« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月29日 (水)

足利散歩(タラブックス展)

お友達と、タラブックス展を見に行ってきました。

タラブックスというのはインドの出版社です。

Img_20190710_192825

シルクスクリーンのハンドメイド本がヒットして世界的に有名になりました。

今回の展示で、タラブックスを立ち上げた二人の女性のことや、実際どんなふうに本が作られているかを知ることができました。

 

インドにおける子供向けの本についてや、部族ごとに伝承的な技法や独自の文様を使って描くアーティストとの取り組み、

従業員の働く環境への配慮、ハンドメイド以外の廉価な出版物など。

あらためて、本が社会や地域の文化に与える影響というものを考えさせられました。

 

なにげない街の風景や、流れ作業で淡々と本を仕立てていく様子、絵巻とともに物語を伝える歌など、動画も随所に盛り込まれて、意欲的な展示でした。

自分へのおみやげに絵本を一冊、どれにしようか迷いました。選んだのは、トラの本です。

村にトラが現れ、びっくりしてみんなで捕まえるんだけど、さてどうしよう。よし、逃がしてあげよう、そうしよう!っていうお話。(^-^)

 

美術館から、まちなかを通って足利学校へ。

途中で、古本バーでお世話になってる宇都宮のlynchのみなさんにバッタリ会いました。

松村記念館など複数ヵ所で同時展開されていた空間展示「はなうつわ」を観に来たそうです。

そういえば美術館でも栃木市在住のEさんファミリーに会いました。知り合いによく会う日(笑)

 

20190526_160910

足利学校には、初めて行きました。

江戸時代鎌倉時代、、、それよりもっと昔に、世界にその名が知られるほどの立派な学校がここにあったなんて、すごいことですよね。

近年まで図書館として使われていた建物には、改元で話題になった、明治から令和までの元号の出典とされる書物が展示されていました。

 

閉館間際の縁側(?)で、マーヤさんと並んでお庭を観ていると、ハトやスズメや、カラスが飛んできました。

そうそう、ここは、かやぶき屋根なんです。管理がたいへんだろうなあ。

20190526_162021

とても暑い日でしたが、木立の間を吹き抜けてくる風は涼しくて、日本家屋っていいなと思いました。

 

 

帰り際、ふと思いついて、屋台のカフェ・アラジンに寄りました。

こんなに明るいうちに来たことはなかったので、不思議な感じです。

次郎さんが、「さっき、豆挽いたところだよ」と、きょう最初のコーヒーを淹れてくれます。

辺りはたちまちいい香りでいっぱい。

常連さんらしいお客さんもやってきて、哲夫さんがテーブルやいすを準備しています。

 

わたしたちが「ね、いいでしょ」「いいねぇ!」とはしゃいでいると、次郎さんもゴキゲンで、

アラジンの記事が載った雑誌を見せてくれたり、俳優の松重さんが一日に二回も飲みに来てくれたことなどを話してくれました。

美術館を観てきたというと、開催中の「あしかがあーとくろす」や「CON展」のこと、お知り合いのアーティストさんのことも教えてくれました。

次郎さんは、写真家としてもお仕事してらっしゃるそうです!知らなかった!!

 

Studio_20190714_093540

絵になりますねぇ。

一緒に行ったお友達、

まんまるマーヤのブログもどうぞ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

伝建地区の可能性、あるいはゲラも見せちゃうスペシャル対談

遅くなりましたが、蔵の街かど古本市と蔵の街読書カフェスペシャルのご報告を。

1030771

ここが嘉右衛門町伝建地区で、現在栃木市地域起こし協力隊の遠藤さんがお住まいになっている大貫邸です。

住所は泉町なんですけどね。

読書カフェスペシャル対談はこちらで行われました。

 

さてそして、こちらはリディテルズアスモールライさんの軒下をお借りして、古本市の箱が並んでいるところ。

1030733

お天気がよくて、ありがたかったです。

 

ちなみに、油伝味噌さんのお座敷では、昭和期に撮影された栃木町の写真がスライドショー上映されました。

これ、貴重な記録写真です。

58729767_279576396256727_636217586204907

 

お待ちかね、真打ち登場☆川内有緒さんと牟田都子さんです。

1030772

お二人ともたいへんお忙しいなか、時間をつくって栃木までお越しくださいました。古本市の様子も見ていただき、ありがとうございます。

実際のゲラをコピー配布して、著者から編集者を経て構成・校閲へと。あるいはその逆でやり取りされた部分を、丁寧に説明してくださいました。

見世蔵の雰囲気もよくて、時の流れが染み込んだ木の空間ってそれだけで安心感があるというか、

はじめて会う人どうしでも、何となく連帯感に包まれるような気分でしたね。

 

日曜日も様々なイベントで伝建地区を盛り上げようとみんなであれこれ企画しました。

20190512_133448

同じ場所で蓄音機のミニコンサートが開かれ、着物姿の女性が籠で乗り付ける一幕も☆

 

20190512_113111

こちらは元せとものやさんの店頭で、突然はじまった「なんきんたますだれ」の妙技に道行く人々も足をとめる の図。

 

統一感があるんだかないんだか(笑)なんとなくレトロな雰囲気は味わっていただけたかな~(^_^;)

 

1030747

基本、ゆるい感じでやりたい。

今回、クリエイターさんたちが出店してくださって、皆さん面白がってくれました、つぎはもっとこうしたら、、、っていうアイデアがいろいろ湧いてるみたいです。

来年が楽しみですね。

古本市としては、わたしが書店員だったころに始まり、今回10回目だったわけです。

 

さてさて、来年はどうなりますやら。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

♪丘をのぼってー、行こうよ古本市~

タイトル、この歌わかる方いらっしゃいます?(笑)

 

♪丘をのぼってー吹こうよオカーリナ~ 

っていう歌があったんですよ。わかる人はきっと同世代(^-^)

 

さて、蔵の街かど古本市と蔵の街読書カフェスペシャルが迫っております。

何をもたもたしてるんでしょうこの人は。

 

今日も今日とていそいそと、チラシ抱えて現実逃避。「広報活動&視察」の名のもとに、笠間で行われている「丘の上古本市」 へ出向きました。

せめてもの言い訳に、車でなく電車を選び、車内でちまちまと、あおいとりに出店者様情報を打ち込んでみたりして。

 

この、丘の上の世話人さんは計画的効率的に、おたくのチラシを配るから、うちのチラシもお願いしますという方式で大量のチラシを地道に広域に綿密に撒いておられて頭が下がります。

(うちのチラシに丘の上のチラシが同封されてたのはそういうわけなのでよろしくお願いします)

 

初めておりた笠間の駅は、それでも案内の人がバス停に立っていて、バスの時間や道案内をしていました。これはたいへんよいことと思います。

栃木の駅はホントに街はずれにあって、まずどっちへ行っていいか迷うのですよ。駅舎の中に観光案内所はあるけれど、案内嬢は小窓からうまいもんマップを渡すだけだったりするんで。

 

そういえば映画祭のボランティアが陣取ってチケット販売所を置いたこともあったけれど、ここ3年くらいはそんな話も聞かない気がする。

チケット自体はネットやコンビニでも買えるようになったとはいえ、駅で案内する人はいたほうがいいなー。

 

でもホントに丘の上でしたね。いや、平地の栃木の感覚だとあれはもう山の上ですよ。錦着山より大きいでしょう。

P1000721

 


クラフト系のマルシェと飲食ブースの奥まったエリアに古本。

古本は、けっこう重厚な店構えのところが印象的ですねえ。

やはりそこは、陶炎祭と同時開催ということで焼物系の本も多いし土色な感じです。

うちのチラシを配ろうとしたら、もう店主さんたちには配布済みでした!ありがたや。

 

 

銀花を3冊買おうとして、そのうちの一冊を「あ、これは売れない。ごめんなさい間違えて出してしまった」とひっこめられてしまったのも印象深い(涙)。。。

ここまで来たけど陶炎祭は谷底のほうにあったので、眺めただけで帰ってきてしまいました。(だって、谷に降りたらまた山を登らなきゃならないじゃないですか!←根性無しっ)

P1000724

行けば買いたくなるし、今回の目的はそこじゃないし、早く帰ってやることやらないと。(ここまで来といてなに言ってんだか)

空模様も怪しくなってきたし、ちょうどいいバスがいたのをこれ幸いと帰途につきました。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »