« 庄野文学 ~風雅講座入門編~ | トップページ | 栃木の新名物? »

2010年3月22日 (月)

浅草で純喫茶

東武線浅草駅を、しばしば利用します。
つい先日も、行ってきました。

用事が午後の時はちょっと早めの電車に乗り、近辺でお昼を食べることがあります。
ちょいちょい利用するのが「銀座ブラジル浅草店」という
すごいネーミング のレトロな喫茶店です。
浅草なのに、銀座でブラジル?一体ここはどこなんだ!って(笑)

もともと銀座で開業したのだそうですが、今は銀座のお店はなくて、ここだけ。
わたしが初めてここを訪れたのは、中学生か高校生くらいの頃だったと思います。
母と観劇帰りにたまたま寄って、場所も店名も定かじゃなかったのですが、
数年後に「そういえばあのとき、おいしい店があったよね」と、探しても見つからず、
以来、浅草を訪れるたびに、新仲見世を何度も行ったり来たりしながら
やっと見つけたときはうれしかったなぁ。

わたしのお気に入りメニューは≪ホットドッグ≫!!
ミニコッペパンにパリッとしたレタスとジューシーなベーコン&ぷりぷりソーセージ 。
なんといっても味の決め手は、甘酸っぱ~いニンジンのピクルス♪

Photo
これがふたつならんで\550ってお安いでしょう。
おっきなコッペパンでひとつっていうのよりも、食べやすいし、うれしいよね☆
ほんとにおいしいし、もったいないくらい手間をかけてるのがわかるんです。

ブレンドコーヒーも、たっぷり大きめカップで¥300!
もちろん、ちゃんと手で淹れてる珈琲です。
良心的というかなんというか、やっぱり、生き残る老舗は志が違うのですよ。

現在三代目のご主人、このお店を続けていくために、ご自身の給料を削って
タクシーの運転手をなさってるそうです・・・泣かせる~。

ほんとは元祖フライキチンバスケットやカツサンドが人気なのですが、
けっこうボリュームがありそうで、いつも軽いホットドッグにしてしまいます。
今度行くときはしっかりおなかを空かせて、挑戦してみたいです!

|

« 庄野文学 ~風雅講座入門編~ | トップページ | 栃木の新名物? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草で純喫茶:

« 庄野文学 ~風雅講座入門編~ | トップページ | 栃木の新名物? »