2017年12月11日 (月)

コーヒーフェスにブックリングで出た話

土曜日に栃木駅前で、第1回目の Tochigi coffee festival が開催されました☆

そしてわれらが book∞ring (なにそれ、という方はコチラ) も、寄贈本の展示をさせていただきました。
栃木にゆかりのある大人たちに、自分が読んできた本の中から、これは10代のうちに読んでもらいたい!というものを1冊選んでもらい、メッセージを添えて寄贈していただいた本たちです。
Bookring_coffee03
 
 
10月の、蔵の街観光館でのby your side展は、雨ということもあり、足を運んでいただくのが難しかったため、コーヒーフェスの実行委員さんにお願いして、この機会をいただくことができました。
この場を借りてお礼申し上げます。本当に、ありがとうございました。
おかげさまで、たくさんの方に足を止めていただき、実際に10代の皆さんに応募していただきました。
Choice
 10dai_oubo

「どうして10代なの」「いい取り組みだね」「大人向けにもやって欲しい」など、たくさんのご質問、ご意見をいただきました。
 
 
みなさんとお話ししながら、
たくさんの反応があることが素直にうれしかったし、
続けていける手ごたえも感じたし、これからの課題にも気付くことができました。
 
今後の展開に生かしていきたいと思います。
 
 
 
夜、寝る前にきょう1日のことを思い返してみました。
 
街なかや職場で関わりのあるみなさん、読書会や古本市や映画祭つながり、同級生など、ホントにたくさんの方にお会いできて、嬉しいと同時にありがたくて。
お見かけしたけれど、対応中でご挨拶できなかった方もいたのです。
 
きっと一晩寝るとだいぶ忘れちゃうなと思って(この頃ホントに覚えてられない(-_-;))、いそいでメモしました。
こんどお会いしたときに、今日のことあらためてお礼の気持ちを伝えたいです。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 そして、
 12月の読書カフェは、22日金曜日。モロクラフトでやりますよ~☆
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

11月は陶珈紗で読書会~蔵の街読書カフェ2017

めっきり寒くなってきました。
 

南国生まれで寒いのは苦手なのですが、アイスホッケー(日光アイスバックス)観戦という楽しみができて、なんだかワクワクしています。
 
さて、本の話。
 
蔵の街読書カフェは、栃木市内の居心地のいい場所を求めて、ほぼ毎月開催しています。
ひとり1冊お好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。
 
 
 
開催まで、あと一週間しかないですが(^_^;)
 

☆日付  11月23日(木祝)勤労感謝の日
 
  時間  17時から19時
 
  会場  陶珈紗 (栃木市倭町5-17)
 
  今回は、スペースをお借りするので参加費おひとり100円お願いします。

♪寒くない格好でお越しください。
♪駐車場は、陶珈紗向かって右隣「カシワヤ」さんの脇道を50メートルくらい進んだところ(左側)に5台分。もし、いっぱいだったら蔵の街第一駐車場をご利用ください。
♪おやつの差し入れ歓迎(^O^)/

 
 

さて、10月後半から、ブック∞リング、歌麿豆本、そしてオリオン☆一箱古本市と、本のイベントが相次ぎました。
 
寄贈本の展示会場だった蔵の街観光館の2階で開催した10月読書会は、参加者5名。
 
画像だと読み聞かせやってるみたいに見えますね(笑) 
 
これは、Iさんがエドワード・ゴーリー展の図録を紹介されているところです。
 
  20171029_102510
 
 
ところで今月の読書会ですが、陶珈紗さんでの開催となります。
ぽたりではありませんよ☆1階です。
 
ヨロヅヤさんが「お手紙書くよ」を開催されたり、高校生合同文化祭ではかき氷屋さんになったり、先日もヨシ紙のワークショップが行われたりと、大活躍のスペースです。
曲面のウィンドウ越しに外からも見えて素敵なんですよね~!(^^)!
 

この時期17時からというと、もう暗くなっているので、外から見ると「なにやってるんだろう?」って感じになると思います。
 
楽しそうに見えるといいなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

パーラートチギで『木を植える音楽』展を開催します。 (2017/11/11~12/12)

「木を植える音楽」を、ご存知ですか?
 

 
 最初は3年前になるでしょうか、小川さんが出演されるというので【大谷石夢あかりコンサート】を聴きに行き、素敵な取り組みだなと思ったのももちろんですが、なにより和気あいあいとしたコンサートの雰囲気がとっても良くて。その場でCDを買いました。
 
 
CDを1枚買うと、2011年の津波の影響で、松が枯れ続けている福島県いわき市の海岸に、10本のクロマツの苗木が植えられます。

この海岸林は、何百年も前に、人の手でこつこつと植えられたもので、景観が素晴らしいだけでなく、押し寄せる津波の勢いを弱め、曳き波にさらわれる多くの命を救いました。 

そんな大切な松林が、海水を浴びたためにどんどん枯れているのです。
またいつ来るかわからない〈そのとき〉のために、またこつこつと松を植え続けようと、地元の人たちは立ち上がりました。
 
 
 
自分たちにもなにかできることがあるのではないか。
というより、なにかせずにはいられなかった。 
 
 
宇都宮の2tree cafe(現在は2tree open house)オーナーの倉本さんの呼びかけで、
アコースティックギタリスト小川倫生さんをはじめ、縁ある11組のアーティストが、このプロジェクトのために曲を書き下ろしました。

2014年にCDが完成すると、メンバーたちはキャラバンを組んでライブをおこない、現地での植林植林作業にも参加して、この活動をPRしてきました。


「木を植える音楽」twitter  https://twitter.com/kiwoueru2tree
 
そして2017年。
 
 
『木を植える音楽』が本になりました。
 
 
読める『木を植える音楽』を紡いだのは、
 
あこがれの移動古本屋Trunkbooksの三上美保子さん。
 
 
三上さんはフリーライターでもあり、ウェブマガジン「ゆたり」での連載が書籍化されたのです。
 
丁寧な取材と文章で、このプロジェクトの背景や、関わる人々それぞれのつながりや思い、CDの完成までと、その後の広がりも感じられる1冊になっています。

  
 
この【木を植える音楽】CDと書籍を、11月11日から、12月12日まで、パーラートチギの図書室で展示、販売します。
 
P1000532_2
 
より多くの人がこの取り組みを知り、いわきの海岸のうつくしい松林がまもられますように。
 
 
2tree cafeに集うミュージシャンたちが紡いだ音色は
みんなの心をつないで、
いわきの海岸林へと、その思いを届け続けています。
 
 
 
 
どうぞ手にとってご覧ください。
耳を澄ますと、聴こえてきますよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

明日はオリオン☆一箱古本市2017

まず報告から。

 
きょうは歌麿まつりの豆本作りでした。
 
五歳児からシニアエイジまで、たくさんのかたが体験してくださいました。
 
浮世絵(版画)や和本について、歌麿のこと、栃木との関係などを紹介。
 
今年の図版は『百千鳥狂歌合』(ももちどりきょうかあわせ)にしました。
 

 
さて、明日はいよいよ宇都宮、オリオン通りの一箱古本市です。

今年は久しぶりにレインボーブックスさんもいらっしゃるというし、

おなじみさんやら新顔さんにお会いできるのが楽しみです☆

                                      

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

レポTVで全部言う!

台風が近づいていますから、くれぐれもお気を付け下さい。

 
 
さて、読み書き堂はみなさまにお知らせがいっぱいありまして。
 
そんなあれやこれやをいっぺんにお伝えすべく(?)
 
こんどの火曜、10/24ひさびさ「レポTV」に、出演させていただきます♪

 https://www.youtube.com/watch?v=5BoD7zqfJrk

 
 
レポTVといえば、伝説のノンフィクション雑誌『季刊レポ』のPRのためのネット配信番組でして。
 
栃木の本イベントにも何度か来ていただいた、北尾トロさん、えのきどいちろうさんがメインパーソナリティーです。
 
本誌終刊後も引き続き、執筆陣の近況報告など、現在は月刊放送となっております。
 
わたしが前回出演させていただいたのは去年の4月。西荻の、トロさんの事務所で最後の放送となった回です。あーなつかしい。
 
そしてやっぱり今回も生放送なので、うっかりしてると言いたいこと全部言えずに終わっちゃう可能性が大なのです。
 
 
目標、「全部言う」!
 
 
 
ということで、あらかじめここで告知事項をまとめておきます。ニュースのヘッドラインみたい?
 
 
 
 
0001_1 0001
 
 
② 29日の午前中は、ブックリングのメイン会場で 「蔵の街読書カフェ」を開催します☆
 
 
 
③ その2日間、栃木はふるさと祭り。そして歌麿まつりが11/5まで継続中。歌麿道中は28日予定
Utamaro_furusato
 
 
④ 歌麿まつりの期間中イベント、11/3に【豆本作り体験】いかがですか♪
 
 
⑤ 11/4宇都宮の「オリオン☆一箱古本市」に出ます。
 
⑥ 11/9はlynchの古本バーです→宇都宮での活動。
 
 
 
 
 
 
 ちょっとよくばりすぎかしら。。。(^^ゞ

ご覧のみなさまも、気になるイベントがあったら是非どうぞ!
 
質問やお問い合わせもお寄せくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

8月は図書館で読書会

お盆だというのに、この肌寒さはどうしたことでしょう。
こんな日が続くと、秋の実りが気がかりです。

さて、今月の読書会は、
図書館で2度めの開催となります。

例によってひとり一冊、お好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。

日時:2017年8月23日(水)14時~15時半

場所:栃木図書館(栃木市旭町12-2)

とくにテーマは設けませんが、お気に入りが多すぎて一冊に絞るヒントが欲しいという方は、
【読書感想文】で、いかがでしょうか~♪

夏の図書館は、怪談と推薦図書が風物詩のようになっていますね。
蔵の街読書カフェでも怖い話特集、、、でもいいのですが、
暑いからこそ背筋も凍るやつが聞きたいのであって、こう涼しくては気分がでない。

それよりはむしろ、夏休みも後半に突入してそろそろ宿題のはかどり具合が気になる。
なかでも読書感想文は、手を焼く課題ベストスリーくらいにはいるようです。

しかし読書カフェに参加する、本好き読書好きのみなさまならば、夏休みに大長編に挑戦したとか、食事時以外はずっと読書してましたとか、そんな強者エピソードが聞けるかも?! と、勝手に期待してます(⌒‐⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

蔵の街かど古本市2017!

20170513_103001

今年も栃木・蔵の街かど古本市、無事に開催することができました。

 

お世話になったみなさま、訪れてくださったお客様、ありがとうございました。

 

1日目はかなりの雨ながら、店を開いてくださった店主さんたちに感謝申し上げます。


おかげさまで、訪れたお客さまをガッカリさせずに楽しく過ごすことができました。

 


2日目は時折強い風の吹く中、目の前にはおいしそうなフードコートも並び、多くのお客さまでにぎわいました。



店主さんたちも、新しい出会いはもちろん、同級生と久々の再会の場面があったりして、みんな笑顔。




20170514_154240 活版印刷とスクラップブッキングのワークショップもたくさんの方に楽しんでいただきました!



土曜日の夜に、蔵の街観光館の2階蔵座敷で開催した【街でつながる本と人】トークセッションも、盛り上がりました☆

文化の育つ土壌、地域の歴史や風俗、巷に生きた人々の生き様、暮らしぶりを残して伝えるという大切な仕事を、地方の出版社が担っていることに、改めて敬意と感謝を。

本のあるところに人が集い、会話の花が咲く。街の中でこれからもそんな場所を作っていけたらと思います。


また蔵の街かどで、お会いいたしましょう。

20170514_15181920170514_15143420170514_15135720170513_102945

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

「街でつながる本と人」トークセッションのお知らせ

栃木・蔵の街かど古本市2017も迫ってまいりました。

こちらできちんとお知らせしていたなかったのですが(^_^;)
古本市にあわせて、本に関するトークセッションを行います!

【蔵の街読書カフェ・スペシャル】
日 時:5月13日土曜日の19時から

テーマ: 《街でつながる本と人》

ゲスト:

「かまがわ文庫」「ツキイチトショカン」が
無印良品のローカルNIPPONニュースにも取り上げられた
坂井香林さん

オリオン☆一箱古本市をはじめ、本にまつわるたくさんのイベントを企画して
栃木県の出版文化を盛り上げている
嶋田一雄さん

~~~~~~~~~
お二人にそれぞれの取り組みを紹介してもらい、
ご参加の皆さんからも質問をいただいたり、
街なかに本があることや、本を通じて人とつながることについて、
楽しく語り合っていただければと思います。

参加無料
会場は蔵の街観光館2階の蔵座敷です。
Kankoukan
定員20名とさせていただきます。
参加ご希望の方はコメント、メール、ツイッターへのダイレクトメッセージ等でお願いします
(当ブログのコメントは、こちらで指定しないと公開されませんのでご安心ください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

栃木・蔵の街かど古本市2017のお知らせ

とちぎの古本市は今年も、山車会館前にて開催いたします!
 
20160508_110007
20160508_104404
20160508_105216
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         記
 
◎栃木・蔵の街かど古本市2017
(栃木・蔵の街かど映画祭同時開催)
 
日時: 平成29年5月13日(土)・14日(日) 10時~16時
     ※雨天中止
 
会場: とちぎ山車会館前ひろば(栃木市万町3-23)
 
出店料:スペース大(間口3m×奥行1.5m) 1日 1,000円
     :スペース小(  1.5m× 1.5m) 1日  500円
 
 
お申し込みにつきましては
 
①屋号
 
②お名前と年代(未成年の場合、保護者の同意が必要です!)
(複数名でいらっしゃる場合は人数もおしらせください)
 
③ご住所
 
④電話番号
 
⑤メールアドレス
 
⑥出店希望日とスペースのサイズ
 
 
以上の事項を、コメントまたはメールにてお知らせくださいますよう、お願いします。
メールの場合は、tochigi.hitohakoアットマーク記号gmail.comまで。   
 
 
また、当イベントおよび映画祭の案内チラシ等、
完成次第お送りいたしますので、ご希望のかたはお申し付けください。
興味のありそうなお友達を誘っていただけると、さらに嬉しい限りです。
 
なお、裏方としてお手伝いいただけるボランティアスタッフも絶賛募集中です。
映画祭のロゴ入りTシャツが支給されます。
1日は店主、もう1日は助っ人さん、なんていう楽しみ方もできるかとおもいます。
こちらにつきましてもお問い合わせご連絡、お待ちしております!
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

梨屋アリエさん 栃木図書館で講演会 2017/1/28

先日、蔵の街読書カフェを開催させていただいた栃木図書館さんで、楽しみな催しがあるのでお知らせします☆

◆作家 梨屋アリエさん 講演会
 
“本が好き”な大人になりたい!~本のトビラは未来への扉~
 
日時:平成29年1月28日(土) 14:00~15:30
 
場所:栃木市栃木図書館 2階 会議室
 
問い合わせ:0282-22-3542
 
主催:栃木市教育委員会・栃木市図書館
 
 
*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~
 
 
児童文学やYA(ヤングアダルト)向けに多くの作品を発表されている梨屋アリエさんは、小山市出身で、栃木女子高等学校の卒業生。
12歳から19歳までの「YA読書クラブ」やだれでも参加できるYA読書会「YA*cafe」など、おしゃべりを楽しむ読書会活動を推進中とのことです。
地元ゆかりの作家さんと、一緒に楽しい時間を過ごしてみませんか。

◆梨屋アリエさんの主な作品
 
 
 『でりばりぃ Age』講談社児童文学新人賞
 
 『ピアニッシシモ』児童文芸新人賞
 
 『空色の地図』『ココロ屋』青少年読書感想文全国コンクールの課題図書
 
 最新刊は『君のためには誰も泣かない』(ポプラ社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧