« 返品の山から(おふとんの絵本) | トップページ | 『ちいさなちいさな王様』 »

2010年2月 9日 (火)

「サヨナライツカ」

リンク: 中山美穂 大人の恋愛模様.

観てきました。
中山美穂さんは12年ぶりの映画主演ということですが、
ブランクは感じさせません。
やはり、美しい。むしろしっとり落ち着きを増したというか。

25年の時を隔てて再会する男女の物語なのですが、
老け方にちょっと無理が見えて、そこは映画として惜しいといえば惜しい。

もっとも、当初の撮影計画では25年後のシーンを先に撮る予定で、
西島秀俊は貫禄のついた姿になるべく10キロ以上太ったのに、
監督の意向かスケジュールの都合かわからないけれど
実際には順撮り(映画の流れどおりに撮ること)することになり、
急きょ、増えた分以上の減量をしなければならなくなったとか。

そして痩せたまま25年後の撮影に臨むことになったのを、すごく残念がっていました。
たしかに。

会社での会議の場面があるのですが、上司役の加藤雅也もけっこう作りこまれた老け顔で、セリフのテンポも(なにもそこまで、)と思うほどスロー。
その場面に、提携相手の社長か何かの役で、一人だけ本当に貫禄のある初老の役者さんがいたために、よけい不自然さが浮き立って見えて、あれは残念だった…

でも、全体的に見てこれは、イ・ジェハン監督が撮ってよかったですよ。素敵な映画になってます。
以前、日本人監督が撮ろうとしてとん挫した経緯もありました。
あれは多分、辻さんがあまり原作のセリフを変えてほしくなかったためかな?と思うのですが、
今回、驚くほど原作に忠実に、石田ゆり子はですます調でしゃべっていたし、
息子役のロック青年までが、「おやじはカッコ悪い」と言いながら、父親にむかって敬語で悪態ついてた。でもそれが、思ったほど不自然じゃなかったのが、不思議。

なにより、本物のオリエンタル・ホテルで撮影できたことが、成功の大きなカギになりました。
タイの風景も含めて、映像がとてもきれい。
この映画の重要なファクター「岐路」を象徴する場面で、河畔を疾駆するクラシックなベンツもまた然り。

随所に監督の粋なこだわりが感じられる、素敵な映画でした。
DVDになったら、また見ちゃうかも。

|

« 返品の山から(おふとんの絵本) | トップページ | 『ちいさなちいさな王様』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/47521638

この記事へのトラックバック一覧です: 「サヨナライツカ」:

» ヒデ走る [ヒデ走る]
ヒデ走る [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 16時14分

« 返品の山から(おふとんの絵本) | トップページ | 『ちいさなちいさな王様』 »