« 長距離ドライバー | トップページ | 週末、益子へ。 »

2018年6月30日 (土)

6月読書カフェの様子をお知らせします

6月読書会のご報告

ひさびさの、くららでの開催でした。

とちぎ市民活動推進センターくらら。この、交流コーナーは誰でもいていいところです。

高校生が勉強してたり、近所のおじさんが新聞読んでたり(下野新聞常備!)、日本語の個人レッスンしてたり、

近隣のイベントチラシや助成金情報、行政のお知らせも置いてあるので、情報収集ポイントです。

えーさて、定刻ギリギリに駆けつけましたら常連のアールさんがおひとり。

あら、今月はサシですか?

と思ったら、時間ピッタリにワラワラと人が増えまして(笑)
 
初めましてのかたがおふたりも!!(狂喜)


1530836020242.jpg


というわけで今月の紹介本はこんなかんじ~です。

①『だむのおじさん』かこさとし著

1530836021421.jpg


5月2日に亡くなったかこさとしさんを偲んで。市内で絵本館を運営する郡司さんのこともあらためてご紹介させていただきました。伝え継いでいくことの大切さを感じます。
 
②『金田一耕助完全読本』別冊宝島
1530836022353.jpg

ミステリの伝道者、月形星之介さんのご紹介。日本を代表する名探偵といえばこの人じゃないでしょうか。
金田一と聞いてどの俳優さんを連想するかで世代がわかるとか、楽しい広がりもあるトピック。この本には金田一を演じた役者一覧のページがあり、特番で一度だけとか意外な人が載ってたりするのも楽しい。

③『子どもの心の育て方』佐々木正美著
本なしでご紹介くださいました。お子さんはいらっしゃらないそうですが、とても説得力ありました。目次を読んで興味深かったので読んだら大当たりだったと。過保護と過干渉の違い、わかりますか?
 
④『ノートル=ダム・ド・パリ』(ヴィクトル・ユゴー文学館)

1530921980421.jpg

人生を変えた本。重厚で、装丁もかっこいい。もともと本はあまり読む方ではなかったそうで、ディズニー映画「ノートルダムの鐘」に感動して、原作を読みたいと、図書館で借りて読み、そこでまた大感動して、自分のものがほしくなり、ハードカバー500ページ越えの大部を購入!
しかもそこで終らない。。。なんと、フランスを訪れる機会を得て、実際にノートルダム寺院まで足を運んだというから素晴らしい☆

⑤『海辺のカフカ』村上春樹著

1530921981247.jpg

こちらも初参加の方の、人生を変えた本、というか作家。
村上作品との出会いは国語の教科書だそうです。時代が、わたしの頃と時代が違う(^_^;)
それでハマって、かたっぱしから読んだと。そして村上さんを信奉する作家さんと知り合いになり、その方のクラスのある学校へ進学を決めたというのですから、やはりすごい影響力ですよね。
人によって好き嫌いがはっきり分かれる、あるいは好きと言いつつ作品によっては受け付けないものがある、それも独特かなぁ。

 
⑥『女神信仰と日本神話』吉田敦彦著
 1530921980804.jpg

そして時空は一気に神話の世界へ。
埴輪などの出土物と神話の関係がよくわかるそうです。
不思議に思えるかたちにどんな意味が込められているのか、興味深いですね。


⑦『JACKETS REQUIRED』スティーブン・ヘラ―
アメリカン・ブック・ジャケット・デザインのイラストレーション・ヒストリー1920-1950
1530977940186.jpg

これまた楽しい美しい、本の表紙画集。1920年というと、もう100年くらい前ということになりますが、こういうの見てると、100年先も紙の本は絶対、無くならないと思います。


わいわい楽しい読書カフェでした。

7月は、18日(水)14時~ 栃木図書館で行います(^-^)☆

|

« 長距離ドライバー | トップページ | 週末、益子へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月読書カフェの様子をお知らせします:

« 長距離ドライバー | トップページ | 週末、益子へ。 »