« とちぎ一箱古本市。募集開始です! | トップページ | 素顔の文庫本 »

2011年7月15日 (金)

今年のTIBF

行ってまいりました。東京国際ブックフェア。
もろもろ都合により弾丸ツアーとなりました。

☆とちぎ一箱古本市は、参加者募集中です。
  7/11の記事をご覧ください。

さて、TIBF.なんといっても今年の目玉は
空犬さんを囲む書店員の集い。

本と本屋を愛してやまないカリスマブロガー空犬さん。
吉祥寺の本屋さんを束ねたり、書店発のフリーペーパーを紹介したり、
新刊、古本問わず、出版業界と本及び本屋の話題がざっくざくなのです。

なんと、うちの店で出しているフリぺを紹介していただいたことがあります。ちょっと自慢。
コチラ参照。
http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/blog-entry-1401.html

そんな空犬さんを中心に日頃ツイッターでつぶやいている書店員仲間がたくさんいまして、
ある方の呼びかけで、TIBF会場で空犬さんを囲んじゃおうってことになったんですね。

わたしもぎりぎり駆けつけて間に合いました。20人以上!集ってましたね。
中心となってくださった某女性書店員さんに感謝☆

名刺交換、フリぺ交換と、慌ただしく交流。。。
夜の部には参加できないので、ずうずうしくもとちぎ一箱のチラシを
空犬さんに託してきたのでした。

その後、駆け足で目ぼしいブースをチェック!

●第45回造本装丁コンクール
  本の外側も好きなわたしとしてはひそかに毎年すごく楽しみなコーナーですが、
  今年からなのでしょうか? 冊子が有料になって、
  しかもカラーですごく見やすくなったのは。
  これはうれしい、待ってましたですよ。展示スペースもむしろ大盛況でした。
  大賞は『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』
  どきっとするタイトル。そして小口の色!

  ひとつだけ残念だったのは、、、
  昨年まで読者代表として審査委員長を務めていらした児玉清さんが、
  今年の審査(4月20日)には参加できなかったということ。
  

●書物復権8社の会
  ここも毎年充実で、しかも統一レジなので、ついついあれもこれも買ってしまう。
  今年はぐっと我慢して各社目録だけいただき、
  買ったのは平野甲賀『僕の書き文字』と
    フェミナ賞で河野万里子訳の『どこ行くの?パパ』の2冊。

●青幻舎
  パナソニックミュージアムで見た白井晟一展に触発され、
欲しかった『精神と空間』を。

◎他には晶文社、枻出版、京阪神エルマガジン、
  あたりに今年は目が惹かれました。
 そうそう、農文協さんの農産物展示もすごかった!
「食」は今、みんな関心高いですからね。

とにかく広大なので今年はあまりに時間が足りなすぎました。
が、そういう年もあるさ。と、割り切って
帰ってから楽古市の会議に出席。フットワーク軽く行こう。

|

« とちぎ一箱古本市。募集開始です! | トップページ | 素顔の文庫本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/52209968

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のTIBF:

« とちぎ一箱古本市。募集開始です! | トップページ | 素顔の文庫本 »