« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

やっと振り返る。

栃木・蔵の街かど古本市2018、そして蔵の街読書カフェスペシャルにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。
P1000550 P1000548 20180512_102151
20180512_102309
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土曜日はいい天気で、フードコートやイベントステージ、マルシェもにぎわっていました。
日曜日は、朝のうちはだいじょうぶかなと思っていたのですが、店主さんたちが店開きした10時ごろから降り出し、いちどは上がったものの、昼過ぎから本降りとなってしまいました。  
 
 
 
 

https://ameblo.jp/tochigi-hitohako/

 

 

北尾トロさんと小堀ダイスケさんの猟師トーク、みなさんおもしろかったと大好評☆

 

P568 P1000560

 

 

 

 

 

 

 

 トロさんの猟師本も、長野から信濃毎日新聞社の担当さんがいらして特価販売!

 

P1000565 

 

 

 

 

 

おふたりが執筆されている雑誌「狩猟生活」(地球丸)の編集長さんもきてくださってました。

 

 古本市出店者のニッパー堂さんが、なんと小堀さんの小学校時代の同級生だったり、奇遇エピソードも披露され、トークおおいに盛り上がりました~。

 

 

P1000555

 

 

 

 

 

 

 古本市の一角では、昨年から取り組んでいる、本を通じた世代交流プロジェクト「ブック∞リング」のブースも展開し、寄贈本の展示と、活版を使ったメッセージカードのワークショッ プも楽しんでいただきました。 

 

20180512_112513日曜日が母の日だったので、映画祭のボランティアに来ていた男子高校生たちが、お母さんに向けたメッセージカードを。。。

奥でピースしているのが、彼らの母世代のかたがたかな(笑)

 

 

 実際のお母さんたちは、母の日に息子さんから本を贈られたら、びっくりするでしょうねぇ。

 

他にも、この日は映画祭で日本語字幕がついたり音声ガイドアプリに対応した作品も上映されていて、耳の聞こえない方がボランティアスタッフとして来ていて、このブースに立ち寄ってくださったケースもありました。

わたしたちもブックリングのシステムを筆談で説明したり、自分の名前を指文字で教わったりしました。

 

ハンディキャップのあるなしにかかわらず、映画や本を楽しみながらコミュニケーションが取れるというのは、とてもいいことだと感じましたよ。

 

そして、プレゼントに本を贈りあうというのは、もっと広まってもいいと思います。

 

 読む読まないは別にして、絵本とか写真集とか飾っておけるものもあるし。

 

 コミュニケーションのひとつとして、アリなんじゃないかなぁ。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

蔵の街かど古本市2018

あっという間に、もう明日というか、今日になってしまいました。
 
蔵の街かど古本市(2日間)と、読書カフェスペシャル(13日)を、開催します。
 
 
蔵の街かど映画祭の当日パンフレット、まちなかイベントに載せていただいてます。
 
あちこちのお店にも置いていただいてます。
マウントシュガーさん、
カフェバザールさん、
スケールスデパートメントさん、
茶房 帰去来さん、
悟理道珈琲工房さん、
陶珈紗さん、
パーラートチギさん、
カフェHANAさん、
自家焙煎キャリオカさん、
舟見茶屋さん、
うさぎ食堂さん、
MOROcraftさん、
BOOK&CAFE NAZNAさん、
キャリオカ栃木駅前店さん、
栃木市民活動推進センターくららさん。
 
 
 
ありがとうございます。
 
 
時間が合わなかったりして回れなかったお店さんもありまして、、、申し訳ございません。
 
 
 
 
準備不足は否めませんが、楽しんでいただけるよう努めます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

いつかその日はやってきて、そして二度とは戻らない

ひとり暮らしになりました。

進学とか就職とか転勤とか独立とか、ではなく。

うちは親子三人だったんですけどね。

5年前に母が亡くなり、先日父が亡くなったので、必然的にひとりになったということです。

若い頃、ひとり暮らしにあこがれた時期もありましたが、

学生のそれとは根本的に違いますね。。。

母のときもそうでしたが、父もとても穏やかな、きれいな顔でした。

「若返ったんじゃない?」と言ってくださった方もいました。

母が亡くなった後、急に老けこみましたからねえ。

でも、89歳です。よく頑張ったと思います。

みなさんに褒めていただいて嬉しい半面、自分はこんな最期を迎えられるのだろうかと、不安になってみたり。

それにしても、家の中の散らかり具合がひどい。

介護中はあらゆる家事が手抜きだったので、、、というのは言い訳ですね。

少しずつ片付けますよ。

なんか、果てしない道のりだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »