« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

出店情報

秋はイベントが目白押し!

読み書き堂もあちこちおじゃまします♪

◎11月17日(土曜)は地元栃木市、永野川緑地公園、
「ピクとラビのみんなのワークショップ」

プラナリアブックスさんと一緒に、豆本作りで出展。


◎11月25日(日曜)は古河、三和健康ふれあいスポーツセンターにて開催されます
「みわの森」に、ブッククロッシングブースを開きます♪


そしてじつは、

11月3日の宇都宮・オリオン☆一箱古本市にも出たいのですが、
仕事遅番のため2時くらいまでしかいられないので、どうしようかと思案中…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

とちぎ一箱も3回目

天高く。

昨日は素晴らしいお天気に恵まれ、、、
恵まれ過ぎて日焼けしちゃった感もありますが(*゚▽゚;)

3回目のとちぎ一箱古本市が、昨日無事に開催されました。

みなさまのおかげです。こころから、ありがとうございます!!

新たに出店してくださったプロの古書店さんや、スタッフ希望者の出現、
近隣地域から「うちでもこういう本のイベントやりたい」という声など、
回を重ねて、少しづつですが手ごたえも感じています。

運営面では、前回と勝手が違うなぁと思う部分もありました。
まちなかでイベントをやるには、いろいろ手続きとか、段取りとか、
調整が必要だったりするのです。

そもそもとちぎ一箱は、他のイベントから一緒にやらないかと
声をかけていただいて開催している形で、
3回とも、イベントの母体が違うのです。

イベントごとの実行委員会のカラーというか、個性というか、
雰囲気の違いがあるというのもわかってきました。

お客様の層も、映画祭のときとはだいぶ違っていたようで、
店主さんの中にはターゲットが的を外れてしまったという方もいらしたとか。

そういう情報を、前もって店主さんにお知らせできればよかったのかしら。

なんてことも考えたりするわけです。

そして、カフェでのトークゲスト、北尾トロさん。
前の日に、顔面から転んで負傷!?眼鏡破損!?と聞いて心配しましたが、
ちゃんと早目に来て、古本市をひととおり、じっくり見てくださってました。

お忙しい中、わざわざ栃木まで、本当にありがとうございました!

残念だったのは、16時からの花魁道中。
説明やらキャスト紹介のアナウンスが続き、
肝心の花魁が、なかなか登場しないんです(・o・;)

16時半からは、なずなさんでのトークイベント。。。
けっきょくトロさん、花魁を見ずに会場へ向かったのでした。

《本の尻尾を追いかけて》と題されたトロさんのお話は
とても楽しくて興味深くて、一時間なんてあっという間だったのですが、

いちおう司会というか進行役みたいなものをやるつもりでいたわたしは
緊張なのか前の日から寝てない脳が機能してなかったのか、
最初の挨拶もろくにできなくて、情けないやら申し訳ないやら。

もう、客席に座ってろよ自分! でした。

レポTVでもたびたび醜態をさらしてますが、しゃべるのホント苦手なんです。

えのきどさんがいてくれたらなぁ・・・

(それはそうと、えのきどさんが応援しに行った日光バックスは

19,20日とアニャンハルラに2連勝! よかったですね☆)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

蔵で栃工写真展

太田蔵できょうまで開催されていた、栃木工業高校写真部の展示会を観てきました。

レンズ以外はすべて手作りという大きなカメラ(8×10)で撮影された栃木の街と人…

部員さんが、カメラの性能や現像のやり方、撮影時のエピソードなどを
一生懸命説明してくれました。

在校生はもちろん、地元の人が子供を連れてきたり、
首からカメラを提げた観光客も次々に訪れていました。

これがバイテンと呼ばれる8インチ×10インチのフィルムを使うカメラ!

撮影する時は昔の写真屋さんのように黒い布をかぶって…

フィルムが大きいので、引き伸ばしても画像が鮮明なんだそうです。

展示されているのは古くても6年前に撮影したものだそうですが、
白黒写真だからか、なんだか昭和の雰囲気が漂います。

顧問の先生らしき人が、
「栃木だからこそ出せる味。ほかの街で撮影しても、こういう写真は撮れない」
とおっしゃってました。

たしかにそうかもしれませんねー。

楽古市でもお世話になった、油伝味噌の小池社長さんや、
自転車でおそばを運ぶ姿を見かけたことがある新喜庵のご主人など、
知っている人が写っているのも地元ならではで楽しい!

栃木工業高校写真部は、少人数ながら、写真甲子園に5年連続出場など、
全国大会級のコンテストで入賞の実績を持つ実力派。

将来ここから名カメラマンが誕生するかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »