« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月26日 (水)

11月は旧栃木駅舎読書会

思いのほか参加者の多かった10月読書会のご報告がまだですが、11月のおしらせを。

というのも、下野新聞アスポさんで当読書カフェのことを取り上げてくださったので、

ブログのアクセスも増えるかなぁ、と。(^_^)


さて、蔵の街読書カフェ・11月は20日(日)開催です。
蔵の街を飛び出して、旧栃木駅舎で開催します!

1477443608740.jpg

旧栃木駅舎は栃木市総合運動公園のすぐ近くに移設されています。
地元出身の文豪として親しまれている山本有三先生の『路傍の石』にちなんだ、【吾一の鉄橋】も再現されているのです♪(注:吾一のようにぶら下がることはできません。悪しからず・笑)

http://www.kuranomachi.jp/spot/outskirts/supercar/

駅舎部分はオープンカフェのようなスペースになっていて、その奥に「スーパーカーミュージアム魔方陣」さんがあります。おもしろい構造ですが、このカフェ部分で読書会を開催させていただきます。

蔵の街読書カフェは、好きな本を1点ずつ持ち寄り(実物がなくてもOK)、紹介し合うタイプのゆるい読書会です。

ジャンルは問いません。小説、エッセイ、絵本、図鑑、漫画、雑誌などなんでも。

題名や作者がわからないけど記憶に残っている作品のことを語って、「これ知ってますか?」っていうのも有りですよ♪

いつものように出入りも見学も自由です。1オーダーお願いします。

メニューはこんな感じ。
1477447157771.jpg

屋根はありますが、お天気によってはかなり寒いです。
くれぐれも暖かい格好でお越しください!
ひざ掛け、マフラー、カイロ等ご用意いただくと安心です。

駐車場は有りますので、お車でも大丈夫。

栃木駅からバスの場合、、、
◆市街地北部循環線(東回り)
   栃木駅(北口)13:15発 ➡ 総合運動公園前 13:36着


◆真子線
   栃木駅(北口)13:28発 ➡ 総合運動公園東 13:56着


公園前バス停から12分くらい、公園東バス停からだとさらに歩きます。。。

旧駅舎前の通りは銀杏並木です。気候によっては黄葉が楽しめるかもしれませんね~(^o^)/

1477447158612.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

「ぬくもりの灯」着物展開催中です♪10月23日まで

20161019_171342

昭和の初期に富山でつくられた着物を、縁あって託されました。

興味のある方に見ていただければとの思いを受け、

いま、小山市のまちかど美術館で展示していただいています。

まちかど美術館さんとの橋渡しをしてくださったのが「八重桜の会」のメンバー。

栃木市で、イベントの時などに、手ぶらでも着物で街歩きを楽しめるよう、着物のレンタルと着付けをしてくれる、素敵なお姉さまがたです。

今回は、トルソーに着付けていただきました。

20161019_112342

20161019_171223

愛着のある、子供時代の着物。

帯とともに対で誂えた、娘時代の振袖。

控え目ながらも品のある柄の江戸褄。

振袖も江戸褄も、後身頃に柄がないのは、ちょっと珍しいのではないかと思います。

 

 

その頃の傾向なのか地域性なのか、そういう特注だったのか。今となってはわかりませんが、なにかご存知でしたら教えてください。

 
和の雰囲気で会場を設えたくて、栃木市内で竹の活用を通じて地域活性や住民交流の活動をしている【かぐや姫プロジェクト】の皆さんにお願いしました。
20161017193142         
 
  20161017193025
夕方いらしていただくと、
竹灯籠のやわらかい灯も味わっていただけると思います。
23日の日曜日、18時まで開館しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

10月読書カフェと着物展のご案内

読書の秋!あなたのお気に入りの本を教えてください。

蔵の街読書カフェは、好きな本をひとり1冊ずつ持ち寄り、紹介し合うという、ゆるい感じでやってる本好きの集いです。一見さん大歓迎。

今月の読書会は16日、栃木駅前の花屋の2階。交差点の角で眺めのいい喫茶店「自家焙煎珈琲キャリオカ」さんにて、15時から開催予定です☆
見学のみでも参加可ですが、おひとり1オーダーお願いします。


そして個人的に、縁あって着物展を開催することになった読み書き堂。
昭和初期に富山で作られた古い着物をですね、小山市のまちかど美術館さんで展示していただくのです。

「時を超えて伝えたい ぬくもりの灯」
平成28年10月18日(火)~ 23日(日)


1476201013303.jpg


和の素材として着物と相性のいい竹を使って展示しては、という案が持ち上がり、ならば地元の仲間たちが取り組んでいる「かぐや姫プロジェクト」の活動もご紹介したくて、
気がつけばたくさんの人を巻き込んでしまいました。


1476201014210.jpg
竹取りに、オブジェ作成にと協力してくれたみなさん、ほんとうにありがとう。

1476196252836.jpg
会場を飾る竹灯籠。
陽が落ちるのが早くなったので、夕方ご来場いただくと、揺らめく灯をお楽しみいただける、かも?

1476196253388.jpg
そして、まちかど美術館さんとのご縁を結んでくださったのが「八重桜の会」さん。

栃木市内の大きなイベントのときには「蔵の街を着物で歩き隊!」として着物のレンタルと着付けで、
手ぶらで来ても着物姿で街あるきを楽しませてくれる、素敵なお姉さまがたなのです。

今回展示する着物を、ひとつだけトルソーに着付けていただきます。
古い着物は脆くなっていることもあり、人体とちがって柔軟性のないトルソーに着付けるのはなかなか難しいのです。
帯も古いものですが、華やかな結びかたにしてもらいましょ。

保存状態のいいものばかりではありませんが、よかったら見に来てくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

歌麿豆本2016 

第6回歌麿まつりの期間中イベントとして、和綴じの豆本作りワークショップを開催しました。

どうして栃木で歌麿まつりなのか。 「品川の月」「吉原の花」「深川の雪」という、とても大きな肉筆画三部作の依頼主が栃木の豪商だったということがわかっています。出生年や出生地など謎の多い歌麿ですが、栃木市では旧家から肉筆画が3点発見されていることから、寛政の改革で風紀取締まりが厳しくなるなか、栃木のパトロンを頼って当地に逗留していたのではないかと言われているのです。 そんな栃木と歌麿のつながりを、もっと皆さんに知ってもらいたいのです。
さて、お天気に恵まれた日曜日、会場の蔵の街観光館多目的ホールは、向かいの山車会館前広場からお囃子が聞こえてきて、いい感じ。

184  午前の部は子供たちが参加してくれました。

178




174





最初に、歌麿と栃木のことや、浮世絵、和本について少し説明してみましたが、小さい人たちにうまく伝わったかしら。。。今後の課題かも。 

実際の手作業は、折る、貼る、綴じる、なるべくシンプルな段取りになるよう、キットを用意しました。
193


角紙を貼るのにちょっと手こずりましたが、あきらめずに最後まで挑戦!

207_2
綴じかたも試行錯誤しながら、みんな楽しんでくれたようです。
完成品に挿絵を貼ったりスタンプを押したり、カスタマイズの時間がまた楽しい~。
余った綴じ糸でしおり紐をつけたかたもいらっしゃいました。ナイスアイデア☆

230
出来上がりに満足の笑顔♪


午後はおとなばかりで、手芸好きなかた、本が好きなかたなど、お話も弾み、楽しく手と口を(笑)動かしていただきました。

238



宇都宮からおいでくださったご夫婦も。

240




242_2
250




18日から始まる、小山市「まちかど美術館」での着物展の告知も兼ねて、着物を飾らせてもらいました。
10月の読書会は16日、15時からキャリオカさんで開催予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »