« オリオン☆一箱古本市 | トップページ | 甘味を吟味 »

2011年11月26日 (土)

「歌麿と栃木」展

とちぎ蔵の街美術館で、明日まで開催しています。

記事を書くのが遅くなってしまいました…

栃木市で発見された歌麿の肉筆画3点が同時公開されるということで、

平日の昼間に行ったのですが、かなりの盛況ぶりでした。

鐘馗図がよかったです。

写真ではぼんやりした暗い絵にしか見えなかったけれど、

やはり本物には迫力がありました。

栃木市は歌麿でまちおこしを目論んでいて、

目下、大幅の肉筆画「深川の雪」探しに躍起になっているのです。

その一環で、栃木と歌麿の関係を調べている

「アートなまちづくり研究会」というのがあります。

ここが、その研究の成果を発表した冊子『とちぎの歌麿を追う』が

大変に興味深い内容でした。

学者研究者ばかりでなく、元の所有者・善野家の人々や、

東京の百貨店で「雪」の展示に携わったという人物などにもインタビューしています。

美術品の売り買いってよくわからない世界ですが、

本家を助けるためにやむなく手放したとか、

里帰り展示を見に行って涙が出たとか、

当時はヨーロッパに流出した浮世絵を一度日本に戻し、

さらに高値でアメリカのコレクターに売っていたとか、

いろんな背景があってなんだかドラマチックなんです。

半田九清堂さんによる「女達磨図」の修復の記事も

作業の手順や使う薬剤などが細かく書かれていて、

過去から未来への橋渡しってすごく重要な仕事だと思います。

歴史にはロマンがありますね。

ところで、このアートなまちづくり研究会、

今回の展覧会に合わせたイベントもやっているようですが、

そのマスコットキャラクターとして発表されたのが

「とちぎのうたまろくん」

です。

明るい紫の着物に濃い紫の羽織、

ちょんまげ頭にぱっちりお目々がかわいらしい「とちぎのうたまろくん」ですが、

なんと、このキャラをデザインしたのが、うちの店で以前バイトしていた

Sさんだったのです。

http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/dqnplus/1316942965/

楽古市のときに会って、話は聞いていたのですが、最近、大通り沿いで

この「うたまろくん」が目立ってます。等身大(?)パネルまで出現し、大出世!

生みの親であるSさんもとてもいきいき仕事しているようで、

こちらとしてもうれしくなります。

みなさんも、栃木に来たら「とちぎのうたまろくん」、探してみてください☆

|

« オリオン☆一箱古本市 | トップページ | 甘味を吟味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/53342514

この記事へのトラックバック一覧です: 「歌麿と栃木」展:

« オリオン☆一箱古本市 | トップページ | 甘味を吟味 »