2018年2月19日 (月)

世界は広く果てしない

2018年2月読書会@栃木図書館のご報告です。

画像はあとから追加しますね―ごめんなさい(^^ゞ

①『マイナス50℃の世界』米原万里(角川ソフィア文庫)

きょうはだいぶ寒さも和らいだけれど、極寒の日光へアイスホッケー観戦に行った折り、オイミャコンに比べれば日光の寒さなんて、と教わった本。

ほんとに寒くなるとタイヤチェーンなんか要らないとか、釣った魚が3秒で凍るとか、究極寒いエピソードも興味深いのですが、この地方に伝わる伝説では、祖先はどうやら暖かい地方から来たらしい。なんでまたこんな極寒の地に?というその理由付けが、民族の歴史を知る手がかりがこういうところにあらわれるのだということが分かって興味深かったです。(知りたい人は読んでください)

 

 

②『10万個の子宮』村中璃子(平凡社)

レジュメ作成してご紹介くださいました。

ワクチン接種と、症状の因果関係が、あるのかないのか。報道から受けていた印象と実際の症例の数(割合)とが、だいぶ違っていました。膨大なデータを前にして、立場によってこんなにも主張が食い違うんだなというのを、あらためて感じました。結論は裁判に持ち込まれて、結論が出るには長い年月がかかるのでしょう。

余談ですが、国が定期接種を始める2013年に先んじて、2010年に全国で初めて集団接種を行ったのは栃木県大田原市。

 

 

③『うしろめたさの人類学』松村圭一郎(ミシマ社)

②の紹介を受けて「こっちの方が関連性あるかなぁ」と、予定とは別の、買ったばかりの本を見せてくださいました。うしろめたさの例が分かりやすかったのと、とても身近なことについて、新たな視点を教えてもらいました。社会的な意味での環境(つまり周囲の人々との関係性)ってものをすごく、考えさせられました。

 

 

④『それからはスープのことばかり考えて暮らした』吉田篤弘(中公文庫)

好きな本といったらこれ!ということで持ってきてくださったのがこちら。吉田さんといえばクラフト・エヴィング商會のイメージでした。小説も書いてらっしゃるんですね。読んでいる間は、本の中の街にいるような気分になれるそうです。。。お話を聞いていて、むかしそんな雰囲気の本を読んだことがあったなぁと、徐々に思い出しました。ははぁ、そうだ。わたし『つむじ風食堂の夜』読みました!

 

 

⑤『ギリシャ神話』アポロドーロス(岩波文庫)

大地母神の研究をされているということで、こちらの本。ギリシャ神話もいろんな人が書いたバージョンがあるそうで、周辺地域に伝わる古い伝承を取り込んでいるとか、大地母神からさまざまな性質に分化されていったのだとか。先月は古事記が出ましたけど、民族は違えど人類というのは国をまとめていくときにこういう、自分たちの歴史に正当性を与えるような神話を作るものなんですねえ。

 

 

 

今月は、話していると社会とか民族とか歴史とかの、壮大なスケールのところへ行きつくものが多かったです。

 

 

 

そして次回は3月9日(金)、蔵の街大通り沿いに昨年末オープンした悟理道珈琲工房さんで19時から開催です! 

お席に限りがありますので、参加希望の方は、コメントやメッセージでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

2月はチョコレートの日に図書館で読書会

春は名のみの風の寒さや

 

おなじみ「早春譜」の一節でございます。


ん-われながら渋い書き出し。

さあ!立春過ぎましたよ、春ですよ。豆まきましたか?父はデイから甘納豆のテトラパックをもらってきました。


今月も「蔵の街読書カフェ」のお知らせです。

◆日時:平成30年2月14日(水)14時~15時

◆会場:栃木図書館 二階会議室 (栃木市旭町12-2)

◆内容:お好きな本を一冊お持ちください。それをご紹介していただきます。

     とくにテーマは設けませんが、一冊選ぶのにヒントが欲しいという方は、たまたまですが世間ではチョコを贈りあったりする日ということで、【愛】というワードを掲げておきます(^-^)


平日の昼間開催です。予約不要、参加無料、見学オッケーの気楽な集まり。本を囲んで楽しくおしゃべりしましょ☆お時間のある方、ちょっと覗いてみるだけでも大歓迎です。

図書館内ですが、ペットボトルの飲料は持ち込み可です。

(図書館友の会の企画として開催いたします)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

今年の抱負。報告は、すぐ書く。

2018年最初の「蔵の街読書カフェ」開催しました。

生まれ変わった「BOOK & CAFE NAZNA」さんで初開催☆
20180124_200619
今年はなるべくその日か次の日くらいには、書名だけでもアップしようと思います。
タブレットだとけっこう、ちゃちゃっとできちゃうみたいなんですよね。
データ量を気にしなければ画像も簡単に貼れるらしい。。。
 
 
では、今月のラインナップ―!
 
①『ラノベ古事記』小野寺優(KADOKAWA)
20180124_192012
②『AX』伊坂幸太郎(KADOKAWA)
 
 
 
 
③イノベーションオペラ「ストゥーパ~新卒塔婆小町~」
20180124_193854
④図録『鹿島茂コレクション フランス絵本の世界』
20180124_194948
⑤『時間のかかる読書』宮沢章夫

   からの『俊寛』3種
20180124_201047 
 
以上、1月読書カフェの紹介本でした。  

や―楽しかった。
ブック&カフェなずなは、13時~20時、水木定休。ラストオーダーまでお食事承ります。
下は待ちに待ったナポめし♡
           そして新メニュー「ピンククリームソーダ」かわいい☆
20180124_180945
 
  20180124_184914  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

さぁ!なずなさんが生まれ変わって古本カフェに☆

とっくのとうに年明けた。というわけで今年も変わらずのお付き合いをよろしくお願いいたします。

さっそくですが1月の「蔵の街読書カフェ」は24日(水)19時から開催いたします。

お気に入りの本を1冊、お持ちください。みんなで紹介しあいます。

カフェでの開催なので、1オーダー必須です。

季刊レポのイベントやら、音楽ライブも何度か開催させていただいているカフェなずなさん。

なんと、古本&カフェのお店としてリニューアルです☆

楽しみですねー!

本を選ぶヒントが欲しいという方は、、、「リニューアル」「生まれ変わる」などをイメージしていただければと思います(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

ありがとう2017年~MOROcraftさん読書会報告と、今年のまとめ。

蔵の街読書カフェ・2017年の締めくくりはMOROcraftさん。
 
20171222_202529  寒いからと、エアコンもストーブも点けていただいたうえ、売り場をだいぶ片付けて、読書会のためのテーブルを空けてくださいました。
 
 
 
 
ありがとうございます!
 
 
20171222_184128
 
 
 
 
 
 さっそく行ってみましょう。
紹介本ラインナップ~☆
 
 
 
 
 
 
 
まずはこちら、
①『Will you marry me?』 岡村靖幸
会場主のもろひろしさんが連載している栃木のフリーマガジン「モダンタイムズ」。
 
記事の中で、岡村ちゃんを紹介していたのに触発されました。
 
 
 
20171222_185914
②『最愛のこども』 松浦理英子
メタフィクションがお好きというダコーさんのご紹介。
 
20171222_185940
そしてこれは本屋大賞とツイッター文学賞の一覧。
 
本屋がすすめる本と、読者が面白いと思ってる本の共通点や相違点が見えてくる、、、
 
さすがは勉強熱心なダコーさんです。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   20171222_192802
③『東京島』桐野夏生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、紹介本のテーマが、①結婚⇒②擬似家族⇒ときて、③は結婚関係が崩壊した物語。
 
 
 
 
第二次大戦終戦当時の実話をモデルにしているというから、まさに事実は小説より奇なり。
 
 
 
無作為に持ち寄った本で主題のつながりをみつけるのも、この読書会のおもしろさ?
 
 
 そして、今月のお宝拝見タイム(笑)
昭和30年代ごろ?のグリーティングカードの見本帳!
個人のコレクションじゃなく、見本帳というのがミソ。
クリスマスだけじゃなく、和柄のものもあって素敵なのです。
(「和式」って表記されてるのが、なんだが笑いを誘う)
 
 

20171222_185829

 
 
 
 
 

20171222_190202    
 
 
 
ザ・和式。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20171222_193041
 
 そしてこちらはIさんによる聴講レポ。
 
 ④ ◆水木しげる追悼企画シンポジウム 「日本人の死生観」
 
2017年12月17日 於・上智大学 
・司会 辻 信行
・開会の辞 鎌田東二
・パネリスト 井村君江、小松和彦、京極夏彦
・コメンテーター 島薗 進
 
これ聴きたかったですねぇ。タイトル堅いですが、すごいメンバー!
 
井村さんは宇都宮にある要請ミュージアムの館長で、日本で妖精と言えばこの人!というくらいのかた。
 
お話が一番おもしろかったのは京極さんだったそうです。
 
日本人ならではの、命や魂、霊魂に関する意識の持ち方とか、戦争体験の影響など、いろいろ考えさせられますね。
 
 
 
20171222_194124  
 
 
 
 
 
⑤DVDブック『男はつらいよ・寅次郎恋唄』
 
 
お正月と言えば寅さん!
と思ったが、すでにそうではない世代も…(^_^;)
 
このとき出演していた、さくらさんの義父役(志村喬)の名演技。
そして「リンドウの教え」が心にしみて、寅さんはヒロインとの暮らしや、家庭を持つ幸福を思い描いてしまう、、、
これも主題つながっていますね。
 
20171222_201152
 
⑥『日本の七十二候を楽しむ』
  『二十四節季七十二候の暮らしカレンダー』
 
 
 
酉年の大トリ!年の瀬にピッタリなセレクトは、茂呂さんの奥様☆
寅さんからの流れも、日本人の、むかしながらの暮らしでうまくつながって。
今回は、ほんとうに全体の流れがみごとにまとまった回でしたねぇ。
時間の蓄積を感じさせる骨董たちとともに、おしゃれな雑貨がならぶ素敵空間。
骨董の持つオーラが奏でる雰囲気のなか、シビアなテーマも暗くはならない、ほんわかとくろいだ時間でした。
今年も一年間、蔵の街読書会をお楽しみいただきありがとうございました。
 
 
読書会以外にも、5月の古本市と、夜の蔵座敷で開催したゲストトーク。かまがわ文庫の坂井さん、下野新聞社の嶋田さんに語っていただき、お客様は遠く那須塩原からも足を運んでくださって、嬉しかったです。
 
 
また、2月にオープンしたパーラートチギで、2階の図書室を担当させていただき、
  
初めての企画で「木を植える音楽展」を開催できたのは記憶に新しいところです。
 
  
宇都宮のミュージックバーリンチで、小川倫生さんの定期ライブにお邪魔しての古本バーも毎月続いていて、夏には小川さんと伊藤賢一さんによる「LAST TRAP」がカフェなずなさんでギターデュオライブを開催。そのお手伝いも、とても勉強になりました。
 
 
また、「はじまりのローカル コンパス」という県の事業で知り合った地元の仲間と「ブック∞リング」というプロジェクトを立ちあげて、試行錯誤しながら、秋のふるさとまつり、栃木市初のコーヒーフェスに出展したりと、次々に新たな展開が生まれています。
 
 
 
そんなぐあいで徐々に世界が広がっている読み書き堂です。
 
新しい年も、どうぞよろしくお願い致します。
 
20171222_200729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

蔵の街読書カフェ・12月は今年もMOROcraftさん

 

さあ!12月です。(「近いうち」に続く口癖ブームがこの、「さあ!」です)


今年最後の読書会は、MOROcraftさん。

あれっ、そういえば去年も、そうだったような、、、

20161211_180732
ほらね☆去年の画像です。
 
 
 
20161211_18561120161211_18183620161211_18272220161211_18040520161211_17405820161211_172503 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽しかったなぁ。もう一年か…あのあと「この世界の片隅に」の映画も見に行ったし、
 
 
アイスタイムを読んで、さらにアイスホッケーに興味を持ったわたしはすっかりホッケー馬鹿と化し、
試合はもちろん、ただの練習日にまで霧降リンクを見にいったりするひとになりました。
 
 
いま、この本、友達に貸しています。栃木市から観戦に行く仲間を増やしたいので☆
 
 
 
はっ。 話がそれた。 今月の読書カフェの告知でした。。。
 
 
日時:2017年12月22日 金曜日 18時から19時半
 
 
会場:MOROcraft(モロクラフト)   栃木県栃木市倭町10-3  電話0282-21-8838 
 
 
 
内容:ひとり一冊ずつ、本の紹介をしてもらいながら、ワイワイおしゃべりする、ゆるいかんじの読書会です。遅刻早退見学自由。
参加無料。場所があまり広くないのと、椅子を用意するので、お知らせいただけるとありがたいです。
みんなに教えたい!と思う本を1冊お持ちください。(実物がなくても、思い出の1冊のお話でもオッケー)
テーマは特に設けませんが、一冊選ぶのにヒントが欲しいという方は
 「あったかくなる」または「熱くなれる」本でお願いします。
 
 
 かなり寒いので、防寒対策をしっかりとお願いします。
 差し入れおやつ大歓迎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

陶珈紗読書会のご報告

それでは、11月の読書会報告、いってみよっ!

 

20171123_172415

 

会場は初めての陶珈紗(とうこうしゃ)さん。

2階のシェアスペースぽたりでは何度かやってますが、

1階に、曲面ガラスの素敵なショーウィンドウのスペースがありましてね、

ここがいろいろイベントに使われてて、とっても素敵なんです。

 

さて、紹介本ラインナップ。コメントは後々追加します(^_^;)

 

①『つるかめざんの歌』安野光雅(岩崎書店)

20171123_171942


















②大正昭和初期の楽譜いろいろ

20171123_171958


20171123_172742























③『火の賜物』リチャード・ランガム著・依田卓巳訳(NTT出版)


20171123_173220 

 

④マンガ『犬神家の一族』画:つのだじろう、原作:横溝正史(講談社プラチナコミックス)

20171123_174619

⑤『政と源』三浦しおん(集英社オレンジ文庫)

20171123_175449

⑥『牧阿佐美バレエ団・飛鳥』富山オーバードホール

20171123_180804

 

 

20171123_180934

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

11月は陶珈紗で読書会~蔵の街読書カフェ2017

めっきり寒くなってきました。
 

南国生まれで寒いのは苦手なのですが、アイスホッケー(日光アイスバックス)観戦という楽しみができて、なんだかワクワクしています。
 
さて、本の話。
 
蔵の街読書カフェは、栃木市内の居心地のいい場所を求めて、ほぼ毎月開催しています。
ひとり1冊お好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。
 
 
 
開催まで、あと一週間しかないですが(^_^;)
 

☆日付  11月23日(木祝)勤労感謝の日
 
  時間  17時から19時
 
  会場  陶珈紗 (栃木市倭町5-17)
 
  今回は、スペースをお借りするので参加費おひとり100円お願いします。

♪寒くない格好でお越しください。
♪駐車場は、陶珈紗向かって右隣「カシワヤ」さんの脇道を50メートルくらい進んだところ(左側)に5台分。もし、いっぱいだったら蔵の街第一駐車場をご利用ください。
♪おやつの差し入れ歓迎(^O^)/

 
 

さて、10月後半から、ブック∞リング、歌麿豆本、そしてオリオン☆一箱古本市と、本のイベントが相次ぎました。
 
寄贈本の展示会場だった蔵の街観光館の2階で開催した10月読書会は、参加者5名。
 
画像だと読み聞かせやってるみたいに見えますね(笑) 
 
これは、Iさんがエドワード・ゴーリー展の図録を紹介されているところです。
 
  20171029_102510
 
 
ところで今月の読書会ですが、陶珈紗さんでの開催となります。
ぽたりではありませんよ☆1階です。
 
ヨロヅヤさんが「お手紙書くよ」を開催されたり、高校生合同文化祭ではかき氷屋さんになったり、先日もヨシ紙のワークショップが行われたりと、大活躍のスペースです。
曲面のウィンドウ越しに外からも見えて素敵なんですよね~!(^^)!
 

この時期17時からというと、もう暗くなっているので、外から見ると「なにやってるんだろう?」って感じになると思います。
 
楽しそうに見えるといいなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

9月読書会のご報告

濃い読書カフェでした。

まあとにかく見ていただきましょ~!
 
 
①『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』
 
 こちらを紹介してくださったのはプロの骨董屋さん。
表紙はもちろん中の写真も素敵にスタイリングされています。内容も、取材時の相場価格が掲載されていて、教科書的に使える!とお墨付き。このあとうちわやら楽譜やらなんやらいろいろ見せてくれます。

20170923_173026
 
 
 
②『本棚探偵の生還』 喜国雅彦 著(双葉文庫)
 
 以前にも来てくださった、SFやミステリに詳しい☆さん。
著者の喜田雅彦は、漫画家としてデビューしたそうです。この本はミステリにまつわるエッセイ。
 

20170923_171900
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③『ロボット・イン・ザ・ガーデン』 デボラ・インストール 著(小学館文庫)
 
 これまでも、話の流れで口の端にのぼったことはあったのですが、きちんと紹介するのは初めてです。
34歳で結婚もしているのに無職で引きこもっちゃってる主人公の家に、ある日、壊れかけの旧式ロボットが迷い込んできます。そいつをなんとか修理しようと、製造元を探してアメリカを旅するというお話。
エキサイティング且つハートウォームな作品で、中学生くらいから読めると思います。
 
 20170923_183518      
 
 
 
 





その他
 20170923_180825
 
 20170923_174648
 
20170923_174844



素敵な本とエピソード、栃木市にゆかりある品、
楽しませていただきました。
ご参加のみなさまありがとうございました!
また気が向いたらふらりと訪れてくださいませ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

9月はくつろぎの空間、帰去来で。

雨の多い夏でした。なんとなく、盛り上がり損ねた?

いえいえ、わたしは堪能しました。ALPS BOOK CAMP 2017 に行ってきたんです。

(なぜそれをブログに書かないんだ!って?いや~盛りだくさん過ぎてまとめきれな←言い訳無用)

 

はい。
8月は図書館で読書会やらせていただきました。
内容が濃かったです!
画像でざっとご紹介します ⇒ ⇒ ⇒
20170823_200255collage_2
 
肩の凝らないPTAノンフィクションに始まり、成城の映画本とユーラシアの神話本はかなり読みごたえありそうでした。インパクトとユーモアの絵本にはガイコツつながりで語りイベントに登場した屏風絵の話題も飛び出し、函装の愛蔵版智恵子抄には歴史の重みが、、、朗読もしていただきました☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、9月に入ってもう10日   って早い早すぎる~(>_<)

今月の蔵の街読書カフェは
 
 「茶亭 帰去来」さんでの開催です。
 
 
==蔵の街読書カフェ2017 ◆ 9月読書会のお知らせ==========
 
日時:2017年 9月 23日 (土) 17時~18時半ごろ 
 
会場:茶亭 帰去来 (栃木市泉町11-3)
 
内容:ひとり1冊、お好きな本をご紹介いただくスタイルの気楽な読書会です。
参加費は無料ですが、今回は営業中の飲食店での開催なので、おひとり様1オーダーお願いします。
途中からの参加や早退、本の紹介はせず見学のみの参加もOKですが、オーダーは必須でお願いします。
=====================

読書しやすい季節になってきました。
 
はりきって積読の山に挑もう~!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧