« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

こっそり始める

大きなイベントを終えた余韻の中、 宇都宮のLynchさんで毎月開催されている、ギタリストの小川さんのライヴにお邪魔してきました。

トラッドフォーク―を題材にしたギターミュージックの実験ということで、もう何年も続いているライブなのだそうです。すごいなぁ!

今回、お客じゃないのですよ。なんと。出張古本屋・読み書き堂としてお声掛けいただきました。

Yomikakidou_at_lynch_2015may

小川さんの演奏の一部と二部との合間に、スコットランドが舞台の『灯台守の話』という本をご紹介するということで、冒頭をちょっと読んでみたりもしました。

主人公のシルバーという女の子の一人称なので、読み方が子供っぽくなってしまうのですが。。。

お酒を飲みながらのお客様、小川さんの音楽を楽しまれるお客様に、場違いでなかったかしらん。

物語の舞台は、スコットランドのケープ・ラス岬というところ。その僻地感が伝わってるといいのですが。

この本を紹介するとお知らせしたら、さすがの小川さん、スコットランドの曲を用意してくださいました。

トラッドフォークというのは、日本で言えばなんでしょうね。演歌寄りの民謡といった風情なのでしょうか。恋に破れたりすることは洋の東西を問わず、歌の主題になるようです。

嵐の夜にやってきた船乗りを家に迎え入れ、あまつさえその種を身に宿らせたために街を追われ、崖の上に斜めに立った家で、たったひとりで子を産み育てる事を余儀なくされた女。

10年後のある日、足を滑らせて宙づりになり、つながれた娘を助けるために命綱を切って死んでいく・・・という、シルバーの母親の人生も、歌になりそうなくらいドラマチックですよね。

そしてこの物語のもう一人の主人公、ケープ・ラスに灯台を建てた男の息子、ダーク。

灯台の光は、照らされるところ以外を見せないというメタファーなのか。光と影に分かれた彼の人生は、歌ではなくとびきり奇妙な小説になったというわけです。

Lynchさんは、お店の内部が二つに分かれていまして、この夜は歌の部屋と本の部屋になっておりました。

画像はこの夜の出張古本屋【読み書き堂】です。売れ行き好調☆ありがとうございました。

またやりますので、聴きに来てください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

オールアバウトで 栃木が記事に♪

ライターの増田剛己さんが、栃木の街をとっても素敵に紹介してくださってます☆

【街そのものが、ちょうどいい散歩サイズになっている栃木】

こちらから読めます→ http://allabout.co.jp/gm/gc/454252/

オールアバウトという生活総合情報サイトで、趣味のカテゴリーから散歩のガイド記事へ。

圧倒的に東京が多いのですが、その中で「昭和を振り返る散策ルート」として取り合上げられています。

夕顔麺と金魚湯がお気に召した様子。。。地元民として嬉しいです!

ところで増田さんって?

 じつは、4月にカフェなずなさんで開催したレポCD のイベントにご出演されていた、下関マグロさんなのです☆

マグロさんは季刊レポのサイトでも北尾トロさん、増山かおりさんとともに『レッツゴー!町中華探検隊』という週刊連載を担当しておられます。食レポに関して筋金入りの大ベテランなのです。

http://www.repo-zine.com/archives/14373

マグロさん、ありがとうございます!

またとちぎにあそびにきてくださいね~!(^^)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

5月は古本市です!あわわ・・・

ここでお知らせできていませんでしたが、

昨日、今日と、とちぎ山車会館前広場で

第6回とちぎ一箱古本市を開催しています。

曇りがちで、時折雨がぱらつく微妙な6

天気でしたが、
 

暑くなくてよかったです。

嘉右衛門町の

リディ・テルズ・ア・スモール・ライでは

しるし工房さんの活版印刷のワークショップ

と、

「はんコレ☆蔵の街」マイバッグのスタンプラリーも実施。

日曜も引き続き、みなさまのお越しをお待ちしております!

Photo

スペシャルがつづきましたが、

蔵の街読書会は6月からまた通常開催しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

4月読書会スペシャルのご報告

この春はイベントが目白押しで、すっかり間があいてしまいましたが、
 
まずは4月読書会スペシャルのご報告です。

Img_03531024x574

 

カフェなずなさんでの、読書会スペシャル!? 

「レポCD ライヴin cafeなずな」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

いつもの読書会と勝手が違うので、どうやってまとめようか頭の中がまとまってませんが。

 

 

当日は小雨がぱらつく中、レポメンバーが続々と栃木に集結。

プロデューサーの北尾トロさんと、レポCDに収録された全14曲の選曲・曲にまつわるエッセイ・訳詞を担当されたメンバーの中から、えのきどいちろうさん、下関マグロさん、乙幡啓子さんが登場して、爆笑の赤面エピソードと熱いパフォーマンスで会場を沸かせてくださいました。

中でも下関マグロさんは、朝9時半ごろから蔵の街をくまなく散策され、金魚湯や栃木病院、岡田記念館といった歴史的建造物を堪能していたそうです。

(その模様は後ほど別枠でご紹介しますよ~)

 

まずは今回の課題図書(?)である『レポCDA面・B面・赤面!』について少々ご説明をば。

 

ワーナーミュージックジャパンから発売された14曲入りのコンピレーションアルバムで、季刊レポの執筆メンバーたちが、青春の恥かしい思い出を呼び覚ます曲をセレクトし、それにまつわるエッセイがなんと44ページという、CDケースに内蔵するブックレットとしては限界の厚さで添付されています。しかもそのほとんどに、執筆者自身が訳詞まで書いているんです。(歌詞&訳詞は別紙添付)

 

聴いているうちに、その曲が流行っていた頃の記憶がよみがえり、ブックレットを読めば面白おかしく、自分にもそんな赤面しちゃうエピソードがあったな~なんて。
 
「読んでよし、聴いてよし」の、じつに季刊レポらしいノンフィクションCD なのです。

 

カフェなずなでのライヴについては一昨年、トロさんとえのきどさんによる当地でのトークイベントの折、レポCDと全国ツアーの構想が披露されており、オーナーの上岡さんが首を長くして待ち望んでいた企画の実現です。

ツアー初日のこの日は、アルバム収録曲から出演メンバーそれぞれのセレクト曲と、収録されていないスペシャル推薦曲を1曲ずつの、計8曲が披露されました。

 

というわけでセットリストをご紹介しましょう。

 

1. 下関マグロ・選

アメリカ「名前のない馬」

 

2. 乙幡啓子・選

トンプソン・ツインズ「ホールド・ミー・ナウ」

 

3. 北尾トロ・選

グランド・ファンク・レイルロード「アメリカン・バンド」

 

4. えのきどいちろう・選

アンドリュー・ゴード「ロンリー・ボーイ」

 

~~~~~~~ここまでがCD収録曲~~~~~~~~~~~~

 

↓↓↓ここから、未収録スペシャル推薦曲

 

5.えのきどいちろう・選

ボブ・ディラン「ワン・モア・カップ・オブ・コーヒー」

 

6.北尾トロ・選

チェイス「黒い炎」

 

7.乙幡啓子・選

アイリーン・キャラ「ホワット・ア・フィーリング」

 

8.下関マグロ・選

アルバート・ハモンド「落ち葉のコンチェルト」

 

 

最後は、トロさんがハッスルして、客席も大盛り上がりのアンコール!

すばらしいステージパフォーマンスでした (*’’)

ツアーファイナルの新潟公演も楽しみですね☆

 

CD情報※

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『レポCD A面・B面・赤面!』

ワーナーミュージック・ジャパン(WPCR-16250)価格:2,400円(本体)+税

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »