« 本日入荷! | トップページ | イベントのお知らせ☆ »

2010年6月28日 (月)

茂田井 武 「ton paris」展 観てきました。

茂田井 武 は1908年生まれ。
戦後、児童書や雑誌の装丁・挿絵などの仕事をしていた人です。
代表作は福音館書店の「セロ弾きのゴーシュ」
病の床に伏しながらも、「これができるなら僕は死んでもいい」といって取り組み、
ほんとうに最後の作品となってしまいました。。。

今回は、茂田井が1930年にシベリア鉄道で渡欧し、
3年ほど放浪していた間の、パリでのつましい暮らしを絵日記的に描いたものや、
後年、旅の様子を作品にしたものなどを集めて展示しています。

水彩や色鉛筆の淡い色彩で、ボカシやかすれを多用した柔らかいタッチ。
おそらく型紙を使ったと思われる、版画やステンシルのような効果。
わたしの知る児童画の茂田井さんよりも、もっとメルヘンチックな、
若き日の茂田井さんの世界が広がっていました。
お金はなくとも夢がある、といった感じでしょうか。

さあここで、茂田井ファンに朗報です。
ながらく絶版となっていたこの『ton paris』が、
来月講談社から復刊されるそうなのです!
広松由紀子さんの解説で、たしか3200円くらい。

ちなみにこの展覧会の図録が、コンパクトながらカラーで1200円と、価格もお手ごろ。
けどその横で復刊の告知をしてたんですよ。
迷ったあげく、やっぱり復刻版買おう!と。
美術館的には、図録が売れた方がうれしいのでしょうが、、、

なにしろこれに関しては待望の声が多かったですから、
ホントに、講談社、よくぞやってくれました。
いや、でも、褒めるのは、中身を見てからにしよう。
画集の評価は印刷の質次第です。がっかりさせられないといいけど。

ショップでポストカードと一緒に『じぷしい繪日記』を購入。
地の文(日本語)がカタカナで、他言語の名詞に平仮名を用いています。
これに漢字が混じり、独特なリズムと味わいが生まれました。
旅費が尽きると、似顔絵描きや、日本人サロンで下働きをしながら稼ぎ、
ときには映画や芝居を見たり、恋に胸ときめかせたりしていた様子が
いきいきと綴られていて、文章もすてきなのです。

ところで、開催地の大川美術館は、栃木市から佐野、足利と国道50号線を走って1時間ちょっと。近代織物産業の町として知られる桐生市に入り、JR桐生駅の北側、水道山の中腹にあります。
かなりの斜面に建っているため、入口は4階で、そこから下へ降りながら展示室を巡るようになっています。

おもな収蔵品は松本竣介を中心に野田秀夫、清水登之。それに難波田龍起・史男など。
他には松本竣介に影響を与えたとされるピカソやルオーも常設展示されていました。
個人美術館で、館長がこだわりをもって集めた作品たちの、独特な世界観があります。
こういう美術館も面白いですね。

|

« 本日入荷! | トップページ | イベントのお知らせ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/48739350

この記事へのトラックバック一覧です: 茂田井 武 「ton paris」展 観てきました。:

« 本日入荷! | トップページ | イベントのお知らせ☆ »