« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月28日 (日)

8月の読書会報告

8月読書会は、よんどころない事情にて、わたしが出席できないことになってしまったのですが、 会場は予約してあるし、サンドイッチも注文してあるしということで、 読み書き堂不在で開催していただきました! 参加者は3名。楽しそうな報告画像が届きましたよ(^-^) 1472344452862.jpg
出席者の I さんから届いた詳細報告を掲載します! 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①読書会はオリンピックシーズン中だったので、
一冊目は、1964年、週刊読売の東京オリンピック特集号。

表紙はカラーですが、中の写真は白黒で、テレビは未普及のため、雑誌が重要な媒体だったそうです。
160820_
アジア初のオリンピックで、日本の金メダル獲得数は16、米ソについで3位。

女子バレーで日本が金メダルを取ったことをきっかけに、女性のスポ根マンガが流行するようになったそうです。

雑誌広告も豆炭トリオ(こたつ、あんか、足温器)等、当時の世相が感じられ、興味深かったです。
豆炭トリオは体にも環境にも良いので、また活用するといいですね。
 
 
 
②二冊目は、泡坂妻夫の短編ミステリー、『亜 愛一郎の狼狽』。
「あ あいいちろう」という不自然な名前は、探偵名鑑の最初に名前を載せるための工夫だそうです。
160820__2
チャップリンの映画のような、パイ投げ合戦の場面がある等、笑わせるユーモアミステリーで、八編とも、あっと言わせる結末だそうです。

泡坂さんの本職は、紋章上絵師。着物の家紋等を書く仕事で、都内で三人しかいなかったとか。家紋入りの着物は90年代までで、ほとんど作られなくなってしまったそうです。

Iさんが着物の本も持参してくれたので、閲覧しながら、着物は上品だし取り入れたいと話していました。
 
 
 
③三冊目は、比較神話学者の金光仁三郎著『大地の神話』。
右側の写真はスペイン出土、紀元前四世紀頃に作製された、死と再生を司る大地母神像です。
大地母神の神話は、メソポタミアの「イシュタルの冥界下り」が起源で、メソポタミアを起点として東西に伝播されたものだそうです。
160821_
天の女主人イシュタルは、夫であり息子でもあるドゥムジが死んでしまうと、彼を探しに冥界に下ります。イシュタルが地上から姿を消すと、植物も実らず動物も子を産まなり、再び地上に戻ると生命の実りが復活します。
ギリシャ神話やキリストの死と復活の原型でもあります。

豊穣神、運命を告げる、病を癒す、怒らせたら手がつけられない破壊力等、大地母神は多様な側面を持っています。
その絶大な力を恐れたユダヤ教やキリスト教の聖職者達は、大地母神を魔女として迫害し、周縁化しましたが、人々の自然への畏敬の念としての女神信仰は根強く、キリスト教では神の母としての側面が取り込まれ、聖母マリアとして信仰されています。

古代の大地母神像は、優等生的なマリア様と異なり、大地や自然の力を体現するように光を放って輝いて見えます。
 I さん、丁寧なご報告ありがとうございました☆
9月は11日の日曜日、午前中の開催を予定しています。 珍しく朝からやります!( ̄- ̄)ゞ 会場は、栃木蔵の街観光館2階の蔵座敷です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

蔵の街読書カフェ・8月はサンドイッチ読書会

梅雨明けから暑い日が続いて、一気に夏本番!ですねぇ。

この暑さで食欲がない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、
そんなときはおいしそうなお料理の本など眺めてみると、食べる気がわいてくるかも?
 
さて蔵の街読書カフェ、8月は「ぽたり」さんで夜の開催となります。
 
おなかが空きそうな時間帯なので、少しですがサンドイッチでもご用意しようと思ってます。
というわけで、参加費は今回、おひとり300円でお願いします。
飲み物は各自でご用意ください。あ、持ち寄り歓迎です(^O^)/
 
 
・日 時: 平成28年8月20日(土) 18時~20時
・会 場: シェアスペースぽたり  (栃木市倭町)
・参加費:大人ひとり300円。子どもと学生は無料です。
どうぞよろしくおねがいします。

    ところで。

 
宇都宮のMusic berで、1年くらい前から月に一度、本を紹介する機会をいただいてます。
鹿沼市出身のギタリスト、小川倫生さんのライヴを聴きに行ったのがきっかけで、
『トラディショナルフォークを題材としたギターミュージックの実験』
の、第1部と第2部の間に、1冊紹介して、その1節を朗読しているのです。

最近は古本のお仲間が増えて、さながら小さな古本市の様相を呈しています。
深夜帯なので気軽にお誘いできませんが、興味のある方はこちらもぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

さほど暑くない日のクールシェア読書会報告(^_^;)

ああ!晴れていれば筑波山まで見渡せるのにー。
というわけで、7月読書会のご報告。
栃木市役所4階の市民スペースにて、参加者3名での開催でした。

①『旅のかけらの残し方』つるやももこ(アスペクト)
20160713_145727
シンプルな装丁のこちらは、旅の思い出を、より楽しむための手作りエッセイ。
もとは機内誌の連載だったものを単行本化したそうです。わたし機内誌ってけっこう好きですよ。といっても、そんなにしょっちゅう飛行機に乗るわけじゃないですが、飛行機で出会った文章が、いまでも心に残っていたりします。
さて、「旅のかけら」とは?
列車や飛行機の切符に、映画や展覧会のチケットに、立ち寄ったお店のショップカードやコースターなどなど。
持ち帰ってなんとなく貯めてあったりしません?
わたしはとりあえずクリアファイルにまとめてしまうのですが、この本で紹介されているように、ひとつの旅ごとに1冊の【旅行記】を作っちゃうなんて楽しそう♪
②『チェコとスロヴァキアを知るための56章』(明石書店)
20160713_145800
チェコといえば絵本!それからお相撲の千秋楽で、優勝力士に贈られるクリスタルの友好杯。くらいかな、パッと思いつくのは。
んでもって、スロヴァキアといえば、、、スロヴァキアといえば?なんでしょう。
以前、このシリーズの別の国の本が紹介されたこともありましたね。多方面にわたって基本的なことが詳しく書かれていますので、どこかの国に興味を持ったら、このシリーズでお勉強することをお勧めしますよ。
この地域はとくに、統治国が変わったり革命がおこったりして歴史的にも複雑ですから、読みごたえもかなり、あると思います。
そうそう、スロヴァキアといえば、やはり絵本の原画展で有名なブラティスラヴァは、スロヴァキアの首都だったんですね!
ちなみにですが8月いっぱい、その【ブラティスアヴァ国際絵本原画展】の50年の歴史と功績を紹介する展覧会が開催されています。
2005年に同展で金牌賞を受賞した酒井駒子さんの『金曜日の砂糖ちゃん』の原画も展示されるそうですよ。
 
③『THE BEATLES 100 GREATEST SONGS』(Rolling Stone誌)
20160713_151202
今年はビートルズの来日から50周年ということで、さまざまな記念イベントが行われていましたね。
これはもう5,6年くらい前に出されたベスト100曲のランキング本。
順位に沿って詳しい解説や演奏写真なども掲載されていますが、いまも世界中に熱烈なファンのいるビートルズのこと、100人いれば100様のランキングがあるのだろうと思います。
これはあくまでローリングストーン誌が選んだベスト100ということで。
しかしこの中で何曲知ってるかな~。
そういえば、まったくどうでもいい話ですがその昔、高校の音楽のテストでひとりずつイエスタディを歌わされたことがありまして。
女子はみんなオクターブ上(つまり裏声)で歌っていたのですが、高い声の苦手なわたしはそのまま歌い出したので、伴奏していた先生にぎょっとされたことを思い出しましたとさ。
いま聴くと短い曲が多いですが、当時は、短い方がラジオで掛けてもらいやすかったとか。

そうそう、ラジオといえばわれらが栃木市のコミュニティFMくらら857に、この本を紹介してくださった「シュガータウン」さんが出演されますよ☆
8月21日(日)朝8時から、日曜クラシック後半です。きっとビートルズの曲もかかることでしょう。
「FMくらら857」アプリをダウンロードすれば遠くの地域でも聴けるので、ぜひ、聴いてみてくださいね
~~~~~~~~~~~~~
さぁ、8月は20日に開催予定です。詳細は次回に☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »