« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月26日 (月)

お座敷で 本の話に花が咲く

浅草から乗ってきたリバティを降りて、さすがにエレベーターを使おうと向かった先に、わたし以上に大きなトランクを押す人が。あれ?MOROcraftさんじゃないですか!

そういえば、昨日目黒の骨董市に出て一泊し、仕入れしてくるって、奥様からうかがっていた。
改札口を抜けたところで、しばし立ち話。わたしが今日出店した古本市のことを報告すると、「おもしろい人が集まってくるからね、東京は、たまには出てみたほうがいいよ」と。
そうなのだ。
ディープな人がそこら辺にごろごろいるのが東京のすごいところ。
古いトランクに本を詰めてえっちらおっちら、栃木から出たかいがあるというもの。
Readin' Writin' BOOKSTORE の、お座敷一箱古本市は、なごやかな中にもそれぞれこだわりが感じられる選書で、しびれましたねえ。
1545087841857.jpg
そこで繰り広げられる話題は、どっぷり本と本屋のカオスなあれこれ。
1545087842396.jpg

1545087843085.jpg   

1545087843812.jpg


1545087844553.jpg


なんといっても嬉しかったのは、何年ぶりか?で駄々猫さんに会えたこと☆

1545087841215.jpg
差し入れありがとうございます(^-^)

来年、栃木の一箱が10回目なんですよって言ったら、「細々とでも続けることが大事よ」って、励ましていただけたこと。
よーしがんばろうと思えた。
1545087845063.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの木が育ちますように

いまはとにかく胸がいっぱいです。

1544399431982.jpg
木を植える音楽キャラバンライブ@ぽたりに来ていただいたお客さま、ありがとうございました。
トチギ環境未来基地の塚本さん、植林報告ありがとうございました。たくさんのボランティアさんのちからがあってはじめて、この「木を植える音楽」の活動も成り立っているんですよね。
1544399432628.jpg

CDを買ってくださったお客さま、ありがとうございました。その1枚が本の苗木になって、ボランティアさんのもとで大切に育てられ、やがていわきの海岸に植えられます。
  1544399433044.jpg
木を植える音楽隊のみなさん。楽しい、すばらしい時間をありがとうございました。

memiさん、ヤマちゃんの作品とても素敵。木を植える空間がひとつになりました。ありがとうございました。


1544399434693.jpg


 

1544399434169.jpg

ぽたりでやれたということも大きかったと思います。
みんなでひとつの気持ちになるのに、こんなにふさわしいところはありません。

携わったみんなの気持ちがこもってる、不思議な力を感じます。
神山さん、ありがとうございました。
ゆたり出版のみなさんも、ありがとうございました。
書籍版著者の三上さん、お嬢さんの響さんと一緒に、わたねさんブースを手伝ってくださいました。ありがとうございました。
そして、マッシーさん、
フライヤーのデザインはもちろん、段取りのあれこれ、周囲への気配り、有難うございました。

マッシーさんがいなかったらここまでできなかった。真のオーガナイザー・マッシーに、感謝です。  
当日の楽屋飯、手作りのおむすびも、おいしかったです。

1544399433530.jpg

わたしもいわきに、植林作業、手伝いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

アーカイブ研修実技コースを受けてきました

職場の先輩から「紙資料の修復のための研修だから、本の活動に役立つでしょう」と勧められ、お休みをいただいて参加してきました。NWECで毎年開催され、キャンセル待ちが出るほどの人気コースだそうです。

1543426337447.jpg
NWECは武蔵嵐山駅から歩いて15分くらい。広大な敷地に宿泊等、研修等、レストランや図書館もある立派な施設です。
1543426337862.jpg
まず、紙資料が劣化する原因や、本には様々な製本の方法があり、それぞれに合った修復が必要になるということを、実物を見ながらレクチャーを受けました。

実技は、糊を一切使わず、革ひもと糸で綴じ、見返しと表紙でカバーする「コンサベーションバインディング」です。
1543426338296.jpg
ひとりひとり材料と道具が用意されていて、一工程ずつ先生のお手本を見ながらすすめていきます。

1日目は、1括8枚の本文用紙10括を、革ひも(支持体)と一緒に糸で綴じていく作業。
豆本と違って、きちんとした大きさと厚みのある本です。ワクワクしますよ。


受講生は、大学や公営の図書館、博物館の方が多かったようです。
「市民活動センターって、どんなお仕事ですか?」という、よくある質問をここでも受けましたが(笑)、ちょっと説明するとすぐ分かってくださる方が多かったです。
「ボラセンと社協と生涯学習センターを足して3で割ったような感じ?」
まあまあ外れてはいませんかね。割るというのはちょっと違うような。自分でもよく説明できません(^^;

夜は懇親会。
南は沖縄・石垣島から北は、、、栃木まで(笑)、全国各地から参加されてるんですね。

東大は学部ごとに図書館を持っていて、その数30を超えるとか、各大学の図書館事情など楽しくうかがいました。

翌日、綴じた本体を表紙でくるむ作業。糊って、虫がつく原因になるんだそうで、それを避けるために糊を使わず、小口の折り返しに切り込みを入れて接合するのです。こんなやり方があるなんて、知らなかった。

1543426339003.jpg


完成。もっときつく綴じればよかったなーと思いつつ、じわじわ嬉しい。

1543426339638.jpg

使った道具類は、目打ち以外すべて持ち帰れるというのも嬉しい。

さて、のんびりはしていられません。お昼を食べて、午後は駒込に紙資料の保存修復を手掛ける会社を見学しに行きます。

ココがまたすごかった。

1543426340234.jpg


1543426340777.jpg

様々な研究機関やアーカイブ施設からの依頼で、 資料にピッタリの箱にする段ボール(リサイクル紙が含まれているふつうの茶色いのじゃなくて、 新品のパルプから作られた特殊なもの)を、コンピューター制御で自動的に切り出す装置があったり、虫喰いだらけの和本に極薄の和紙で裏打ちを施したりという現場を見せていただきました。

1543426341382.jpg


1543426342086.jpg


貴重な経験、ありがとうございました!

ここで一番大きいプレス機。かあっこいい~!

1543426342714.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

気を遣う?奇を衒う?いえいえ、木を植える音楽です。

栃木は秋まつりも終わって、ぐんと寒くなりました。
 
みなさま風邪などひいていませんか?
あれよあれよという間に、開催が迫ってきました。
ぽたりでの木を植えるライブ、あと一週間です。 
先日、studio bacoさんで最終ミーティングしてきました。こう言ってはなんですが、楽しい打ち合わせでしたねぇ。

今回ゲスト参加の牛山すすむさんと木を植える音楽のみなさんとの、出会いの思い出話などもうかがいつつ、和やかに、アーティストさんの登場順や必要機材、セッティングを確認。
1542381630222.jpg
11月23日、ひとりでも多くの方に、いい時間を過ごしていただけますように。 
1542381631622.jpg
書籍版『木を植える音楽』の販売もあります。
CDができるまでの様々なエピソードや、アーティストさんひとりひとりの、曲に込めた思いが伝わってきます。
1542381633949.jpg
これは昨年のパーラートチギでの展示のようす。 このとき多くのかたから、是非ライブを、というお声をいただいて、今回それが実現することになりました。 ありがとうございます。



https://kiwoueruongaku2treecafe.jimdo.com/news-event/
16時から19時という時間帯です。
 
倉本さんの「わたね」が出店されますので、飲んだり食べたりしながら
 
ゆったりと音楽をお楽しみください☆
あらためまして、「木を植える音楽」は、
 
津波被害を受けた海岸林の再生活動を支援しています。
 
CDの売り上げは「苗木 for いわきプロジェクト」を通じて、
 
1枚につき10本のクロマツの苗木が植えられます。
 
 
1542381632502.jpg

白砂青松の風景が復活することを願って。

みなさまのお越しをお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

祝・オリオン☆第10回

宇都宮の、オリオン☆一箱古本市が10回目の開催!おめでとうございます

            1541510431062.jpg

書店員時代からお世話になってます、事務局のSさん、いつも声かけていただいて、ありがとうございます。

毎回欠かさず出ていたわけではないですが、この数年ここだけは続けてエントリーしてきました。
いつのまにか宇都宮は、lynchさんの古本バーや、かまがわ文庫さんのツキイチトショカンなど、ひとつきに何度も訪れる街になっています。
 
きょうは出遅れたので、近くの駐車場はすっかり埋まってます。ダコーブックスさんとギャラリーアールさんの車が、いいところに停めてあるのを横目で見ながら荷降ろし。
 
ちょっと欲張りすぎたかなー。去年よりだいぶたくさん持ってきてしまいました。こないだ富士見町で1軒まるごとやらせていただいた余韻が(笑)

1541510432292.jpg

7月に長野でお見かけした波平書林さんや、蔵の街かど古本市でもおなじみの、ニッパー堂さんやソラリスブックスさんもいらしてます。
5月にはサプライズで蔵の街かどに出てくださったRAINBOWBOOKSさん。あの日は天気よくないなか、ありがとうございました。
ひかり堂さんは、いつもご家族が仲良くて、並べた絵本からもハッピーなオーラが漂います。
アイアンに厚板の渋いシェルフがそびえ立ち、Tシャツなども並んでいてかっこいSATELLITE CITY BOOKS UTSUNOMIYAさんという初登場のお店。 あとでSさんに紹介していただきましたら、書籍担当と雑貨担当と最強の売り子という3名のチームだそうで、なにやらムーブメントがおこりそうな予感。
 
さて、おとなり区画のコトナ書房さんはコートにマフラーがダンディ。みちくさ市にも出てらっしゃるそうで、そう聞いて去年もいらしてたこと、思い出しました(^^ゞ
気配を消すのがお上手で、コトナさんの本を手にしたお客さまがたびたびこちらに声かけられるんです。 はぁうらやましいくらい盛況でしたね~。
ダコーさんが、山形から来られている月歩堂さんを紹介してくださいました。
 山形にも来てくださいって、わ~☆ そう言われると行ってみたい!
だけどけっきょくいつも、売れるより買ってしまう。 本で商売なんてわたしにはムリですなぁ~😝


うれしかったのは、笠間の、丘の上の古本市さんが立ち寄ってくださったことです。

 
こういう各地の古本市が、広域で本の周りをにぎやかにしていきたいというお話が聞けて、わくわくしてきました。
人が、街が、本でつながっていく。そのためにも、続けていくって大事ですよね。
 
 
蔵の街かども頑張ろう、と思えました。
 

1541510433122.jpg
ちゃっかり、来週のとちぎ秋まつりと、そのあとの「木を植える音楽」も宣伝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

11月のあれとこれをお知らせ

ふーけゆくー、あーきのよー。

おはようございます、今朝も冷え込みました。

お住まいの地域の木々の色づき具合はいかがでしょう。
栃木市の、街なかはまだまだこれからですね。こないだ日光にアイスホッケー観戦に行ったときは、ほどほどの色づきでなかなかの混雑ぶりでした。
1541242683840.jpg
電車で行き、『熊の敷石』読了しました。モンテレッジオもあとすこし。
さぁ!今月の読み書き堂は?
**********
4日(日) 11:00~16:00
     宇都宮 「オリオン☆一箱古本市」
8日(木) 22:00~
     宇都宮 music bar lynch 「小川倫生ライブと古本バー」
25日(日) 12:00~18:00
      東京・田原町 Readin' Writin' 「お座敷一箱古本市」
28日(水) 14:00~15:30
      栃木 mount sugar 「蔵の街読書カフェ」
***********************
仕事そっちのけと言っては怒られます、気合い入れてどちらもがんばります。
まちで人が本に出会い、人とつながるお手伝いができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »