« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

ライブ・イマージュ ~音と光と映像の楽園~

イマージュというコンピレーションアルバム。ご存知かと思いますが、CMやTV番組のテーマ曲を集めた大ヒットシリーズでして、今年10周年ということで「image 10」が出ました。

先日、そのライブに行ってきたのです。ツアー初日、川口リリアメインホール。
http://www.liveimage.jp/

会場のロビーで、お掃除のおばさんに「きょうは誰が来るんですか?」と訊かれました。ほんとうの話です。
老若男女入り乱れる客層が、不思議だったそうです。無理もない。

そして、噂には聞いていたけれど、ステージがジャングル(笑)
そういう舞台セットなんです。ミュージカルじゃありませんよ、これ。念のため。

バイオリン奏者たちのためのイスが並んでる雛段の両脇後方に大きな木が2本。
中央に向かって枝を広げ、、、その真ん中に大型ビジョン。
ここに、曲のイメージビデオみたいなもの映し出されるわけです。
ときどきプレイヤーのアップも。これは嬉しい配慮でした。やっぱり演奏家の手元、見たいですからね~。

8人くらい、メインのミュージシャンがいて、ひとり2,3曲ずつ演奏していくのですが、
出入りの間はそれこそ、鳥のさえずり音がずっと流されていたりします。

まずはゴンチチで癒されて、劇的ビフォー・アフターの松谷卓さん、
ニュースゼロの宮本笑里ちゃん、バンドネオンの小松亮太さん(正確な登場順ではありません)

そしてギターの押尾コータローさん。登場前から拍手が沸いて、期待感が伝わってきました。
彼は全部で14ステージあるツアーの中でも、最初の3日間しか出ないスペシャルゲストなので、
押尾さん目当てのお客さんがこの3日間に集中したんでしょう。
ギターを打楽器にする奏法は、わたしの好きな《ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ》に通じるものがあります。
小松さんのタンゴもそうでしたが、やはりラテンは血が騒ぎますね。CDも欲しくなります。

加古隆さんの「パリは燃えているか」が、戦争の映像と合わせて非常に印象深かったです。
映画を観ているようでした。
音楽監督の羽毛田丈志さんの演奏ではアニメ「青い花」の映像も使われて、
ライブなのにテレビみたい、不思議な音楽空間でした。

イマージュと言えば葉加瀬太郎さんの「エトピリカ」(情熱大陸のエンディングテーマ)が代表曲みたいなもんですが、
その葉加瀬さん、ヨーロッパ進出でここ2年くらい、ライブイマージュをお休みしてたんだそうです。
今年は10周年ですから、久々の登場。お客さんも、待ってました!って感じです。

それにしても葉加瀬さんのオーラは、すごい。
笑里ちゃんもあの細い体でよく通る音を聴かせてくれましたけど、葉加瀬さんは身体全体が楽器ですもん。
あの人が出てくると、それだけで空気が変わるというか、会場がものすごい一体感で包まれます。
ご自分の20周年の宣伝も、しっかりされてました。

イマージュは、ポスターに写真の出てるメインの出演者 以外のプレイヤーも素晴らしい方々です。

チェロの柏木さんは映画『冷静と情熱のあいだ』に、主人公たちの運命を彩る重要なチェロ奏者として出演&演奏されていた方だし、
(個人的に、うれしい再会でした)

パーカッションの藤井珠緒さんは、ap bank にも参加されてるんですね。
ボンゴだかジャンベだか、アフリカ系太鼓のドラミング(ゴリラのじゃないですよ)が
すごくパワフルでかっくいかった★違う形でライヴ聴いてみたいと思わせるプレイ。

あと、ギターの天野さんが、なんの曲だったかな、ブレイクでハーモニクスがきれいに決まって、すごくいい笑顔をされたんですよね。
ああ、ホントにあれは、こっちまでうれしくなるような、素敵な瞬間でした。

すみません文章がだんだん崩れてきてます。3日経ってますが、まだが醒めてないんですね。
全身音に浸るのは久しぶりでした。やっぱり生音はいい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

呂古書房さんに行きました

先日、用事のついでに神保町界隈をうろついてきました。

以前ここを目指して来たときはお休みで、残念な思いをした呂古書房さん。
豆本で有名なお店で、版画なども扱っています。

店舗は広くないながらも整然と見せるディスプレイ。
武井武雄の刊本作品にもお目文字叶いました♪
といっても外側を眺めただけですが。
買う気があれば、中を見せてくださいとか言えるのでしょうけど~。

ささやかに、サントリーの洋酒マメ天国を入手☆

某老舗の喫茶店に行ってみたのですが、
コーヒーはブレンドかアメリカン、もしくはアイスコーヒーのみで、
ブレンドを飲んでみるも、ちょっと残念な印象。。。

コーヒーを楽しむというよりは、食事もできて、お酒も飲めてという
ところが便利というか、昔ながらの喫茶店、なんでしょうね。

そこで、失礼とは思いながら、口直しにもう1軒入ったのが
神田伯剌西爾(カンダブラジル)という喫茶店。

ここはちゃんとしたコーヒー屋さんで、
なかなか個性的なブレンドを飲ませてくれました。

可愛い手書きメニューに誘われて、注文したのは
渋皮栗のマロンケーキ。おいしゅうございました。

ちなみに浅草の銀座ブラジルとは何の関係もないみたいです。

本好きとしてはもっともっと、仲良くなりたい街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

栃木の新名物?

あわただしく新年度が始動しました。

寒い日や雨が多くて、桜まだかな、もうちょっと、と思っているうちに
日々のあれやこれやに追われ、気づけば盛りを過ぎてしまったようです。

よく行く珈琲屋さん、栃木駅前のキャリオカの1階に、パンケーキ屋さんができました。

*蔵の街 ぱんケーキ
http://cc9.easymyweb.jp/member/carioca/default.asp?c_id=53505

ぱんケーキといっても、いわゆるホットケーキのようなものではなくて、
テイクアウト用の、コロコロとした可愛いスナックなのです。
たこ焼きをイメージしてもらうと早いかも。

プレーン(1個30円)と、 あん入り(1個40円)があります。
1個単位で注文できるというのはうれしいですね。

初日にさっそく行ってみたらけっこう繁盛してて、
「時間かかるから、上で待ってて~」と言われました。

お味は、なかなかのものです。
あんこが、しっかりした粒あんで、おいしい!

今度はプレーン買って、家でジャムとかはちみつとか、いろいろ試してみよう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »