« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月22日 (日)

レポTVで全部言う!

台風が近づいていますから、くれぐれもお気を付け下さい。

 
 
さて、読み書き堂はみなさまにお知らせがいっぱいありまして。
 
そんなあれやこれやをいっぺんにお伝えすべく(?)
 
こんどの火曜、10/24ひさびさ「レポTV」に、出演させていただきます♪

 https://www.youtube.com/watch?v=5BoD7zqfJrk

 
 
レポTVといえば、伝説のノンフィクション雑誌『季刊レポ』のPRのためのネット配信番組でして。
 
栃木の本イベントにも何度か来ていただいた、北尾トロさん、えのきどいちろうさんがメインパーソナリティーです。
 
本誌終刊後も引き続き、執筆陣の近況報告など、現在は月刊放送となっております。
 
わたしが前回出演させていただいたのは去年の4月。西荻の、トロさんの事務所で最後の放送となった回です。あーなつかしい。
 
そしてやっぱり今回も生放送なので、うっかりしてると言いたいこと全部言えずに終わっちゃう可能性が大なのです。
 
 
目標、「全部言う」!
 
 
 
ということで、あらかじめここで告知事項をまとめておきます。ニュースのヘッドラインみたい?
 
 
 
 
0001_1 0001
 
 
② 29日の午前中は、ブックリングのメイン会場で 「蔵の街読書カフェ」を開催します☆
 
 
 
③ その2日間、栃木はふるさと祭り。そして歌麿まつりが11/5まで継続中。歌麿道中は28日予定
Utamaro_furusato
 
 
④ 歌麿まつりの期間中イベント、11/3に【豆本作り体験】いかがですか♪
 
 
⑤ 11/4宇都宮の「オリオン☆一箱古本市」に出ます。
 
⑥ 11/9はlynchの古本バーです→宇都宮での活動。
 
 
 
 
 
 
 ちょっとよくばりすぎかしら。。。(^^ゞ

ご覧のみなさまも、気になるイベントがあったら是非どうぞ!
 
質問やお問い合わせもお寄せくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

音に親しむ秋2017

芸術の秋~!(^^)!

ひさびさに、ホールで音楽聴いてきました。ふたつ。どどん。

20170926_231053
ひとつめはこれ、ジョルディ・サヴァール・トリオです。
わたしの知ってるケルト音楽といったら小川倫生さんや安生正人さんの奏するアイリッシュやスコティッシュ。
オキャロランの名前は存じあげておりますが、そのくらいのものでして。

ケルト音楽にもクラシック的なものがあるのでしょうか。
予備知識はなにもなく、たまたま見つけたチラシを頼りにはるばる水戸までやってきました。
薄暗い中でスポットライトに浮かび上がる三つの楽器のおごそかな響き。
ちっさいチェロみたいなヴィオール。ケルティックハープと、プサルテリ。
そして音階のある太鼓バウロン。バチさばきが見事。
小さい音もきちんと聞こえる、音響が、素晴らしくいいホールだというのが、素人のわたしにもわかるレベル。
スミマセン表現が貧相で。
 
ああそれにしても、みなさんシーンとして聴いてらっしゃる。うずうず。
ジグでも足踏みとかしちゃいけないのかしら、こういうところではやっぱり。
 
あんまり素敵なのでつい、サイン会まで残ってしまった。
 
時刻表に22時台が一本あったからだいじょうぶと思ってたのに、
駅で確認したら下館どまりだっ!栃木まで帰れない(・.・;)ガーン
 
つくばにいる高校時代の同級生に助けを求めました(^^ゞ持つべきものは友☆
 
 
 
ふたつめはこちら。
20170926_231700
ツキイチトショカンで知り合った小高センセイのリサイタル!

lynchの古本バーでも風花野文庫さんと「アルパ歌の会」として美声を披露してくださってますが、
初めてちゃんとした広い空間で拝聴しました。
客席が、ほぼ満席っていうのにもびっくりだし、
難しい発音のドイツの歌曲をさらりと歌いこなしていらっしゃって、さすがプロというか。
 
いや失礼ですよねごめんなさい。
 
でもそれくらい、いつも気さくな方なのですよ。
 
今回はみなさんが聞いたことないだろうという曲を選びました、というプログラム。
曲紹介では「秋なのに、春の曲です」なんてお茶目なコメントもあり、そういうところも人気の秘訣なのでしょう。
 
アンコールのあと、鳴りやまない拍手にもう一曲、歌ってくださいました。
 
これが、あ、にほんごの歌、と思った瞬間ぶわわわーっと、なぜだか涙があふれてきて。自分でもびっくり。
そしたら周りでもハンカチ取り出す人が続々と、どういうことなんでしょうあれは。魔法にかかったみたいでした。
琴線に触れる歌声。。。史子マジック☆
 
 
というわけでー。9月に行ったふたつの音楽鑑賞レビュでした。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

9月読書会のご報告

濃い読書カフェでした。

まあとにかく見ていただきましょ~!
 
 
①『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』
 
 こちらを紹介してくださったのはプロの骨董屋さん。
表紙はもちろん中の写真も素敵にスタイリングされています。内容も、取材時の相場価格が掲載されていて、教科書的に使える!とお墨付き。このあとうちわやら楽譜やらなんやらいろいろ見せてくれます。

20170923_173026
 
 
 
②『本棚探偵の生還』 喜国雅彦 著(双葉文庫)
 
 以前にも来てくださった、SFやミステリに詳しい☆さん。
著者の喜田雅彦は、漫画家としてデビューしたそうです。この本はミステリにまつわるエッセイ。
 

20170923_171900
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
③『ロボット・イン・ザ・ガーデン』 デボラ・インストール 著(小学館文庫)
 
 これまでも、話の流れで口の端にのぼったことはあったのですが、きちんと紹介するのは初めてです。
34歳で結婚もしているのに無職で引きこもっちゃってる主人公の家に、ある日、壊れかけの旧式ロボットが迷い込んできます。そいつをなんとか修理しようと、製造元を探してアメリカを旅するというお話。
エキサイティング且つハートウォームな作品で、中学生くらいから読めると思います。
 
 20170923_183518      
 
 
 
 





その他
 20170923_180825
 
 20170923_174648
 
20170923_174844



素敵な本とエピソード、栃木市にゆかりある品、
楽しませていただきました。
ご参加のみなさまありがとうございました!
また気が向いたらふらりと訪れてくださいませ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »