« 金さんの父が歩いた日光道 | トップページ | めい散歩 »

2014年1月 2日 (木)

B&B(下北沢)初参戦

気が付けば年も改まっておりました。

喪中につき、年頭の御挨拶は失礼しましたが、読んでくださっているみなさまには、感謝しております。読み書き堂ブログ、どうぞ本年もお付き合いくださいませ。

さて、暮れから年明けにかけての出来事を、少しずつご報告していきますね。

まずはB&Bのこと。

BOOK & BEER その名の通り、ビールの飲める本屋さんです。

仕掛け人は益子のスターネットでも展開している“文庫本葉書”などをプロデュースした内沼晋太郎さんということで、興味津々。
今回やっと踏破することができました。こちらのイベントです。

「本屋で年越し前夜!」
~book of the year 2013~

http://bookandbeer.com/blog/event/20131230_toshikoshi1/

書評家の杉江松恋さん、米光一成さん、瀧井朝世さんが
2013年のベスト5を紹介してくださるという会でした。

12/10のレポTVで「次は日光街道を歩く」宣言をされた松恋さんに、ぜひ読んでいただきたい本をお届けするという個人的ミッションを自らに課し、年の瀬もいよいよ押し詰まってきた中での東京遠征と相成りました。

下北沢、久しぶりです。なつかしいな~という気分満々で乗り込んだのに、駅が工事中で面喰いました。
そうでした。
反対運動も応援したりしてみたけど、やっぱり止めることはできなかった再開発。あの店もあのビルもなくなっちゃったのかなぁ。。。

しかし、
そんな感慨に浸る間もなくB&Bは南口からあっという間の場所にあり、にぎやかな立地にもかかわらず、2階だからなのか、わりと静かで広くておしゃれなバー付きの本屋さんなのでした。

ビールのほかにもドリンクはいろいろ選べます。わたしは白ワインにしました。大きなテーブルに次々と紹介されていく「今年出た面白い本」の数々。ずうずうしくもかぶりつきの席で楽しませていただきましたよ。

翻訳ものやミステリーが多かったですが、一冊の本からどんどん話題が広がって、手近な棚から別の本が飛び出してくることもあり、さすがみなさん本読みのプロ!

ちなみに、わたしはそのうち一冊も読んでなかったですね~。

あはは。
読みたい本リストがまたまた膨れ上がりました。

松恋さんにご挨拶して、無事に例の本もお渡しできたし。
お酒に関する本のコーナーに『もやしもん(8巻)』を見つけてニヤリ。
今度はイベントのないときにじっくり、店内の本を物色しに来たいな。

ちなみにその、お届けした本とは、、、
下野新聞新書『栃木文化への誘い』

わが母校、國學院大學栃木短期大學が総力を結集して(!)
栃木の魅力を世に発信している力作です(笑)

|

« 金さんの父が歩いた日光道 | トップページ | めい散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/58870704

この記事へのトラックバック一覧です: B&B(下北沢)初参戦:

« 金さんの父が歩いた日光道 | トップページ | めい散歩 »