2016年10月21日 (金)

「ぬくもりの灯」着物展開催中です♪10月23日まで

20161019_171342

昭和の初期に富山でつくられた着物を、縁あって託されました。

興味のある方に見ていただければとの思いを受け、

いま、小山市のまちかど美術館で展示していただいています。

まちかど美術館さんとの橋渡しをしてくださったのが「八重桜の会」のメンバー。

栃木市で、イベントの時などに、手ぶらでも着物で街歩きを楽しめるよう、着物のレンタルと着付けをしてくれる、素敵なお姉さまがたです。

今回は、トルソーに着付けていただきました。

20161019_112342

20161019_171223

愛着のある、子供時代の着物。

帯とともに対で誂えた、娘時代の振袖。

控え目ながらも品のある柄の江戸褄。

振袖も江戸褄も、後身頃に柄がないのは、ちょっと珍しいのではないかと思います。

 

 

その頃の傾向なのか地域性なのか、そういう特注だったのか。今となってはわかりませんが、なにかご存知でしたら教えてください。

 
和の雰囲気で会場を設えたくて、栃木市内で竹の活用を通じて地域活性や住民交流の活動をしている【かぐや姫プロジェクト】の皆さんにお願いしました。
20161017193142         
 
  20161017193025
夕方いらしていただくと、
竹灯籠のやわらかい灯も味わっていただけると思います。
23日の日曜日、18時まで開館しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

めい散歩

朝ドラの主役じゃありませんよ、めいこさんは。中学の時の同級生なんです。

当時は、絵がうまくてアニメ好き、なのに(!?)アクティブでハキハキものをいう人っていう印象でした。
同じクラスになったことはなかったのですが、共通の友達がいたこともあり、好きなキャラのイラストを描いてもらった記憶があります。

卒業して何年か後に、再会したのは美術館。彼女は美術系の学校に進み、ミュージアムショップのスタッフになっていたのです。
合点がいくというか、「らしい」進路だと思いました。

わたしは画才はなかったですが、観るほうは好きでしたから、
それから彼女が送ってくれる割引チケットで、あちこちの美術館へ、たびたび足を運ぶようになりました。

ときには一緒に観に行くこともあり、そんなときは学芸員並みの生解説が楽しくって、こっちもいろいろ質問したりなんかして。
会話するうちにボリュームが上がってしまって、ちょっと静かにしてくださいと、注意されたこともありました(苦笑)

このかた、美術だけじゃなくて歴史にも造詣が深く、まぁ話していて退屈しない。どころか、勉強になるんですよ。
毎年、修学旅行と称して御母堂と歴史の舞台を巡っては、その成果を写真付きで報告してもらうのが楽しみで。
わたしにとっては知的好奇心を刺激してくれる貴重な存在です。

数年前に転職して、いまはだいぶ畑違いの仕事についてますが、そんなめいこさんと、このお正月に会いました。
わたしがぜひ、めいこさんに読んでほしいとおすすめしたのが『栃木文化への誘い』。
(連続投稿でしつこい?でも今これが自分の中でとってもアツいので、勘弁してください(^^;)

ほんのさわりだけの紹介でしたが興味を持ってくれて、ランチの後さっそく本屋に行こうというではありませんか。
すすめ甲斐があるというか、本屋冥利に尽きますね。(現役の書店員ではなくとも、一箱古本屋の端くれのつもりです!)

それから、この本に出ている円通寺古墳って知らなかったよね!ということで、現地まで歩いて行ってみることに。

言っときますがランチを食べたのは栃木の市役所新庁舎の近くで、本を買ったのは新栃木駅の近く。
そこから栃木の寺社ゾーンをぶらぶらと、金龍寺にあるのは山本有三のお墓で、満福寺には田中一村が眠っていて、なんて具合に円通寺まで、4キロくらい歩きましたか。
例の修学旅行もかなり歩くそうですが、そのために一時期は毎晩ウォーキングしていたくらいで、歩くの苦じゃない人なんです。
めいこさんと歩くと、町歩きでも展覧会を見ているときと一緒です。思いつくこと目につくこと、しゃべりながらどんどん話題が飛んだり広がったり。

気が付けば城内町。田んぼの畔のような道を歩き、円通寺の境内を横切り、「栃木農学校発祥の地」の碑を発見。その奥に手入れされた竹林がこんもりと盛り上がり、てっぺんに祠があります。
隣には公園があり、ぐるりと回ってそこへも行ってみましたが、きれいな芝生の築山に沿うように滑り台が設置されています。由来書きなどはどこにもなく、まさかこれは古墳ではないでしょうという結論に。
敷地から出てみるとその名も「円通寺前公園」(笑)。どうやらさっきの、祠のあったところが古墳らしかったです。境内地のため、比較的保存状態もいいらしい。

そこから巴波川沿いに、土手を歩きながら見た那須方面の山々は雪化粧。いい時間を過ごしました。

みなさんも友達に会うとき、お店で食べたり飲んだりしながらおしゃべりするのもいいですが、たまには腹ごなしも兼ねて、ひたすら一緒に歩きながらっていうのも、おもしろいと思います。
気が付いたら結構な距離、歩けちゃいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

金さんの父が歩いた日光道

いま読んでいる下野新聞の新書『栃木文化への誘い』がやたらめったらおもしろいんだが、

途中で調べたいことがどんどん出てきて、はかどらないことこの上ない。

 

遠山金四郎といえば、桜吹雪の金さん。

「散らせるもんなら散らして見やがれぃ」

 

あれはテレビのためにおもしろくしたフィクション

 

だけど

遠山金四郎が実在した人物であるのは確かなことで、

江戸の町奉行になった金さんの、父親もまた、

「遠山金四郎」だったって、知ってた?

 

ここら辺がむかしの名前のややこしいところ。

実名(諱-いみな-)は辞令や戸籍などの書類にのみ記すもので、

普段は通称や役職名を使ってたわけ。

ふたりは、親子で同じ通称を名乗っていたんだね。

 

諱のほうは、お奉行さまが遠山景元-かげもと-

お父上は遠山景晋-かげくに または、かげみち-

 

この金四郎景晋さんが、非常に優秀な方だったんだという話で。

40代の頃、第2回昌平坂学問所の学問吟味で237名中トップの成績を収め、将軍様から時服を拝領---ってつまり、ごほうびというか、特別ボーナスみたいなもんか?

 

その優秀さを見込まれて、1799年、蝦夷地(北海道)出張を命じられる。

当時はロシアから交易を迫られたり、アイヌ民族との間に軋轢が起こったりして、幕府は対策を講じるための調査団を派遣する必要に迫られていたんだ。

3月半ばに江戸を発ち、戻ってきたのは半年後。その旅のことを書いたのが『未曾有記』。

これ、図書館で読めたりすんのかな。いや、あったとしても原文のまま読むのは無理っぽいな。

 

金さん一行は日光道中、奥州道中を下っていったんだ。小山から宇都宮へと歩いていく途中、屋根に大谷石を使った建物を見かけて驚いたとか、帰路には日光で社寺参拝や史跡見物もしていたとか知ると、なんか親近感湧くね。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

とちぎ一箱も3回目

天高く。

昨日は素晴らしいお天気に恵まれ、、、
恵まれ過ぎて日焼けしちゃった感もありますが(*゚▽゚;)

3回目のとちぎ一箱古本市が、昨日無事に開催されました。

みなさまのおかげです。こころから、ありがとうございます!!

新たに出店してくださったプロの古書店さんや、スタッフ希望者の出現、
近隣地域から「うちでもこういう本のイベントやりたい」という声など、
回を重ねて、少しづつですが手ごたえも感じています。

運営面では、前回と勝手が違うなぁと思う部分もありました。
まちなかでイベントをやるには、いろいろ手続きとか、段取りとか、
調整が必要だったりするのです。

そもそもとちぎ一箱は、他のイベントから一緒にやらないかと
声をかけていただいて開催している形で、
3回とも、イベントの母体が違うのです。

イベントごとの実行委員会のカラーというか、個性というか、
雰囲気の違いがあるというのもわかってきました。

お客様の層も、映画祭のときとはだいぶ違っていたようで、
店主さんの中にはターゲットが的を外れてしまったという方もいらしたとか。

そういう情報を、前もって店主さんにお知らせできればよかったのかしら。

なんてことも考えたりするわけです。

そして、カフェでのトークゲスト、北尾トロさん。
前の日に、顔面から転んで負傷!?眼鏡破損!?と聞いて心配しましたが、
ちゃんと早目に来て、古本市をひととおり、じっくり見てくださってました。

お忙しい中、わざわざ栃木まで、本当にありがとうございました!

残念だったのは、16時からの花魁道中。
説明やらキャスト紹介のアナウンスが続き、
肝心の花魁が、なかなか登場しないんです(・o・;)

16時半からは、なずなさんでのトークイベント。。。
けっきょくトロさん、花魁を見ずに会場へ向かったのでした。

《本の尻尾を追いかけて》と題されたトロさんのお話は
とても楽しくて興味深くて、一時間なんてあっという間だったのですが、

いちおう司会というか進行役みたいなものをやるつもりでいたわたしは
緊張なのか前の日から寝てない脳が機能してなかったのか、
最初の挨拶もろくにできなくて、情けないやら申し訳ないやら。

もう、客席に座ってろよ自分! でした。

レポTVでもたびたび醜態をさらしてますが、しゃべるのホント苦手なんです。

えのきどさんがいてくれたらなぁ・・・

(それはそうと、えのきどさんが応援しに行った日光バックスは

19,20日とアニャンハルラに2連勝! よかったですね☆)

| | コメント (1) | トラックバック (0)