« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月 6日 (月)

3月読書会報告と、4月スペシャルバージョンのお知らせ

ご報告のほうは、簡単に写真なしで失礼します。

3月としては日中かなり暖かくなった平日の昼さがり。

今回はじめてsmile farm.kitchenさんで開催しました。

 

参加者は4名。お茶の間でちゃぶ台を囲むような読書会となりました。

 

 『現代ベトナムを知るための60章』 (明石書店)
 
  近々ベトナム旅行を計画中というIさんのご紹介。
 
観光地を紹介するガイドブックはたくさんありますが、旅先の歴史背景や経済状況なども知ってから出かけることで、より深くその国を理解できるのはもちろん、不用意な言動でトラブルに巻き込まれるのを防ぐこともできるとのこと。海外旅行も手軽になったとはいえ、日本の常識は通用しませんから、それなりに予習が必要なのですね。
 
ベトナムからの連想で、アジア各地の料理や宗教、戦争や結合双生児の話題にもつながっていきました。

 

 『長いお別れ』レイモンド・チャンドラー著 清水俊二訳
 
出会いと別れの季節ということでのセレクト。映画にもなった有名な作品です。いつも博識なAさんのご紹介。
 
訳者の清水さんは、字幕翻訳と映画スターの通訳で有名な戸田奈津子さんの師匠なのだそうです。そして、分厚い本ですが実は完訳ではなく、村上春樹の『ロング・グッド・バイ』を読んで、初めて全容を把握したとか。


 NEW YORK IN THE SIXTIES』『PARIS IN THE SIXTIES
Edit by GEORGE PERRY
これもAさんのご紹介。シリーズで出ている中から、1960年代のニューヨークとパリをそれぞれに象徴する写真集です。かぁっこいー! 
 
ええ、どっちも。ニューヨークのエネルギッシュでカオスな空気感に対し、洗練された中にもどことなく退廃すら漂うパリ。
 
解像度の高い、いわゆるきれいな写真がすべてを伝えるわけじゃないってことを思い知らされます。

 

 「ダ・ヴィンチ4月号 特集:高田郁」
 
高田郁さんといえば「みおつくし料理帖」シリーズ。江戸時代後期に、大阪から江戸へ出てきた主人公が料理で身を立て、苦労を乗り越えていく(われながら面白味のない説明だなぁ…)10巻の物語。
 
漫画の原作も書いたことがあるという高田さんの登場人物スケッチや、毎回温かみのある版画で表紙を飾った卯月みゆきさんによる未公開作品も掲載するなど、力のこもった特集です。時代小説は敷居が高いと思ってる方も、これなら取っつきやすいかもしれませんね。

 

 『自分の壁』養老孟司 (新潮新書)
 
渡良瀬遊水地をテーマにした養老さんの講演を聞いたことのあるTさんのご紹介。とても感銘を受けたそうですが「この本に書かれてあることが、わたしにはうまく説明できない」と、もどかしそう。読めばわかる、というか読まなきゃわからないということで()

 

 『コーヒーの絵本 ABOUT COFFEE
 
庄野 雄治・著、 平澤 まりこ・イラスト(ミルブックス)
続いてTさんが取り出したのがこれ。ネコっぽい人がミルを挽く様子を、傍らで猫が見ている表紙の、おいしいコーヒーの淹れ方を教えてくれる本です。
 
香りは好きだけど、大人になるまでコーヒーが飲めなかったというTさん。この本でますますコーヒーに興味を持ったご様子。
 
カフェオレ、カフェモカ、カプチーノの違いを図解したページが可愛くて、こんな算数の教科書があったら、分数とか割り算好きになってたかも(!?

 

 

 

 『科学の栞 -世界とつながる本棚-』瀬名秀明・著(朝日新書)
 
1月にも科学の扉を開ける本を紹介しましたが、その続きのようなセレクトになりました。
 
薬学博士でもある瀬名さんがまとめた科学の書評集です。
 
短いけれど単なる説明に終わらず、さらなる謎やエピソードを提示してひき込む文章はさすが。レベルや出典がインデックス風のデザインで見やすくなっているのもうれしい工夫です。また読みたい本が増える~!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてそして、4月読書会スペシャル!?

わたしがキャリオカさんとなずなさんで販売している「季刊レポ」

ときどき発送作業などに参加させていただいています。

そのレポがなんとCDを発売しちゃいます。

青春の恥かしいエピソードと、その記憶を呼び覚ます曲を集めた

レポCD A面B面赤面!』です。

発売日は4月15日。

CD発売を記念して、編集長の北尾トロさんと、えのきどいちろうさんとともに、みんなで楽しくCDを鑑賞する会を、19日(日)に開催することになりました。

このCDは、レポ執筆陣による44ページにも及ぶ、エピソードブックレットが付いているということで、鑑賞会ではその朗読などもあるかも!?

会場はカフェなずなさんです。

詳細は『季刊レポ』サイトのイベント告知ページにて。

http://www.repo-zine.com/archives/14344

というわけで、4月はこのスペシャルイベントをもって読書会に代えさせていただきます。

読書会にまだ参加したことのない方。音楽なら好きだけど、本は別に、という方もこれを機にご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »