« ヤラネバが山積み。 | トップページ | 今年の東京国際ブックフェア »

2014年7月 3日 (木)

7月読書会のお知らせ、などなど

あっという間に7月です。
 
 
6月も読書会ができなかった。。。と思っていたら、主催の新井さんからfacebookにこんな投稿が。
 
 
「ご無沙汰してました。
 腰痛からは回復しつつありますが、なかなか予定が合わずに読書会を開催できずにいます。
  突然で申し訳ありませんが、どなたか私に替わり読書会を主催していただければと思います。
  今年度はまだ栃木市在住ですが、来年度異動となれば私も引っ越しをすることになるかもしれません。
  そうなる前にどなたかに読書会を託したいというのが現在の心境です。
  こちらのメンバーでも、どなたかのご友人でも結構です。
  どうぞ、よろしくお願いします。」
https://www.facebook.com/groups/292430497554194/permalink/493427020787873/
 
 
 
あらたいへん!どうしましょ!というわけで、今月は第4土曜日に開催します。
 
誰の都合も聞いてませんが、緊急事態につき、独断です。
 
早めに告知しますので、どうかひとりでも多くのかたに来てもらえますように。
 
 
 
  **************************
  蔵の街 読書CAFE 7月読書会
 
  2014年7月26日 19:00 - 21:00
〒328-0012 栃木市平柳町1-43-11 2階
      カフェ・ごはんできたよ
      電話:0282-51-1179
**********************************
 
 
 
 
 いろんな意味で、転機なのかもしれませんねえ。
 
 
 
dassen2号もゆっくりとではありますが、進行しています。
 
 
ひさびさに4人揃うというので、原点である国立へ。
 
 
https://www.facebook.com/quatre.de.nitch?ref_type=bookmark
 
 
dassen創刊発表会をした国立本店に行ったところ、
 
 
以前知的障害児施設でお仕事をされていたという方がいらして、
 
 
たくさんの情報を得ることが出来ました!

 
  
 
国立は、まだまだ訪れたい場所がいっぱいだ~。
 
 
  その国立本店で入手した「ののわ」7月号に、こんな文章が載っていました。
 
 
以下引用
 
~~~~~~~~~~~~
これまでの街づくりは大きなシステムを考える都市計画から始まっていましたが、
 
ヨーロッパでは、街に住む人が街を愛し、使いこなせるようにすることのほうが大事なのではないか、
 
という考え方が出てきました。「シビックプライド」とは街に対する自負と誇りです。この気持ちを育んでいくことが大切なんですよ。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
「街を使いこなす」!なんて素敵な表現でしょう。
 
 
これは、第3回 ののわトークセッション 公開対談での、デザインプロデューサーの紫牟田伸子さんの発言で、このあと対談相手の家具デザイナー小泉誠さんとのやり取りの中に、さらに深いお言葉が出てくるのですが、、、そこは自分の肝にしっかり銘じておきたいと思います。
 
 
 
↓↓「ののわ」については、こちら↓↓
http://www.nonowa.co.jp/areamagazine/
 
 
 
数日前、映画祭まちなかイベントグループのおつかれさま会を、倭町の清水屋本店でやりました。
 
 
 
いまは営業していないお蕎麦屋さんの店舗兼住宅なのですが、元店主のお孫さんがひとりで暮らし始め、まちなかプロジェクト・大波さんの呼びかけで仲間が集まり、「居場所」として再生したのです。
 大波さん、シビックプライド高い。(褒めてます。尊敬してます。)
 
 
 
 
====この先、蛇足=====
日本人は長いこと、木と草と紙でできた家に住んできたし、遷宮なんてのもあるから、壊して新たに作り直すことに抵抗が少ないのか。けれどいまどきの建物は鉄とコンクリートが素材で、循環している天然素材のようなわけにはいかない。
木の家だって、大事に使えば何百年だってもつ。そういう家と、壊すことが前提のお宮さんとでは、そもそも材料も作り方も違う。
きちんと手入れすれば何百年も持つ木の家や蔵。そのやり方も知っているのに、手間やお金がかかるとか、後継ぎがいないといった理由で放置され、どんどん朽ちていく。そのうち、手入れのやり方や道具も忘れ去られていく。

経済も、そしてたぶん文明も、永遠に右肩上がりなんてありえない。
成長のあとには老化が始まる。いかに健全に衰退していくかを考えようよ。
 
 
先人が何百年もかけて培ってきた叡智を、うちらどんどん捨ててる。
科学や医療は進歩してるのかもしれないけど、人類は自ら破滅に向かって進んでるような気がしてならない。
どのあたりからだろう。産業革命?身の程知らずに空を飛んだから、罰があたったのか?

|

« ヤラネバが山積み。 | トップページ | 今年の東京国際ブックフェア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/59919073

この記事へのトラックバック一覧です: 7月読書会のお知らせ、などなど:

« ヤラネバが山積み。 | トップページ | 今年の東京国際ブックフェア »