« 9月の読書会のお知らせ | トップページ | この夏のいろいろをまとめて。 »

2013年9月18日 (水)

「風立ちぬ」を観た

宮崎駿監督の引退宣言が話題になっていますが、

その発表前に、観てきました。

鉄は熱いうちに打たなくちゃねぇ。

ご存知ジブリの最新映画です。子供向けの作品ではないといいつつも、、
カプローニが登場する夢の場面はファンタジーの世界で、
子供が見てもそれなりに感じるものはあると思います。

二郎さんがとても淡々として見えます。
妹にもたびたび「冷たい」と言われるほどなので、
もともと感情を表に出さない人という設定なのでしょう。
そういう意味では、「役作りしてない」と言う庵野さんの声、
適役だったのかもしれません。

トトロのときの糸井重里さんを思い出しました。
最初ちょっと、他の芸達者な声優さんたちとのギャップを感じてしまうけれど、
物語が進むにつれ、それは気にならなくなります。
二郎さんは熱いものを秘めてる人なんだってことが
わかる場面がいくつもありますから。

うれしいのは、画がほんとにきれいなこと。
緑といっても濃淡、ありとあらゆる緑が描き分けられているし、
下町の風景も、外国の夜の街並みも、木漏れ日も、草原も、
そこを吹き渡る風も、いちいち美しい。
ただリアルを追求してるわけじゃなくて、思いきり絵画的な、印象派みたいな表現もある。
この美しさを充分に味わうには、やっぱり劇場のスクリーンで見たいと思う。

もちろんきれいなだけじゃなく、怖い場面はちゃんと怖い。
関東大震災の場面、飛行機が撃ち落とされる場面、試験飛行が失敗する場面。
出てくる飛行機は美しいけれど、最後にはみんな落ちてしまうのです。
カプローニの夢の飛行機でさえも。

そこに、宮崎さんの反戦の意思を感じます。
この映画を、戦争賛美とは受け取らせないという強い思い。

ときどき差し込まれる、「格差」というか、「現実」というか、そんなところも印象的です。
出会いの場面で菜穂子が乗ってるのが二等車で、二郎は三等車とか、
貧しいなりの姉弟に二郎がシベリヤをあげようとして拒否されるとか。
そこからちょっと引いた眼で眺めれば、二郎のようには戦闘機を作っていた人たちは
兵隊に行かずに済んだのだということに思い至ります。

黒川夫妻が、慌ただしいなかでもきちんと儀式を執り行ってくれるところもよかった。
「けじめ」ってことですよね。面白い口上だったけど、あれは監督の創作?

たぶん私が気づいてないところにも、時代の真実みたいなものがあちこち
ちりばめられているのでしょう。

映画を観たあと、飛行機の美しさに心が高揚して、
つい、九試単戦のちいさな模型を買ってしまいました。Photo_2

完成品かと思ったら、自分で組み立てなくちゃならないの(汗)
エッチングモデルもちろん初挑戦。Photo_3

Photo_5 キャリオカのマスターに道具を借りて、教わりながら作りました。
おかげさまでどうにか、形になりました。。。。ありがとうございます☆

|

« 9月の読書会のお知らせ | トップページ | この夏のいろいろをまとめて。 »

コメント

ごぶたさです。
オリオン一箱古本市をサーチしたらこちらを発見しました。
初めて拝見し、面白く読ませていただきました。
読書会なんて初耳です、小学生の時の読書クラブを思い出しました。
♂は俺一人で居心地悪かった...

さて、飛行機ネタで俺のお薦めは瀬名秀明「大空のドロテ」です。
ルパンの一人娘で飛行機乗りのドロテが、主人公の少年と父・ルパンを探し冒険する話しです。
この小説はルパンとホームズは実在したという前提なので、そこは受け入れましょう!
未読で興味があればお薦めします。

投稿: ギャラリー アール | 2013年9月29日 (日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/58216277

この記事へのトラックバック一覧です: 「風立ちぬ」を観た:

« 9月の読書会のお知らせ | トップページ | この夏のいろいろをまとめて。 »