« たくさんの人が滑ったはなし | トップページ | スペシャル対談「一冊の本ができるまで」のご案内 »

2019年3月 9日 (土)

蔵の街かど映画祭の審査員をやってます。

栃木・蔵の街かど古本市が今年で10回目というのは、年頭からあちこちで吹聴しておりますが、同時開催の「第12回栃木・蔵の街かど映画祭」の実行委員でもあります。
まちなかイベント班として、飲食部門やマルシェ部門のかたがたと、山車会館前広場のあれやこれやについて相談したり、通り沿いのお店さんにご協力をお願いして回ったりしながら、
映画祭アワード応募作品を観て採点するという役目も担っています。
 
今年はもう締め切っちゃいましたけど、市民審査員にも応募できるので、映画好きなら要チェック!(栃木市在住民限定…) 
 
10分以下の短いものもあれば1時間を超える大作もあって、完成度もさまざまですが、もしかしたらこれが、後々大監督になる人の、世に出る前の作品かもしれないと妄想してみたり。
 

1552142340781.jpg

映像作品でも本でも、面白いかどうか、心動かされるかどうかというのは、長さには関係ないものですが、気合いのこもった作品を見るのは、エネルギーをすごく使います。
そう何本も立てつづけに見られるもんじゃないです~💦
 
3月に入り、仕事も年度末に向けて事務量が半端ないので、睡眠時間が。。。
だけどもう5月へのカウントダウンは始まっているのですよ。
 
 
5月11日土曜日、嘉右衛門町伝建地区で読書カフェスペシャルトーク。
渾身の、興味津々なお話です。
古本市は2日間開催。山車会館前(前というより脇です)でおおばこ、伝建通りでひとはこを展開します。
夜は山車会館の壁面で映画を上映するそうです。
お楽しみに☆

|

« たくさんの人が滑ったはなし | トップページ | スペシャル対談「一冊の本ができるまで」のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵の街かど映画祭の審査員をやってます。:

« たくさんの人が滑ったはなし | トップページ | スペシャル対談「一冊の本ができるまで」のご案内 »