« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月26日 (土)

「歌麿と栃木」展

とちぎ蔵の街美術館で、明日まで開催しています。

記事を書くのが遅くなってしまいました…

栃木市で発見された歌麿の肉筆画3点が同時公開されるということで、

平日の昼間に行ったのですが、かなりの盛況ぶりでした。

鐘馗図がよかったです。

写真ではぼんやりした暗い絵にしか見えなかったけれど、

やはり本物には迫力がありました。

栃木市は歌麿でまちおこしを目論んでいて、

目下、大幅の肉筆画「深川の雪」探しに躍起になっているのです。

その一環で、栃木と歌麿の関係を調べている

「アートなまちづくり研究会」というのがあります。

ここが、その研究の成果を発表した冊子『とちぎの歌麿を追う』が

大変に興味深い内容でした。

学者研究者ばかりでなく、元の所有者・善野家の人々や、

東京の百貨店で「雪」の展示に携わったという人物などにもインタビューしています。

美術品の売り買いってよくわからない世界ですが、

本家を助けるためにやむなく手放したとか、

里帰り展示を見に行って涙が出たとか、

当時はヨーロッパに流出した浮世絵を一度日本に戻し、

さらに高値でアメリカのコレクターに売っていたとか、

いろんな背景があってなんだかドラマチックなんです。

半田九清堂さんによる「女達磨図」の修復の記事も

作業の手順や使う薬剤などが細かく書かれていて、

過去から未来への橋渡しってすごく重要な仕事だと思います。

歴史にはロマンがありますね。

ところで、このアートなまちづくり研究会、

今回の展覧会に合わせたイベントもやっているようですが、

そのマスコットキャラクターとして発表されたのが

「とちぎのうたまろくん」

です。

明るい紫の着物に濃い紫の羽織、

ちょんまげ頭にぱっちりお目々がかわいらしい「とちぎのうたまろくん」ですが、

なんと、このキャラをデザインしたのが、うちの店で以前バイトしていた

Sさんだったのです。

http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/dqnplus/1316942965/

楽古市のときに会って、話は聞いていたのですが、最近、大通り沿いで

この「うたまろくん」が目立ってます。等身大(?)パネルまで出現し、大出世!

生みの親であるSさんもとてもいきいき仕事しているようで、

こちらとしてもうれしくなります。

みなさんも、栃木に来たら「とちぎのうたまろくん」、探してみてください☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

オリオン☆一箱古本市

オリオン☆一箱古本市
おいでくださったみなさま

ありがとうございました!

きょうの宇都宮は寒くもなく、餃子まつりとMIYA JAZZ の賑わいもあり、
おかげさまでたくさんのかたに、
本を見ていただくことができました。


このブログの読者さんや、 イベントで知り合った方々も足を運んでくださり、

励ましの声をかけていただきました。

とっても嬉しかったです!ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

書店員の社会科見学

神保町ブックフェスティバルに行ってきました。

同行メンバーは店長とバイトの大学生女子。
こないだの楽古市裏方三人組です。

でも、今回はその前に立ち寄った取次さんの話です。

朝早い電車に乗り、神保町の前に飯田橋を目指します。

せっかく近くまで来るのだから、取次さんに寄っていこうという、店長の発案です。

ここには《店売》という、倉庫のような図書館のような販売部署があり、
天井まである棚がジャンル別、出版社別にずらりと並んでいます。
奥の方には、電話注文だと調整が入ってなかなか入荷しないような新刊や話題の本が平積みしてあって、
冊数の制限はあるものの、書店が直接自分で選んで仕入れることができるのです。

オフィスフロアでは、土曜日なのにけっこうたくさんの人が出社しています。
ふだん電話とFAXでやり取りしている担当さんに、直接お会いするのは、もちろん初めて。
ご挨拶のあと、なんと発送作業の現場を案内していただけることに☆

本の山の合間を通り抜けると、そこではもっとたくさんの人が働いていました。
リストを見ながら本を探す人、箱に本を詰める人、
その間を縫って本の山を運ぶフォークリフト。つまり、基本は手作業なのです。
圧巻は、コンベアの上をぐるぐる流れていく空の段ボール箱!
以前この現場も経験したというベテラン担当さんによると、
一日じゅう“段ボールを空いたフックに乗っけていく”作業を
しているスタッフもいるのだそうで、、、頭が下がります。

いまは、もっと大きな倉庫や流通センターがあり、
自動化されているので、ネット注文の本など2~3日で届きますが、
取次経由の本は、こんなふうにしてそれぞれの本屋へ届くんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »