2017年4月19日 (水)

栃木・蔵の街かど古本市2017のお知らせ

とちぎの古本市は今年も、山車会館前にて開催いたします!
 
20160508_110007
20160508_104404
20160508_105216
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         記
 
◎栃木・蔵の街かど古本市2017
(栃木・蔵の街かど映画祭同時開催)
 
日時: 平成29年5月13日(土)・14日(日) 10時~16時
     ※雨天中止
 
会場: とちぎ山車会館前ひろば(栃木市万町3-23)
 
出店料:スペース大(間口3m×奥行1.5m) 1日 1,000円
     :スペース小(  1.5m× 1.5m) 1日  500円
 
 
お申し込みにつきましては
 
①屋号
 
②お名前と年代(未成年の場合、保護者の同意が必要です!)
(複数名でいらっしゃる場合は人数もおしらせください)
 
③ご住所
 
④電話番号
 
⑤メールアドレス
 
⑥出店希望日とスペースのサイズ
 
 
以上の事項を、コメントまたはメールにてお知らせくださいますよう、お願いします。
メールの場合は、tochigi.hitohakoアットマーク記号gmail.comまで。   
 
 
また、当イベントおよび映画祭の案内チラシ等、
完成次第お送りいたしますので、ご希望のかたはお申し付けください。
興味のありそうなお友達を誘っていただけると、さらに嬉しい限りです。
 
なお、裏方としてお手伝いいただけるボランティアスタッフも絶賛募集中です。
映画祭のロゴ入りTシャツが支給されます。
1日は店主、もう1日は助っ人さん、なんていう楽しみ方もできるかとおもいます。
こちらにつきましてもお問い合わせご連絡、お待ちしております!
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

梨屋アリエさん 栃木図書館で講演会 2017/1/28

先日、蔵の街読書カフェを開催させていただいた栃木図書館さんで、楽しみな催しがあるのでお知らせします☆

◆作家 梨屋アリエさん 講演会
 
“本が好き”な大人になりたい!~本のトビラは未来への扉~
 
日時:平成29年1月28日(土) 14:00~15:30
 
場所:栃木市栃木図書館 2階 会議室
 
問い合わせ:0282-22-3542
 
主催:栃木市教育委員会・栃木市図書館
 
 
*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~・~*~
 
 
児童文学やYA(ヤングアダルト)向けに多くの作品を発表されている梨屋アリエさんは、小山市出身で、栃木女子高等学校の卒業生。
12歳から19歳までの「YA読書クラブ」やだれでも参加できるYA読書会「YA*cafe」など、おしゃべりを楽しむ読書会活動を推進中とのことです。
地元ゆかりの作家さんと、一緒に楽しい時間を過ごしてみませんか。

◆梨屋アリエさんの主な作品
 
 
 『でりばりぃ Age』講談社児童文学新人賞
 
 『ピアニッシシモ』児童文芸新人賞
 
 『空色の地図』『ココロ屋』青少年読書感想文全国コンクールの課題図書
 
 最新刊は『君のためには誰も泣かない』(ポプラ社)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

10月読書会のご報告

20161016_154004 蔵の街読書カフェ、10月は久々のキャリオカ開催でした。

参加者少ないかなと思っていたのですが
たまたま居合わせたキャリオカの常連さんも、本好きということでご参加くださったりして、 はじまってみたら8人参加の大盛況。 たくさんの本の話が聞けて、うれしい!

  それでは10月の紹介本ラインナップいってみましょー。

1)『私一人』ローレン・バコール
以前「女優の書いた本」を読みます、とツイートしたところ、鹿沼の名物書店、興文堂さんから「これかと思った」と教えられた本です。 分厚いうえに二段組で、果てしない道のりに思えましたが、文体はおもいのほか読みやすかったです。
 
20161012_132129
ローレン・バコールはアメリカの女優で、ハンフリー・ボガートの3人目の奥さんとしても有名。
アメリカへ渡ってきた祖父にはじまる家族の歴史から、のっぽでガリガリの少女時代。幸運を掴み映画女優となり、ボギーの妻、未亡人としての日々。愛の遍歴、そして舞台女優としての再生までを描く渾身の自伝なのだが、これを本当に自分ひとりで書いたとしたら、この人相当頭いい。
とにかく記憶が緻密でクリア。そして対人関係についてかなり赤裸々に言及している。じつに読みごたえのある1冊です。
 
この本を紹介したところ、参加者Aさんがなんと、この本の出版記念で1984年に著者が訪日した際、サイン会に行ったとおっしゃる!
 
女優さんなのだからと、本ではなくブロマイドにサインを求めたところ、笑顔で応じてくれたそうです。
 
しかもそのときのサインはいまでも大事に持っていると。いや~、なんという展開。
 
そしてホンモノを後日、見せていただきました!↓↓↓
1476969124643.jpg
【ザ・ルック】と呼ばれた、独特の「めぢから」ある表情。
 
 
 
2)『赤×ピンク』桜庭一樹 (角川文庫)
いわゆるラノベ文体というか、話し言葉がメインで、わたしのなかではずんずん読めちゃうイメージの作家さんです。
 
女性たちが折りの中で格闘を繰り広げるのを見せる店、という設定で、生い立ちや境遇に闇を抱える少女たちがそれぞれに自分の人生を切り拓いていく、というストーリーだそうです。映画にもなりました。
 
ところで、桜庭さんと、桜木紫乃さんを勘違いしがち、という意見が出て気づいたのですが、わたしは『起終点駅-ターミナル』を桜庭さんだと思ってました(^_^;)
 
3)『蜂蜜と遠雷』恩田陸(幻冬舎)
1476969121620.jpg
 
綿密な取材の上で架空のピアノコンテストを構築し、圧倒的なリアリティで描き出されるコンテスタントたちの物語。
演奏技術や精神状態、そして音楽という見えない芸術を読み手に伝える描写力が抜群。
読んだことのある方々からはクラシック音楽やコンテストに対するイメージが変わったとか、登場する曲を実際に聴いてみたくなるという感想が聞かれました。
コミック「森の中のピアノ」を想起させる部分もあると聞いて、がぜん読みたくなりましたよ。
 
 
 
 
4)
『旅路』藤原てい (読売新聞社)
1476969122065.jpg
 
著者は、数学者・藤原正彦氏のご母堂。『流れる星は生きている』の続編として 書かれたもの。
 
1476969122841.jpg 古本屋で、「まるで本に呼ばれたように」手に取り、表紙をめくるとこの言葉が書かれていて、かつて『流れる星は生きている』に深い感銘を受けたことが一気によみがえってきて購入した、というドラマチックな出会いの1冊。
 
夫(新田次郎)を亡くした後に書いた自伝的小説ということで、前作と重複する部分もあるけれど、改めて著者の歩んできた道や、1作目が世に出てからの家族の関係などが明らかにされています。
太平洋戦争末期の、大陸からの引き揚げ話は、若い人たちにも戦争の一局面として、ぜひ知っておいてほしい出来事です。
わたしの祖母も、子供二人をつれて引き上げてきました。途中で小さい方の子を、現地の人に託してしまおうかと思ったこともあったようです。もしそうしていたら、わたしはこの世にいなかったのです。
 
 
5)
『ロビンソン漂流記』(新潮文庫)吉田健一・訳
1476969122443.jpg
 
古い新潮文庫です。判型が、今の文庫本より一回り大きい。
ロビンソン漂流記といえば勇気と冒険の物語、という印象を持っている人が多いと思いますが、おそらくは子供向けに手を加えられているものを読んでいるのです。
 
これは1951年に訳されたものなので、いま読むと差別的な用語が遠慮なく使われていますし、内容的にもキリスト教的思想がベースになっているので、子供の頃に読んだものとは、だいぶ印象が違うことでしょう。
 
とはいえ、人種の違いや宗教観は米英文学を読むためには必要な基礎知識なのだと思いますね。
翻訳は吉田健一。お酒や食べ物の随筆ばかり書いてた人かと思ったら、この人の手になる翻訳書の多いこと!びっくりしました。ドナルド・キーンに褒められたくらい、美しい英語を操ったそうです。
 
 
 
 すみません(^_^;)  ここで力尽きました。
あとはタイトルのみ列記しておきます。。。
 
 
6)『巷説百物語』シリーズ 京極夏彦(角川文庫)
 
 
 
 
7)『名探偵コナン』90巻  少年サンデーコミックス
 
 

8)『古き良きアンティーク文房具の世界』たいみち(誠文堂新光社)

1476969123255.jpg 1476969123712.jpg

1476969124146.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

11月は旧栃木駅舎読書会

思いのほか参加者の多かった10月読書会のご報告がまだですが、11月のおしらせを。

というのも、下野新聞アスポさんで当読書カフェのことを取り上げてくださったので、

ブログのアクセスも増えるかなぁ、と。(^_^)


さて、蔵の街読書カフェ・11月は20日(日)開催です。
蔵の街を飛び出して、旧栃木駅舎で開催します!

1477443608740.jpg

旧栃木駅舎は栃木市総合運動公園のすぐ近くに移設されています。
地元出身の文豪として親しまれている山本有三先生の『路傍の石』にちなんだ、【吾一の鉄橋】も再現されているのです♪(注:吾一のようにぶら下がることはできません。悪しからず・笑)

http://www.kuranomachi.jp/spot/outskirts/supercar/

駅舎部分はオープンカフェのようなスペースになっていて、その奥に「スーパーカーミュージアム魔方陣」さんがあります。おもしろい構造ですが、このカフェ部分で読書会を開催させていただきます。

蔵の街読書カフェは、好きな本を1点ずつ持ち寄り(実物がなくてもOK)、紹介し合うタイプのゆるい読書会です。

ジャンルは問いません。小説、エッセイ、絵本、図鑑、漫画、雑誌などなんでも。

題名や作者がわからないけど記憶に残っている作品のことを語って、「これ知ってますか?」っていうのも有りですよ♪

いつものように出入りも見学も自由です。1オーダーお願いします。

メニューはこんな感じ。
1477447157771.jpg

屋根はありますが、お天気によってはかなり寒いです。
くれぐれも暖かい格好でお越しください!
ひざ掛け、マフラー、カイロ等ご用意いただくと安心です。

駐車場は有りますので、お車でも大丈夫。

栃木駅からバスの場合、、、
◆市街地北部循環線(東回り)
   栃木駅(北口)13:15発 ➡ 総合運動公園前 13:36着


◆真子線
   栃木駅(北口)13:28発 ➡ 総合運動公園東 13:56着


公園前バス停から12分くらい、公園東バス停からだとさらに歩きます。。。

旧駅舎前の通りは銀杏並木です。気候によっては黄葉が楽しめるかもしれませんね~(^o^)/

1477447158612.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

歌麿豆本2016 

第6回歌麿まつりの期間中イベントとして、和綴じの豆本作りワークショップを開催しました。

どうして栃木で歌麿まつりなのか。 「品川の月」「吉原の花」「深川の雪」という、とても大きな肉筆画三部作の依頼主が栃木の豪商だったということがわかっています。出生年や出生地など謎の多い歌麿ですが、栃木市では旧家から肉筆画が3点発見されていることから、寛政の改革で風紀取締まりが厳しくなるなか、栃木のパトロンを頼って当地に逗留していたのではないかと言われているのです。 そんな栃木と歌麿のつながりを、もっと皆さんに知ってもらいたいのです。
さて、お天気に恵まれた日曜日、会場の蔵の街観光館多目的ホールは、向かいの山車会館前広場からお囃子が聞こえてきて、いい感じ。

184  午前の部は子供たちが参加してくれました。

178




174





最初に、歌麿と栃木のことや、浮世絵、和本について少し説明してみましたが、小さい人たちにうまく伝わったかしら。。。今後の課題かも。 

実際の手作業は、折る、貼る、綴じる、なるべくシンプルな段取りになるよう、キットを用意しました。
193


角紙を貼るのにちょっと手こずりましたが、あきらめずに最後まで挑戦!

207_2
綴じかたも試行錯誤しながら、みんな楽しんでくれたようです。
完成品に挿絵を貼ったりスタンプを押したり、カスタマイズの時間がまた楽しい~。
余った綴じ糸でしおり紐をつけたかたもいらっしゃいました。ナイスアイデア☆

230
出来上がりに満足の笑顔♪


午後はおとなばかりで、手芸好きなかた、本が好きなかたなど、お話も弾み、楽しく手と口を(笑)動かしていただきました。

238



宇都宮からおいでくださったご夫婦も。

240




242_2
250




18日から始まる、小山市「まちかど美術館」での着物展の告知も兼ねて、着物を飾らせてもらいました。
10月の読書会は16日、15時からキャリオカさんで開催予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

歌麿まつりに和綴じの豆本。

栃木市では、毎年秋に歌麿まつりを開催しています。

なんで栃木で歌麿かというと、栃木市では歌麿の肉筆画が3点、見つかっているのです。
数年前に大作の肉筆画『深川の雪』が60数年ぶりに再発見されて話題になりましたが、
『品川の月』『吉原の花』とともに幻の三部作と言われ、栃木の豪商が依頼主とされています。
明治12年に栃木のお寺で三点揃ってお披露目された後、何人かの画商の手を経て海外へ持ち出され、
いま『月』と『花』はそれぞれ別のアメリカの美術館が、『雪』は箱根の岡田美術館が所蔵しています。


 

歌麿まつりで一番人気の催しは巴波川沿いで繰り広げられる「歌麿道中・水上絵巻」
 これは一般から出演者を募集して、花魁やカムロ、芸者などの衣装を着てもらい、
船に乗り込み、江戸から歌麿一行がやって来たという演出で、沿岸の皆様にご覧いただくのです。
歌麿や蔦屋重三郎、通用亭徳成に扮した町の顔役たちとともに
「栃木町の代官」として市長も出演したりして、かなりの力の入れようです(^-^)
今年は10月1日から10日までで、様々な関連イベントが予定されています。
そんな中、読み書き堂はここ数年、豆本づくりのワークショップで参加させていただいてます。
ことしは栃木おやこ劇場さんにお手伝いいただき、歌麿初期の「画本虫撰」を教材として、日本独自の本の作り方と歌麿にまつわるお話をちょこっとしゃべってから、みなさんで豆本作ってみましょうという趣向です。
ご興味のある方どうぞ、遊びにいらしてください。
【むかしの本を作ろう!】

◆日時  平成28年10月2日(日)
        1回目 10:30~12:00
        2回目 13:30~15:00
◆会場  とちぎ蔵の街観光館 2階 多目的ホール

◆対象  小学生以上(針と糸を使います。低学年は保護者付き添いのこと)

◆参加費 300円

◆お申し込み  氏名、年齢、人数、連絡先を、コメント投稿していただくか、
       下記アドレスあてに、メールでお知らせください。

           senrogiwano.tochey☆gmail.com
           ➡ ☆を@に変えてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

蔵の街読書カフェ・9月は11日に蔵座敷読書会

蔵の街読書カフェは、好きな本を一人1冊ずつ持ち寄り、紹介しあうという、気楽な読書会です。 栃木市の居心地のいい場所で開催しています。
9月は蔵座敷での開催です。大通り沿いの見世蔵の2階というレアなスポットでのんびり本について語り合いましょう。
 
◆日時:平成28年 9月11日(日) 午前10時~12時
◆会場:とちぎ蔵の街観光館 2階 蔵座敷
◆参加費:有料会場につき、おひとり100円いただきます。
 
今回めずらしく、午前中の開催です!
 
飲み物は各自ご持参ください。 おやつの差し入れも歓迎します☆
 
 
ちなみに9月8日の夜は宇都宮で、ギタリストの小川倫生さんのライヴに本好きが集って古本屋さんを展開します。

読み書き道は1部と2分の間でちょこっと本を読みますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

栃木・蔵の街かど古本市 開催のお知らせ!2016/5/7(土)&8(日)

栃木・蔵の街かど古本市2016開催のお知らせです


鯉のぼりが風にそよぐ街かどを、のんびり散歩しながら
個性的な店主さんとのおしゃべり、新たな本との出会いをご一緒に楽しみましょう。

20121118_037

日時:2016年 5月7日(土)・8日(日)10時~16時

会場:とちぎ山車会館前広場 (栃木市万町3-23

山車会館前広場はとちぎ蔵の街大通り沿いです。

当日は【栃木・蔵の街かど映画祭】も開催しており、

山車会館前ではフードコートも展開します。

20121118_041

☆出店者さま&お手伝いスタッフさん大募集

 

☆出店料

小さいスペース 間口1m×奥行1.5

・・・1日500円

大きいスペース 間口3m×奥行1.5

・・・1日1000円


♪ご希望の出店者様には、同時開催の「栃木・蔵の街かど映画祭」2日間見放題のチケットを

 おひとり様1枚進呈いたします。

 このチケットを提示して地元商店会の協力店をご利用いただくと、各種サービスが受けられます。

 ※詳しくは「栃木・蔵の街かど映画祭」公式HPで!

        ⇒ http://kura-movie.jp/

20121118_036

お問い合わせ、お申し込みは

tochigi.hitohako@gmail.com  

栃木・蔵の街かど古本市実行委員まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

蔵の街読書カフェ・3月のご報告と、4月読書会のお知らせ

桜のお花見も、関東付近までは一段落といったところでしょうか。
皆さんの周りはどうでしょう。
さて今月の読書会のお知らせと、3月のご報告です。

「蔵の街読書カフェ・4月読書会」
日時:平成28年 4月16日(土) 18時~20時
会場:とちぎ市民活動推進センター「くらら」 (栃木市境町19-3)
   参加費無料、見学自由。
※駐車場はありますが手狭なので、埋まってしまったら周辺駐車場をご案内します。

ひとり1冊、好きな本を持ち寄って語り合う、気楽な集まりです。
文庫本、マンガ、雑誌、絵本、写真集。本ならなんでもOKです。

~~~~~~~~
◆3月読書会のご報告(2016・3月・13日 /於・蔵の街観光館)

  ・『月の砂』イッセー尾形(徳間書店)

  イッセー尾形さんが書いた、ちょっと不思議なお話の短編集です。
  クセのある登場人物たちの会話がとっても面白い。

・『自由な自分になる』服部みれい(アスペクト)
これをご紹介くださったTさんは、とても向上心があって、こういうふうに本から自分を高める方法をいろいろと、情報収集しているそうです。いっぺんに全部は無理でも、これならできそうだな、というものを試してみるといいですね。


・『ゴリオ爺さん』バルザック(岩波文庫)

タイトルは知っていても、じつは読んだことない人が多いと思われます。
かくいう私もそうなのですが(^^;)
そんな本でも読んだ気になれるのがこの読書会の素晴らしいところ(?!でも、受け売りは要注意です)
我が身はどんなに落ちぶれようとも、子供に惨めな思いはさせたくないとか、
手の届かない場所にいたときにはくだらないと思っていたハズのことに対して、
いつの間にか野心が芽生えてしまうとか。
人間、身の程を知るって大切なんですねぇ。


・『恋文の技術』森見登美彦(ポプラ文庫)

初参加のYさんご紹介。タイトルに騙されてしまいそうですが、ラブレターのHow to本ではなく、主人公が、いろんな人に宛てて書く手紙だけで構成された物語、つまり手紙文学ですね。
片方からの手紙だけで、相手との関係性を浮かび上がらせるのはけっこう難しいと思いますが。さぁ、読みたくなってきた(笑)
手紙が重要な役目を果たす作品と言えば、『シラノ・ド・ベルジュラック』なんかも素敵ですよ。

という具合に、3月はわりと文芸色の強い読書会でした。


毎月第2木曜日は宇都宮のMusic bar lynchで、ギタリストの小川倫生さんのLiveがあります。ギターとお酒と古本の夕べ。。。
その1部と2部の間で、読み書き堂が本を紹介させていただいてます。今月は北村薫さんを読もうと思ってます。
夜遅いのですが、本好き仲間が集まって、ちょっとした古本市の様相を呈します。お近くのかた、よかったら遊びに来てみてくださいね。
5月の古本市の出展社さんもまだまだ募集中です☆
【栃木一箱古本市街道】のブログも合わせてご覧ください。
http://ameblo.jp/tochigi-hitohako/entry-12145197926.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

お知らせふたつ! 2月読書会と、今年の古本市

1月読書会のご報告がまだですが、2月読書会のお知らせ。
そして今年の古本市の開催日が決まりました!
        ☆蔵の街読書カフェ2月読書会☆  



 日時:2月22日(月) 15:00~17:00  出入り自由  参加無料
 会場:自家焙煎珈琲キャリオカ (栃木市境町21ー25)
 ♪ひとり1冊、好きな本を持ち寄って紹介しあうタイプのお気軽読書会です。
  最近読んだ小説、思い出の絵本、テスト前になると読んでしまうマンガ、
  疲れたときに眺めていやされる写真集、自分の作品が掲載された雑誌、
  などなど・・・なんでもオッケーです。
  今回は猫の日だから、猫が出てくる本でもいいですよ(^-^)
  もちろん、見学だけでも大歓迎です。 ご参加お待ちしております。


会場は当初、とちぎ市民活動推進センター「くらら」の予定でしたが、栃木市の施設への爆破予告のため臨時休業になったという連絡がありましたので、変更しました。よろしくおねがいします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、今年の古本市も、【栃木・蔵の街かど映画祭】との同時開催が
決まりました。
というわけで今回、名称を映画祭と合わせて

【栃木・蔵の街かど古本市】とします。
開催日は、2016年5月7日(土)・8日(日)の2日間。

さぁさぁみなさま、スケジュール記入をお願いします
m(_ _)m
場所はとちぎ山車会館前広場です。 その他の詳細は、
決まりしだいお知らせします。
今回もたくさんのご参加、お待ちしております☆
詳細はいましばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧