« 9年前の彼女 | トップページ | 世界一と言われた映画館 »

2019年6月26日 (水)

文具、雑貨、デザイン。

ISOTの招待状が届いてたので、体調イマイチでどうしようかと思いつつ、行ってみた。

20190626_094134

初日なので、テープカットセレモニーが行われるね。これが終わらないと入場できないね。

 

TIBFが盛り上がってた頃に比べれば、賑わいはそこそこで、出展者ワッペンの人が多い印象だなぁ。

今日は本屋ではなく文具店のワッペンをもらって入場し、事前申し込みしてた伊東屋さんのセミナー「買う店舗から過ごす店舗へ」を拝聴。

 

庄野さんと話したことで、もし、自分の店をやるとしたら、っていう気分がちょっと再燃し、でもやっぱり本だけじゃ無理だよね。。。というわけで、これが参考になるならと思ったのだ。

しかしこういうセミナーに登壇する講師のかたが自分より若いということに、たじろくね。フレッシュだわ。

 

セミナーというかプレゼンというか、しっかりしたコンセプトに基づいて、パワーポイントを駆使しつつお話がすすんでゆく。

いまやモノはネットで買える。じゃぁリアル店舗の存在意義って何だ。「体験」の提供だ。ものすごくざっくりまとめるとそういうかんじ。

実物を手に取って、色や感触や使いごこちを確かめるのはもちろん、トータルコーディネートされた売り場に立ってみて、その商品がある自分の暮らしをイメージしてみたり。

名入れできたり、表紙を選べるノート、インクをブレンドできる万年筆など、自分オリジナルをそこで作れる楽しさ。

 

もはや、テーマパークなんだな。

 

そもそも、企業と個人店では規模が違うから、こんなスケールのでかいことはできるわけないんだけど、

そこでしかできない体験を、っていうのはまた別の話で。

勉強になりました。

 

 

そういえば新しくなった伊東屋さんに、まだ行ってない!

メルシーアプリがほんとに便利かどうかも含め、いろいろ体験してみたい気になったので、近いうち行ってみよう。

 

ついでに、と言ってはなんだが、無料シャトルバスで行き来できる青海会場のDESIGNTOKYOにも足をのばしてみた。

こちらはまた、多種多様な商材と人種でにぎわって、一般のお客さんっぽい人が、こっちのほうが多かったかな。

 

体調が万全ならもっと攻めたかったけど、今回はこれにて引きあげましたとさ。

|

« 9年前の彼女 | トップページ | 世界一と言われた映画館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9年前の彼女 | トップページ | 世界一と言われた映画館 »