2018年5月30日 (水)

やっと振り返る。

栃木・蔵の街かど古本市2018、そして蔵の街読書カフェスペシャルにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
P1000550 P1000548 20180512_102151
20180512_102309
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土曜日はいい天気で、フードコートやイベントステージ、マルシェもにぎわっていました。
日曜日は、朝のうちはだいじょうぶかなと思っていたのですが、店主さんたちが店開きした10時ごろから降り出し、いちどは上がったものの、昼過ぎから本降りとなってしまいました。  
 
 
 
 

https://ameblo.jp/tochigi-hitohako/

 

 

北尾トロさんと小堀ダイスケさんの猟師トーク、みなさんおもしろかったと大好評☆

 

P568 P1000560

 

 

 

 

 

 

 

 トロさんの猟師本も、長野から信濃毎日新聞社の担当さんがいらして特価販売!

 

P1000565 

 

 

 

 

 

おふたりが執筆されている雑誌「狩猟生活」(地球丸)の編集長さんもきてくださってました。

 

 古本市出店者のニッパー堂さんが、なんと小堀さんの小学校時代の同級生だったり、奇遇エピソードも披露され、トークおおいに盛り上がりました~。

 

 

P1000555

 

 

 

 

 

 

 古本市の一角では、昨年から取り組んでいる、本を通じた世代交流プロジェクト「ブック∞リング」のブースも展開し、寄贈本の展示と、活版を使ったメッセージカードのワークショッ プも楽しんでいただきました。 

 

20180512_112513日曜日が母の日だったので、映画祭のボランティアに来ていた男子高校生たちが、お母さんに向けたメッセージカードを。。。

奥でピースしているのが、彼らの母世代のかたがたかな(笑)

 

 

 実際のお母さんたちは、母の日に息子さんから本を贈られたら、びっくりするでしょうねぇ。

 

他にも、この日は映画祭で日本語字幕がついたり音声ガイドアプリに対応した作品も上映されていて、耳の聞こえない方がボランティアスタッフとして来ていて、このブースに立ち寄ってくださったケースもありました。

わたしたちもブックリングのシステムを筆談で説明したり、自分の名前を指文字で教わったりしました。

 

ハンディキャップのあるなしにかかわらず、映画や本を楽しみながらコミュニケーションが取れるというのは、とてもいいことだと感じましたよ。

 

そして、プレゼントに本を贈りあうというのは、もっと広まってもいいと思います。

 

 読む読まないは別にして、絵本とか写真集とか飾っておけるものもあるし。

 

 コミュニケーションのひとつとして、アリなんじゃないかなぁ。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

古本屋さん体験、いかがですか~☆

あらためまして募集のお知らせです。

5月12・13日開催の栃木・蔵の街かど古本市2018
①山車会館前広場のおおばこ部門と、
②蔵の街観光館のひとはこ部門と、
出店タイプが選べます!
==================
  栃木・蔵の街かど古本市
  出店者さまを大募集~☆
==================
 
 
◆日時:2018年5月12日(土)・13日(日)10:00~14:00
 
  ※ひとはこ部門は13日のみ開催。
    同会場で農文協の出版展とゲストトークイベントが開催されます
 
◆会場:とちぎ蔵の街観光館 2階 多目的ホール
        (栃木市万町4-1)
 
◆出店スペース  1区画
 
  ①おおばこ部門:2.5m×2.5m
  ②ひとはこ部門:1m×1m 
 
◆出店料:1区画
 
  ①おおばこ部門  1日 1,000円
  ②ひとはこ部門   500円
 
◆本にはすべて値段をつけてください。
  おおばこ部門の方はなるべくタープをご持参下さい。
  300円で貸し出しもいたします。
  ひとはこ部門の方は、箱(売り場)はご持参下さい。
 

◆出店ご希望の方は以下の項目を、コメントまたはメールにておしらせくださいませ。 

メールの場合は、tochigi.hitohakoアットマーク記号gmail.comまで。   

(当ブログのコメント欄は承認公開制になっておりますので、非公開希望の方はその旨お書き添えください。個人情報を含むものは基本的に非公開です)

~~~出店応募の必要事項~~~

①屋号と、PR文(200字以内)

 

②お名前と年代(未成年の場合、保護者の同意が必要です!)

(複数名でいらっしゃる場合は人数もおしらせください)

 

③ご住所

 

④電話番号

 

⑤メールアドレス

 

⑥希望出店部門

(おおばこの方は出店日も) 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たくさんのご応募、お待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

ことしのチラシはこんな感じ2018

季節の変わり目です、寒暖差も激しく、体調を崩しやすい今日この頃、

栄養睡眠ばっちり取れてますか? 
 
さて、読み書き堂は今年の蔵の街かど古本市と読書カフェスペシャルのチラシを鋭意製作中です!
 
といっても、「しるし工房」さんにほぼおまかせで(^^ゞ
 
これまでの雰囲気を生かしつつ、今年はトークゲストに猟師さんがお二人いらっしゃるとお伝えしたところ、森の生き物たちがあちこちに♪
こういう遊びゴコロ、好きですねぇ。
 
ブログをご覧のみなさまには、一足お先にお見せしちゃいます。
印刷あがってきたら、店主さんやご希望の方には順次発送いたします~。
 
 
2018
 
 
2018_2
※店主さん募集は、現在〈ひとはこ部門〉のみとなっております。
 
 
じつは名刺もしるし工房さんにお願いしているのですが、先日、大通りのコーヒー屋さんで、友達にばったり会いまして、一緒にいた方にお名刺いただいたら、しっかりした活版印刷。
これがなんとやっぱりしるし工房さんに作っていただいたとのことで!ちょっと盛り上がってしまいました!(^^)!
同時開催イベントのご紹介等もしていきますので、おたのしみに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

栃木・蔵の街かど古本市2018。ひとはこ部門の募集です。

栃木・蔵の街かど古本市2018

ひとはこ部門(5/13(日)のみ開催)
出店者さまを大募集~☆

==================

日時:2018年5月13日(日)10:00~14:00

  ※13:30~15:00はトークイベントが開催されます

 

会場:とちぎ蔵の街観光館 2階 多目的ホール

        (栃木市万町4-1)

 

◆出店スペース 1区画:1m×1m 

 

◆出店料:1区画 1日 500円 

◆募集数:20箱

 

◆面白かった本を次の読者に手渡したい。好きな作家や趣味の本について語り合いたい。自分のお店をやってみたい。そんなあなたはぜひご応募ください。一日限りの小さな古本屋さんが並ぶ催しです。

不忍ブックストリートの一箱古本市をお手本にしています。

箱(売り場)はご持参ください。また、本にはすべて値段をつけ、釣り銭も各自ご用意ください。

段ボール箱に限らず、籠や木箱、トランクなどでもけっこうですが、スペースからはみ出さないようお願いします。

 

 

◆出店ご希望の方は以下の項目を、コメントまたはメールにておしらせくださいませ。 

メールの場合は、tochigi.hitohakoアットマーク記号gmail.comまで。   
(当ブログのコメント欄は承認公開制になっておりますので、非公開希望の方はその旨お書き添えいただければ、公開いたしません。個人情報を含むものは基本的に非公開です)

~~~出店応募の必要事項~~~


①屋号と、PR文(200字以内)

②お名前と年代(未成年の場合、保護者の同意が必要です!)
(複数名でいらっしゃる場合は人数もおしらせください)

③ご住所

④電話番号

⑤メールアドレス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


質問、お問い合わせもお気軽にどうぞ。

たくさんのご応募、お待ちしています!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

PENはGUNより強い!のか?

寝不足の年度末をなんとか乗り越えました。読み書き堂です。
さあ、きょうは皆さんにスバラシイお知らせがあります☆
五月の古本市に合わせて【蔵の街読書会スペシャル】を、今年も開催決定!
ゲストは北尾トロさんです。栃木市に来ていただくのはお久しぶりですね。
今回は、猟師ライターとしてのお話をお願いしましたところ、「いいひとがいるよ!」と、トランペットも吹けちゃう猟師ライターの小堀ダイスケさんとご一緒に出演してくださることになりました!
トロさんは鳥撃ち専門ですが、小堀さんは大物猟もされるとか。
栃木市でもイノシシやサルが畑を荒らすという話をよく聞くので、ご興味ある方はぜひ!
どんなお話が飛び出すか、今から楽しみです。
皆様、スケジュールチェックお願いします~♪
~~~~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
◎蔵の街読書カフェスペシャルトーク2018
「PENはGUNより強い!のか?~猟師ライターの日常~」
ゲスト:北尾トロさん・小堀ダイスケさん
 
日時:平成30年5月13日(日) 13:30~15:00
  
会場:とちぎ蔵の街観光館2階多目的ホール
 
☆入場無料
会場では雑誌「うかたま」や「現代農業」を製作されている「農文協」さんのご紹介ブースも。
そしてなんと、山車前とは別に、こちらには古本市のひとはこ部門も展開する予定です。
詳細は追々。
出店希望のご連絡もお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

栃木・蔵の街かど古本市2018&読書カフェスペシャルのお知らせ

今年もやります!
通算9回目となります蔵の街かど古本市2018

昨年、雨にたたられまして、店主さんたちに申し訳なかったことが思い出されます。
さらに、今年は山車会館前が改修工事で小屋掛けを取り払われてしまったりと、
なかなか態勢が固まらなかったのですが、こんなふうに会場と催しを分けてみました。
 
             記
 
◎栃木・蔵の街かど古本市2018
同時開催【栃木・蔵の街かど映画祭】
 
日時: 平成30年5月12日(土)・13日(日) 10時~16時
     ※雨天中止
 
会場: とちぎ山車会館前ひろば(栃木市万町3-23)
 
 
じつはこちらのお申し込みにつきましては、
例年大ブースで出てくださっている店主さんに、一足先にご案内させていただきました。
ので、空きが出ましたら追加お申し込みのお知らせをいたします。
 
 
 
 
 
◎蔵の街読書カフェスペシャルトーク
「PENはGUNより強い!のか?~猟師ライターの日常~」
ゲスト:北尾トロさん・小堀ダイスケさん
 
日時:平成30年5月13日(日) 13:30~15:00
 
 
会場:とちぎ蔵の街観光館2階多目的ホール
 
 
同時開催
【農文協フェア】
【蔵の街かど古本市・ひとはこ部門】
ひとはこ部門は5/13(日)10:00~16:00開催です
 
 
 
===================
古本市・ひとはこ部門(5/13(日)のみ開催)
出店者さまを大募集~☆
 
以下の項目を、コメントまたはメールにておした瀬くださいませ。 
メールの場合は、tochigi.hitohakoアットマーク記号gmail.comまで。   
 
 
~~~~~
①屋号
 
②お名前と年代(未成年の場合、保護者の同意が必要です!)
(複数名でいらっしゃる場合は人数もおしらせください)
 
③ご住所
 
④電話番号
 
⑤メールアドレス
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
また、当イベントおよび映画祭の案内チラシ等、
完成次第お送りいたしますので、ご希望のかたはお申し付けください。
興味のありそうなお友達を誘っていただけると、さらに嬉しい限りです。
 
 
 なお、裏方としてお手伝いいただけるボランティアスタッフも絶賛募集中です。
映画祭のロゴ入りTシャツが支給されます。
土曜日は映画祭スタッフ、日曜日はひとはこ店主さん、なんていう楽しみ方もできますよ☆
 
 
 
こちらにつきましてもお問い合わせご連絡、お待ちしております!
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
一気にドカンと書きすぎちゃったので、
あらためてひとつずつ詳しく掲載していきますです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

さぁ!なずなさんが生まれ変わって古本カフェに☆

とっくのとうに年明けた。というわけで今年も変わらずのお付き合いをよろしくお願いいたします。

さっそくですが1月の「蔵の街読書カフェ」は24日(水)19時から開催いたします。

お気に入りの本を1冊、お持ちください。みんなで紹介しあいます。

カフェでの開催なので、1オーダー必須です。

季刊レポのイベントやら、音楽ライブも何度か開催させていただいているカフェなずなさん。

なんと、古本&カフェのお店としてリニューアルです☆

楽しみですねー!

本を選ぶヒントが欲しいという方は、、、「リニューアル」「生まれ変わる」などをイメージしていただければと思います(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

コーヒーフェスにブックリングで出た話

土曜日に栃木駅前で、第1回目の Tochigi coffee festival が開催されました☆

そしてわれらが book∞ring (なにそれ、という方はコチラ) も、寄贈本の展示をさせていただきました。
栃木にゆかりのある大人たちに、自分が読んできた本の中から、これは10代のうちに読んでもらいたい!というものを1冊選んでもらい、メッセージを添えて寄贈していただいた本たちです。
Bookring_coffee03
 
 
10月の、蔵の街観光館でのby your side展は、雨ということもあり、足を運んでいただくのが難しかったため、コーヒーフェスの実行委員さんにお願いして、この機会をいただくことができました。
この場を借りてお礼申し上げます。本当に、ありがとうございました。
おかげさまで、たくさんの方に足を止めていただき、実際に10代の皆さんに応募していただきました。
Choice
 10dai_oubo

「どうして10代なの」「いい取り組みだね」「大人向けにもやって欲しい」など、たくさんのご質問、ご意見をいただきました。
 
 
みなさんとお話ししながら、
たくさんの反応があることが素直にうれしかったし、
続けていける手ごたえも感じたし、これからの課題にも気付くことができました。
 
今後の展開に生かしていきたいと思います。
 
 
 
夜、寝る前にきょう1日のことを思い返してみました。
 
街なかや職場で関わりのあるみなさん、読書会や古本市や映画祭つながり、同級生など、ホントにたくさんの方にお会いできて、嬉しいと同時にありがたくて。
お見かけしたけれど、対応中でご挨拶できなかった方もいたのです。
 
きっと一晩寝るとだいぶ忘れちゃうなと思って(この頃ホントに覚えてられない(-_-;))、いそいでメモしました。
こんどお会いしたときに、今日のことあらためてお礼の気持ちを伝えたいです。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 そして、
 12月の読書カフェは、22日金曜日。モロクラフトでやりますよ~☆
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

11月は陶珈紗で読書会~蔵の街読書カフェ2017

めっきり寒くなってきました。
 

南国生まれで寒いのは苦手なのですが、アイスホッケー(日光アイスバックス)観戦という楽しみができて、なんだかワクワクしています。
 
さて、本の話。
 
蔵の街読書カフェは、栃木市内の居心地のいい場所を求めて、ほぼ毎月開催しています。
ひとり1冊お好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。
 
 
 
開催まで、あと一週間しかないですが(^_^;)
 

☆日付  11月23日(木祝)勤労感謝の日
 
  時間  17時から19時
 
  会場  陶珈紗 (栃木市倭町5-17)
 
  今回は、スペースをお借りするので参加費おひとり100円お願いします。

♪寒くない格好でお越しください。
♪駐車場は、陶珈紗向かって右隣「カシワヤ」さんの脇道を50メートルくらい進んだところ(左側)に5台分。もし、いっぱいだったら蔵の街第一駐車場をご利用ください。
♪おやつの差し入れ歓迎(^O^)/

 
 

さて、10月後半から、ブック∞リング、歌麿豆本、そしてオリオン☆一箱古本市と、本のイベントが相次ぎました。
 
寄贈本の展示会場だった蔵の街観光館の2階で開催した10月読書会は、参加者5名。
 
画像だと読み聞かせやってるみたいに見えますね(笑) 
 
これは、Iさんがエドワード・ゴーリー展の図録を紹介されているところです。
 
  20171029_102510
 
 
ところで今月の読書会ですが、陶珈紗さんでの開催となります。
ぽたりではありませんよ☆1階です。
 
ヨロヅヤさんが「お手紙書くよ」を開催されたり、高校生合同文化祭ではかき氷屋さんになったり、先日もヨシ紙のワークショップが行われたりと、大活躍のスペースです。
曲面のウィンドウ越しに外からも見えて素敵なんですよね~!(^^)!
 

この時期17時からというと、もう暗くなっているので、外から見ると「なにやってるんだろう?」って感じになると思います。
 
楽しそうに見えるといいなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

パーラートチギで『木を植える音楽』展を開催します。 (2017/11/11~12/12)

「木を植える音楽」を、ご存知ですか?
 

 
 最初は3年前になるでしょうか、小川さんが出演されるというので【大谷石夢あかりコンサート】を聴きに行き、素敵な取り組みだなと思ったのももちろんですが、なにより和気あいあいとしたコンサートの雰囲気がとっても良くて。その場でCDを買いました。
 
 
CDを1枚買うと、2011年の津波の影響で、松が枯れ続けている福島県いわき市の海岸に、10本のクロマツの苗木が植えられます。

この海岸林は、何百年も前に、人の手でこつこつと植えられたもので、景観が素晴らしいだけでなく、押し寄せる津波の勢いを弱め、曳き波にさらわれる多くの命を救いました。 

そんな大切な松林が、海水を浴びたためにどんどん枯れているのです。
またいつ来るかわからない〈そのとき〉のために、またこつこつと松を植え続けようと、地元の人たちは立ち上がりました。
 
 
 
自分たちにもなにかできることがあるのではないか。
というより、なにかせずにはいられなかった。 
 
 
宇都宮の2tree cafe(現在は2tree open house)オーナーの倉本さんの呼びかけで、
アコースティックギタリスト小川倫生さんをはじめ、縁ある11組のアーティストが、このプロジェクトのために曲を書き下ろしました。

2014年にCDが完成すると、メンバーたちはキャラバンを組んでライブをおこない、現地での植林植林作業にも参加して、この活動をPRしてきました。


「木を植える音楽」twitter  https://twitter.com/kiwoueru2tree
 
そして2017年。
 
 
『木を植える音楽』が本になりました。
 
 
読める『木を植える音楽』を紡いだのは、
 
あこがれの移動古本屋Trunkbooksの三上美保子さん。
 
 
三上さんはフリーライターでもあり、ウェブマガジン「ゆたり」での連載が書籍化されたのです。
 
丁寧な取材と文章で、このプロジェクトの背景や、関わる人々それぞれのつながりや思い、CDの完成までと、その後の広がりも感じられる1冊になっています。

  
 
この【木を植える音楽】CDと書籍を、11月11日から、12月12日まで、パーラートチギの図書室で展示、販売します。
 
P1000532_2
 
より多くの人がこの取り組みを知り、いわきの海岸のうつくしい松林がまもられますように。
 
 
2tree cafeに集うミュージシャンたちが紡いだ音色は
みんなの心をつないで、
いわきの海岸林へと、その思いを届け続けています。
 
 
 
 
どうぞ手にとってご覧ください。
耳を澄ますと、聴こえてきますよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧