« 11月読書会part2 のご報告 | トップページ | 『飲めば都』を読んだ。 »

2013年12月15日 (日)

たぶん世界一忙しい男の映画

「世界一美しい本を作る男」という映画を観てきました。

 

****************

 

 その男は世界中を飛び回っている。
見本刷りを詰め込んだスーツケースを引いて、色とりどりのiPodを携えて。
印刷所で紙を測り、色の指示を出し、写真家に予算と部数を確認し、
デザイナーに会うためファッションショーの会場へ行ったかと思えば、
インタビューに答え、絵のモデルにもなる。

世界中で、彼に自分の芸術を本にしてもらいたいと、待っている人々がいる。


****************************

 

ドキュメンタリーですが、記録映画という感じはしません。
ストーリーがあって、場面に合った音楽があって、忙しく飛び回る時間と、じっくり著者と向き合ってる時間と、自分を振り返る部分と。
モードを切り替えながらシュタイデルという人物を追っていきます。

 

 

本を作るにあたって、序文を入れるか入れないかだとか、写真集の版型や掲載点数は、編集者と相談して決めることですよね。
それから本文用紙や表紙の素材を提案したり、活版にするかどうかは、印刷屋さんによってコストもだいぶ違ってくるでしょう。どれくらい試し刷りをしてくれるのか、とか。たくさん刷ればどれだけ単価は安くなるのか、とか。

シュタイデル社はそれを全部やるのです。企画部、編集部、装丁室に印刷所まで、オールインワンの出版社。
すべてシュタイデル自身が著者と直接、やりとりをしながら決めていきます。ニューヨークでもカタールでも飛んでいきます。


「旅は好きじゃないけど、2~3カ月かかる仕事が4日で終わる。」と言いながら今日も、西へ東へ。

 

印刷所の掃除人だった父が持ち帰るさまざまな紙に触れながら育ち、17歳でシュタイデル社を立ち上げたといいます。

「出版業界の波が10年周期なら、うちの時代はもう終わり?」という不安ものぞかせつつ、「商業主義を象徴する」「悪趣味な」装丁のアイディアに嬉々として取り組む63歳。

その完全主義は、著者が写真の色についてアシスタント(?)と相談を始めれば、どんな嗅覚で嗅ぎつけたのか怖い顔で現れて、自分が来るまで待っていろと釘を刺す徹底ぶり。

かといって職人一辺倒でもなく、ベストセラーで上げた利益で芸術性の高い本を作ると公言してはばからない、商売人としての一面も見せます。

 

本を作ることに興味がなくても、「仕事」に取り組む姿勢が、そのまま彼の生き方を表現していると感じられる、かっこいい映画でした。

 

思いのほかロングランになったので、嬉しくなってもう一度観に行きました。

2回目で一番ウケたのは、ドバイの写真を見ながら話し合ってる場面で「ディズニーランド」という単語が聴こえてきたことです。
そこにあてられた字幕をみて思わず吹き出してしまいました!

 

 

 

|

« 11月読書会part2 のご報告 | トップページ | 『飲めば都』を読んだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/58757379

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん世界一忙しい男の映画:

« 11月読書会part2 のご報告 | トップページ | 『飲めば都』を読んだ。 »