« 『路地裏の迷宮踏査』を読んだ | トップページ | 9月読書会のお知らせ »

2014年9月 3日 (水)

8月読書会のご報告

夏の終わりの日曜日。
MOROcraftに集った本好きたち。
すてきな雰囲気の店内に、ドキドキしながら白いテーブルにつき、
ひとりずつ、持ち寄ったお気に入りの本を紹介しあいました。
登場した本は以下のラインナップ

『モダンタイムス』※フリーペーパー(編/なかむらまさあき)

 語り部やスプーンおばさん、映画や音楽のこと、、、

 栃木のすてきな人々による連載記事が楽しみなリトルプレス。    

 今号はMOROcraftさんの店内が表紙です。

『ムーミン谷の名言集』トーベ・ヤンソン, ユッカ・パルッキネン(講談社)

 ムーミン谷の住人たちは、私たちが忘れてしまった素直な気持ちや

 自然への畏怖を保ち続けている種族だね。

 こころが疲れたときに読むと、ちょっと楽になれそう。

 

『新・女ひとり旅読本』ひとり旅 活性化委員会(双葉社)

 バックパックの一人旅ってあこがれるなぁ。でもやっぱりちょっと怖い。 

 これ読んで、行った気になる(笑)

『悪い本』作:宮部 みゆき(絵/ 吉田 尚令(編/東 雅夫(岩崎書店)

 これは、子供が読んでも怖いのかな。大人向けかもしれない。

 だれかが言った。タイトルが「いい本」だったらすごく怖いって。

 

『いるのいないの』 京極夏彦(絵/町田尚子(編/東 雅夫(岩崎書店)

 夏だから!という事で、背中がヒンヤリぞくぞくするような怖いやつを。

 田舎の大きな古い家。上のほうはいつも暗くて、何かがいるような…      

『異国トーキョー漂流記』高野秀行(集英社文庫)

 面白ノンフィクション好きにおすすめ!トーキョーを訪れた旅人たちは、

 どんなものに驚き、どんな光景に心惹かれているのか?

 目からウロコガいっぱい落ちそう。

『その本の物語(上・下)』村山早紀(ポプラ文庫ピュアフル)

 これも吉屋信子から続く少女小説の系譜に連なるのかしら。

 物語の中に本が出てくると、本好きたちはその、中に出てくる本を

 読みたがるものなのです。ちなみに『風の丘のルルー』です。

『サラリーマン山崎』田中光(ポニーキャニオン)

 今回、一番みんなが食いついてたかも。

 シュールというか、アイロニカルというか。

 ありそうでほぼない日常風景? 部長さんがいい味出してます。

『路地裏の迷宮踏査』杉江松恋(東京創元社)

 つい最近ブログ記事にしたとこなので、今回はさらっと。でも

 本好きなら手を出してほしいです!あなたの知識欲を刺激します。

8


写真は会場となったMOROcraftさんの奥様、イラストレーターのモロタカエさんが撮影してくださいました。

9月読書会の予定も、近々お知らせします。

|

« 『路地裏の迷宮踏査』を読んだ | トップページ | 9月読書会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/60251432

この記事へのトラックバック一覧です: 8月読書会のご報告:

« 『路地裏の迷宮踏査』を読んだ | トップページ | 9月読書会のお知らせ »