごく年上のメスに求婚して、最後は食べられちゃうクモ」をセレクトしたところに、おばちゃんはグッときました。

 キミは将来、どんな女性に求婚するんだろうか。。。



④『一九八四年』ジョージ・オーウェル

20200118_180026

黒い表紙だ!神林しおりが語っていたヤツだ…

村上春樹の『1Q84』が出たときに並べて売ってましたけど、わたしはどっちも読んだことありません。

 著者は300人委員会のメンバーではないけれど、メンバーさんたちによく読まれてる、と、アイ氏。

 日記をつけちゃいけないとか、モニターで監視されてるとか、辞書がだんだん薄くなるとか、聞けば聞くほど怖い世界。。。

 自分の言葉で考えることができるって、素晴らしくてありがたいことなんですよね。




⑤『アルケミスト』パウロ・コエーリョ

20200118_181139_20200121003701

 羊飼いの少年がエジプト目指して旅をする物語で、スピリチュアル系の本として紹介されることが多いそうですが、先入観を持たずに読んで欲しいとオーさんは言います。

 少年が旅の途中で出会う大人たちの言葉に左右されず、「自分」というものをしっかり持って、自分で考えて決めているところがすごい、と。




⑥『息吹』テッド・チャン

 収録作からひとつの質問(問題提起?)が出されました。

デジタルペットに対する思い入れの度合いが、ふたりの登場人物のどちらに近いか?

 デジタルペットってつまり、たまごっち、あるいはアイボみたいなものと考えてみました。

「アイボ(旧機種)も製造中止になったけど、元社員有志?によってサポートが続けられているらしい」等のリアルエピソードもとびだして白熱しました。



~~~~~~

自分の言葉で、深く考えることの大切さを感じ、、、

そもそも言葉がないと、考えることができないんだなぁ。


 「ひとつの言葉が消滅すると、そのもの自体も処分しなくてはならない国」

女性作家によるそんな話があったな、という気がして、あとで記憶を便りに調べたら、小川洋子の『密やかな結晶』でした。国というか島でしたが、あれも精神的に怖い話でした。


ー*ー*ー

最後までお付き合いありがとうございました。


2月は9日に、とちぎ市民活動センターくららで栃木図書館・館長さんの読書会があります。


蔵の街読書カフェは26日の予定です。 詳細はまた後日(^-^)

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

星が瞬く なずな読書会報告

 

BOOK &CAFE NAZNA さんでの12月読書カフェのようすです。

20191214_182549

いい雰囲気~✨
(参加者さんに撮っていただきました。感謝ですm(__)m)

5名➕はじめましての見学者さんがおふたりもいらしてくださって!

賑やかに開催しました。嬉しいことです(^-^)

 

さて、今月はどんな本が並んだでしょうか、、、

 

1)『そらやさんのおてんきづくり』といよしひこ作

 

 

2)『世論』上下 岩波文庫 W.リップマン著

 

 

3)来年のカレンダー3種

  ・服部みれいさんの日めくり 

  ・天然生活の付録 

  ・マムアンちゃん 

 

 

 

4)『ギリシア神話』串田孫一著 旺文社文庫

 

 

5)『七つのからっぽな家』サマンタ・シュウェブリン著

 

 

書影や内容について詳しくは、参加者さんのブログをご覧ください。

同じ会に参加したレポートですが、それぞれの感性があらわれますね。

 

l

ダコーブックスさん

https://ameblo.jp/dakohbooks/entry-12559124497.html

 

まんまるマーヤさん

https://ameblo.jp/sweetie-love-peace/entry-12558674808.html

 

栃木一箱古本市街道

https://ameblo.jp/tochigi-hitohako/entry-12562167676.html

 

 

~~~~~~~

 

10月の、水害の影響でできなかった栃木図書館長の「くららで話そ!」は、

2月9日日曜日の14時~15時に仕切り直しとなりましたので、ぜひご参加ください。

(いつもの読書カフェとは別枠です)

 

新年最初の読書カフェは1月18日を予定しています。詳細は改めて。

 

20数年ぶりの海外で、憧れのタラブックスに潜入(普通のツアーですよ)してきました。

あれがなんといっても今年のハイライトだと思っていたのに、、、

台風のおかげでもうすっかり遠い昔のような気がしてしまいます。。。

 

でもね、栃木市、元気に復興への道を歩んでいます。

遊覧船も復活しています。イベントもあれこれ。遊びに来てくださいね。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

師走はなずなさんで、今年も一年ありがとう

11/23 読書会は小山市「iipan」様での開催でした。|https://ameblo.jp/dakohbooks/entry-12548095978.html

先月の模様は上記ダコーブックスさんのブログでご覧いただけます(^-^)✨

会場のiipanさん、駅から近くて内装もナチュラルなかんじで素敵~☆

2月11日にはなんと!坂口恭平さんをお呼びしてイベントをされるそうですよ。これは参加したいですね~。


そして、11月の開催を仕切ってくださったダコーブックスさん、ありがとうございました。

12月は栃木市に戻って参ります。BOOK AND CAFE NAZNA さんですよ。

今年もみなさまのおかげで読書カフェを続けることができました。

ありがとうございますm(__)m

~~~~蔵の街読書カフェ2019~~~~~~

日時:12月14日(土)17時~18時半

会場:BOOK AND CAFE NAZNA (栃木市倭町1-21)

☆当読書カフェは、蔵の街の居心地のいい場所を転々としながら

ひとり一冊、お好きな本を持ち寄って紹介し合う、ゆるいかんじの読書会です。

今回は、営業中のお店での開催となりますので、

ワンオーダー必須でお願いします。

^^

ちなみに持ってくる本はなんでもかまいません。

小説、絵本、写真集、辞典図鑑実用書、新聞雑誌パンフレット。

それについて語りたいなにかがあればOK(^-^)

お気軽にご参加ください。

20190331_194324

これはなずなさんでのわたしのお気に入りのひとり用席。

勝手に「漱石ボックス」と呼んでいます(笑)

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

11月、出張開催します。

気にかけていただき、ありがとうございます。

 

おちこんだりもしたけれど、読み書き堂は、げんきです。

 

読書会常連のダコーブックスさんが助け舟を出してくださいまして、

お隣の小山市で開催できることになりました。ありがとうございますm(__)m

 

小山駅西口から徒歩5分、iipan(いいぱん)という、すてきなパンやさんです。

(あっ、今のところに移転してからは、まだ伺ったことない、、、今回楽しみです♪)

当日、お店はお休みなのですが、読書カフェのために場所を貸してくださるそうです、ほんとに、ありがたいことです。

 

========

蔵の街読書カフェ・11月読書会

 

日時:2019年11月23日(土)14:00~15:30

会場:iipan(小山市城山町2丁目7-24)

iipanさんのサイト http://iipan.info/

定員:5名

ご参加の方はワンオーダーお願いします。

飲み物はコーヒー、コーラ、サイダーの3種類。

お休みなのでパンはないかもですが、お菓子はあるそうです。

==========

スペースに限りがありますので、今回ご参加希望の方は、事前のご連絡をお願いします。

こちらのブログへのコメント、読み書き堂のツイッター(@yomikakidou)

またはアメブロ【栃木一箱古本市街道】、メールなどへお知らせください。

 

ところでこちらのいいぱんさん、店内にはパンと一緒に本や雑誌も並んでいます。

ご主人の立堀タタミ内装さんは、以前、蔵の街かど古本市に出店してくださったことがあるんです☆

 

本を通じたご縁に救われて、、、

皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧