« 足利散歩(タラブックス展) | トップページ | 9年前の彼女 »

2019年6月 3日 (月)

矢板のバロックさん。

蔵の街かど古本市のひとはこ部門に出店してくれbullock booksさんに行ってきました。

 

 

ちょっと前に、お友達のまんまるマーヤさんが訪れたときのブログに、目印の写真があって、

P1030803

 

この目印のおかげで、迷わずにたどり着くことができました。

 

P1030816

 

ほんとに山の中です。大きな古民家、手入れされたお庭、そして、かわいい小屋。

 

かわいく見えるけど作りはしっかりしています。

 

P1030806

 

棚は、アート系、翻訳もの、和のもの、引っかかるものがたくさんあります。

 

入ってすぐの左側は、独自に仕入れている新刊と、店主イチオシのおすすめセレクト。

 

ワクワクします。

 

P1030809

 

バロックさんは矢板の生まれというわけではなく、ご両親がこの古民家に移住してこられたことが、きっかけだそうです。

 

もともとは新潟にあったという建物にも、バロックさんのご両親にも、ドラマがありそう。。。いつかお話伺ってみたい!

 

P1030810

 

マーヤさんのブログにはわんこが出てきたけれど、今日はにゃんこがお出迎え。みつまめちゃんというのだそうです。ちなみに読書カフェスペシャルのゲスト、牟田都子さんちのにゃんこは、しらたまちゃん。

 

 

帰りに、憧れの高塩菓子店でお抹茶いただきました。

 

P1030825

 

P1030822

 

庭で揺れていたのは、宮澤賢二作品にも出てくる「うすのしゅげ」=おきなぐさ。大好きです。

 

 

 

Img_20190520_074508

単行本の三熊野詣、装丁買い。。。

 

また積ん読が増えてしまう(笑)

 

 

|

« 足利散歩(タラブックス展) | トップページ | 9年前の彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足利散歩(タラブックス展) | トップページ | 9年前の彼女 »