« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月16日 (木)

11月は陶珈紗で読書会~蔵の街読書カフェ2017

めっきり寒くなってきました。
 

南国生まれで寒いのは苦手なのですが、アイスホッケー(日光アイスバックス)観戦という楽しみができて、なんだかワクワクしています。
 
さて、本の話。
 
蔵の街読書カフェは、栃木市内の居心地のいい場所を求めて、ほぼ毎月開催しています。
ひとり1冊お好きな本を持ち寄って紹介しあう、ゆるいかんじの読書会です。
 
 
 
開催まで、あと一週間しかないですが(^_^;)
 

☆日付  11月23日(木祝)勤労感謝の日
 
  時間  17時から19時
 
  会場  陶珈紗 (栃木市倭町5-17)
 
  今回は、スペースをお借りするので参加費おひとり100円お願いします。

♪寒くない格好でお越しください。
♪駐車場は、陶珈紗向かって右隣「カシワヤ」さんの脇道を50メートルくらい進んだところ(左側)に5台分。もし、いっぱいだったら蔵の街第一駐車場をご利用ください。
♪おやつの差し入れ歓迎(^O^)/

 
 

さて、10月後半から、ブック∞リング、歌麿豆本、そしてオリオン☆一箱古本市と、本のイベントが相次ぎました。
 
寄贈本の展示会場だった蔵の街観光館の2階で開催した10月読書会は、参加者5名。
 
画像だと読み聞かせやってるみたいに見えますね(笑) 
 
これは、Iさんがエドワード・ゴーリー展の図録を紹介されているところです。
 
  20171029_102510
 
 
ところで今月の読書会ですが、陶珈紗さんでの開催となります。
ぽたりではありませんよ☆1階です。
 
ヨロヅヤさんが「お手紙書くよ」を開催されたり、高校生合同文化祭ではかき氷屋さんになったり、先日もヨシ紙のワークショップが行われたりと、大活躍のスペースです。
曲面のウィンドウ越しに外からも見えて素敵なんですよね~!(^^)!
 

この時期17時からというと、もう暗くなっているので、外から見ると「なにやってるんだろう?」って感じになると思います。
 
楽しそうに見えるといいなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

パーラートチギで『木を植える音楽』展を開催します。 (2017/11/11~12/12)

「木を植える音楽」を、ご存知ですか?
 

 
 最初は3年前になるでしょうか、小川さんが出演されるというので【大谷石夢あかりコンサート】を聴きに行き、素敵な取り組みだなと思ったのももちろんですが、なにより和気あいあいとしたコンサートの雰囲気がとっても良くて。その場でCDを買いました。
 
 
CDを1枚買うと、2011年の津波の影響で、松が枯れ続けている福島県いわき市の海岸に、10本のクロマツの苗木が植えられます。

この海岸林は、何百年も前に、人の手でこつこつと植えられたもので、景観が素晴らしいだけでなく、押し寄せる津波の勢いを弱め、曳き波にさらわれる多くの命を救いました。 

そんな大切な松林が、海水を浴びたためにどんどん枯れているのです。
またいつ来るかわからない〈そのとき〉のために、またこつこつと松を植え続けようと、地元の人たちは立ち上がりました。
 
 
 
自分たちにもなにかできることがあるのではないか。
というより、なにかせずにはいられなかった。 
 
 
宇都宮の2tree cafe(現在は2tree open house)オーナーの倉本さんの呼びかけで、
アコースティックギタリスト小川倫生さんをはじめ、縁ある11組のアーティストが、このプロジェクトのために曲を書き下ろしました。

2014年にCDが完成すると、メンバーたちはキャラバンを組んでライブをおこない、現地での植林植林作業にも参加して、この活動をPRしてきました。


「木を植える音楽」twitter  https://twitter.com/kiwoueru2tree
 
そして2017年。
 
 
『木を植える音楽』が本になりました。
 
 
読める『木を植える音楽』を紡いだのは、
 
あこがれの移動古本屋Trunkbooksの三上美保子さん。
 
 
三上さんはフリーライターでもあり、ウェブマガジン「ゆたり」での連載が書籍化されたのです。
 
丁寧な取材と文章で、このプロジェクトの背景や、関わる人々それぞれのつながりや思い、CDの完成までと、その後の広がりも感じられる1冊になっています。

  
 
この【木を植える音楽】CDと書籍を、11月11日から、12月12日まで、パーラートチギの図書室で展示、販売します。
 
P1000532_2
 
より多くの人がこの取り組みを知り、いわきの海岸のうつくしい松林がまもられますように。
 
 
2tree cafeに集うミュージシャンたちが紡いだ音色は
みんなの心をつないで、
いわきの海岸林へと、その思いを届け続けています。
 
 
 
 
どうぞ手にとってご覧ください。
耳を澄ますと、聴こえてきますよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

明日はオリオン☆一箱古本市2017

まず報告から。

 
きょうは歌麿まつりの豆本作りでした。
 
五歳児からシニアエイジまで、たくさんのかたが体験してくださいました。
 
浮世絵(版画)や和本について、歌麿のこと、栃木との関係などを紹介。
 
今年の図版は『百千鳥狂歌合』(ももちどりきょうかあわせ)にしました。
 

 
さて、明日はいよいよ宇都宮、オリオン通りの一箱古本市です。

今年は久しぶりにレインボーブックスさんもいらっしゃるというし、

おなじみさんやら新顔さんにお会いできるのが楽しみです☆

                                      

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

ドタバタの秋

こんなタイトルじゃ誰もクリックしてくれないよ。

って言われそうですが、振り返ってひとことで、と言われればこれしかないってくらいのドタバタっぷり。
 
さて 
 
レポTVご覧いただけましたでしょうか。 
 
 
トロさんとえのきどさんに挟まれておこがましくもセンターで、ポカンとしておりますm(_ _)m
 
 
告知させていただいた諸々のうち、ブック∞リングと10月読書会は終了しました。
 
ふと思ったのですよ。 読み書き堂に関して、ここ(ココログの読み書き堂ブログ)でだけ、情報を得ている方がいらっしゃるとしたら、、、
 
いや、数は少ないにしても、いらっしゃらないとは限らないとも思うので、、、
 
 
なんのこっちゃですよね。
 
 
あっ、いま、電話はガラケーですとか家でテレビは見ないとか説明しそうになってすごく長くなりそうなので、それ書いちゃうと本題に入れないと思ったのでやめます。
 
 
本の話、本にまつわる読み書き堂の活動のことをお伝えしなければならんのです。
 
 
というわけで、レポTV出演を機に、読み書き堂の活動をざっくりご紹介したわけです。
 
いままで、リンク貼ったりしてなかったんですよねー。
 
こことSNSがつながっちゃうのもどうなんだろうと思う気持ち無きにしも非ずですが、
 
 
 
 ブック∞リングについては、こちらをご覧ください。
  ↓  ↓  ↓
 
 
 
 そして、10月の読書会の様子。。。
 
20171028_132119 
蔵の街観光館、これまでにも見世蔵の上の蔵座敷は何度か使わせていただきましたが、
今回はずっと奥の方の蔵の二階です。窓もなくて、ほんとに蔵らしい場所でした。
 
 
 
20171029_104032
20171029_104746
20171029_104802
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 紹介本は
 
 
『愛をみつけたウサギ』 ケイト・ディカミロ
『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』
『富士日記』武田百合子
 
 
今回は書名のみでスミマセン。
 
 
11月3日には蔵の街観光館多目的ホールで、和綴じの豆本作り体験をやります。
 
207Kyoudaimamehon Photo Photo_2  
 
 
画像は去年の様子です。
遊びに来てくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »