« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月28日 (金)

世界一と言われた映画館

ちょっと前の話になりますがヒカリ座でドキュメンタリー映画見てきた。

大杉漣さんがナレーションを担当されている。それだけでもう、ああこれは間違いない作品だと思える。

20190620_073617

このタイトルを見たとき、あの映画館のことだな、と、思い出した本がある。

 

書店員時代に新刊で入荷し、やたら長いタイトルが気になって目を通した。

『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田に作った男はなぜ忘れ去られたのか』

佐藤久一という、山形の名家の長男に生まれながら後は継がず、奔放に生きた男の伝記。

彼が二十歳で支配人に就任したのが、伝説の映画館「グリーンハウス」だった。

 

かける作品の選択眼はもちろん、上映ごとに変わる大看板や、当時まだ珍しかった回転扉。

高級ファッションアイテムをそろえたショーウィンドウ、床に座ってお弁当を食べる人がいたほどゴージャスで清潔なトイレ。

ロビーには東京から仕入れたオールドビーンズのコーヒーの香り、場内は生花を飾って花の香りをただよわせる念の入れよう。

映画だけでなく音楽会も催されたという、今では信じられないような文化空間。

淀川長治氏をして「酒田の人がうらやましい」と言わしめ、東京と同時ロードショーを張るほどだったという。

 

その映画館が、酒田大火の火元になったことで人々の記憶の中に封印され、話題にすることすら暗黙のタブーとされてきた。

しかし、酒田の人々は夢のようなその場所のことを決して忘れたわけではなかった。

むしろ閉じ込めたせいで色あせることもなく、鮮やかに保存されていたのかもしれない。

 

大火から40年を経て、ようやく呪縛は効力を失いつつあるのか。

『世界一と言われた映画館』は2017年山形ドキュメンタリー映画祭で上映された、

在りし日のグリーンハウスを語る関係者の証言を集めたフィルムである。

 

久一の良き協力者でもあり、火災の第一発見者となったバーのマスター。

消火にあたった元消防職員。

作品を紹介する小冊子「グリーンニュース」のコレクションをずっと保管していた女性客。

元チケットガールによって語られる久一の人柄と、彼女が営む店に集い続けた当時の常連たち。

足しげく通った当時の高校生は、ついに酒田に劇場を作った。

その胸に熾火のようにくすぶり続けた記憶が、堰を切ってあふれた作品。

グリーンハウスが語り継がれることを、久一も淀川さんも、喜んでいるだろう。

 

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

文具、雑貨、デザイン。

ISOTの招待状が届いてたので、体調イマイチでどうしようかと思いつつ、行ってみた。

20190626_094134

初日なので、テープカットセレモニーが行われるね。これが終わらないと入場できないね。

 

TIBFが盛り上がってた頃に比べれば、賑わいはそこそこで、出展者ワッペンの人が多い印象だなぁ。

今日は本屋ではなく文具店のワッペンをもらって入場し、事前申し込みしてた伊東屋さんのセミナー「買う店舗から過ごす店舗へ」を拝聴。

 

庄野さんと話したことで、もし、自分の店をやるとしたら、っていう気分がちょっと再燃し、でもやっぱり本だけじゃ無理だよね。。。というわけで、これが参考になるならと思ったのだ。

しかしこういうセミナーに登壇する講師のかたが自分より若いということに、たじろくね。フレッシュだわ。

 

セミナーというかプレゼンというか、しっかりしたコンセプトに基づいて、パワーポイントを駆使しつつお話がすすんでゆく。

いまやモノはネットで買える。じゃぁリアル店舗の存在意義って何だ。「体験」の提供だ。ものすごくざっくりまとめるとそういうかんじ。

実物を手に取って、色や感触や使いごこちを確かめるのはもちろん、トータルコーディネートされた売り場に立ってみて、その商品がある自分の暮らしをイメージしてみたり。

名入れできたり、表紙を選べるノート、インクをブレンドできる万年筆など、自分オリジナルをそこで作れる楽しさ。

 

もはや、テーマパークなんだな。

 

そもそも、企業と個人店では規模が違うから、こんなスケールのでかいことはできるわけないんだけど、

そこでしかできない体験を、っていうのはまた別の話で。

勉強になりました。

 

 

そういえば新しくなった伊東屋さんに、まだ行ってない!

メルシーアプリがほんとに便利かどうかも含め、いろいろ体験してみたい気になったので、近いうち行ってみよう。

 

ついでに、と言ってはなんだが、無料シャトルバスで行き来できる青海会場のDESIGNTOKYOにも足をのばしてみた。

こちらはまた、多種多様な商材と人種でにぎわって、一般のお客さんっぽい人が、こっちのほうが多かったかな。

 

体調が万全ならもっと攻めたかったけど、今回はこれにて引きあげましたとさ。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

9年前の彼女

東京・田原町Readin'Writin'さんに行ってきました。

アアルトコーヒーの庄野雄治さんと、校正者の牟田都子さん、おふたりによる トークが聞きたくて。

牟田さんは、5月に大貫邸で有緒さんとお話ししていただいて、すごく楽しかったし、

庄野さんといえば、思い出の一冊があるのです。

いまでもわたしの本棚にある、『たぶん彼女は豆を挽く』です。

~~~

 

その頃わたしは書店員でした。

2010年6月17日に、この本が入荷したことを、このブログに書いています。

〈本日入荷!〉

 

あっさりした紹介ですが、入荷を待ってすぐに自分で買いました。

この本おしゃれだしかわいいし、趣味の合う人に読んでほしいな、

コーヒー屋じゃなくても自分でお店を持ちたいと思ってる人におすすめしたいな、と思ったのです。

というのも、この頃は自分がスケールスさんに本棚を置いてもらったり、古本市をやってみたりマルシェイベントに出てみたり、

いつかお店をやってる自分を想像してみたりもしていた時期だったので、庄野さんが自分の店と向き合う姿は勉強になりました。

そしてアアルトさんの豆を、注文してみたりもしましたよ。

 

あれから9年。庄野さんご本人に会えるチャンス到来!

今回は、庄野さんによる短編小説集『たとえ、ずっと、平行だとしても』発売記念だそうです。

ついに小説まで~~。

しかもReadin'Writin'で牟田さんもご一緒とあらば、いかねばなるまい☆

ということで、『たぶん彼女は豆を挽く』を抱えて浅草、田原町へ。

 

庄野さんは、ありきたりな言い方になってしまいますが自然体でした。

 

本を出すにあたって「バーコードはつけない」ことを決めて、それで売っていくにはどうするか、を考えた(結果音楽レーベルから出すことにした)というお話しは、

お店をはじめた頃のエピソードとして『たぶん彼女は豆を挽く』に書かれていたエピソードを思い出しました。それは、

~あまりにお客さんが来ないので、焙煎してからの販売期限を延ばそうかとか、新聞を置こうかとか、

思いつくのは「やりたくないこと」リストに書いてあることばかりだった~

というようなものでした。

 

なにかを始めるにあたって、これだけはやりたくない、というのを決めておくのは、ぶれないためにけっこう重要かもしれないと、あらためて思いました。

だってけっきょく庄野さんは、そのやりたくないリストにあることには手を染めずに今日まやってこられたんですから。

さらに、声を大にしておっしゃってたのは「売れてるもので、自分がこれはいいと思ったものをマネする。その時、自分らしさを出してちょっとだけ変えてみようなんて思っちゃいけない」ってこと。それをやると、がぜんダサくなっちゃうんですって。

小説も、自分が好きな作家さんの作品をマネして?書いたそうですよ。ほんとかしら。

となりで牟田さんがにこにこして、ときどき暴走しそうになるトークにブレーキをかけつつ(笑)

仲のよいお友達♪という感じでリラックスしておしゃべりしてくださったので、客席もだんだん、ほぐれていきましたね。

 

トークのあとで、新刊と、ずうずうしくも思い出の本の両方にサインをお願いしたら、「ここでこの本に会えるとは!」と、快く応じてくださいました。

すこし、お話しさせていただいたのですが、自分の店を持つこと、それで食べていくことについて、

ヒントというか心構えというか、とても力強い言葉をいただきました。ありがとうございます。

 

次の日、会場で買ったアアルトコーヒーを淹れてみました。

久しぶりに飲むアアルトブレンドはキリッと苦い、珈琲らしい味で、いくらでも飲めそうなのした。

 

 

20190616_233623

 

20190617_082902

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

矢板のバロックさん。

蔵の街かど古本市のひとはこ部門に出店してくれbullock booksさんに行ってきました。

 

 

ちょっと前に、お友達のまんまるマーヤさんが訪れたときのブログに、目印の写真があって、

P1030803

 

この目印のおかげで、迷わずにたどり着くことができました。

 

P1030816

 

ほんとに山の中です。大きな古民家、手入れされたお庭、そして、かわいい小屋。

 

かわいく見えるけど作りはしっかりしています。

 

P1030806

 

棚は、アート系、翻訳もの、和のもの、引っかかるものがたくさんあります。

 

入ってすぐの左側は、独自に仕入れている新刊と、店主イチオシのおすすめセレクト。

 

ワクワクします。

 

P1030809

 

バロックさんは矢板の生まれというわけではなく、ご両親がこの古民家に移住してこられたことが、きっかけだそうです。

 

もともとは新潟にあったという建物にも、バロックさんのご両親にも、ドラマがありそう。。。いつかお話伺ってみたい!

 

P1030810

 

マーヤさんのブログにはわんこが出てきたけれど、今日はにゃんこがお出迎え。みつまめちゃんというのだそうです。ちなみに読書カフェスペシャルのゲスト、牟田都子さんちのにゃんこは、しらたまちゃん。

 

 

帰りに、憧れの高塩菓子店でお抹茶いただきました。

 

P1030825

 

P1030822

 

庭で揺れていたのは、宮澤賢二作品にも出てくる「うすのしゅげ」=おきなぐさ。大好きです。

 

 

 

Img_20190520_074508

単行本の三熊野詣、装丁買い。。。

 

また積ん読が増えてしまう(笑)

 

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »