« お出かけは‘ついで’が楽しい! (その二) | トップページ | とちぎキャンペーン »

2009年9月16日 (水)

すごい雑誌。

その名も「皇室・Our Imperial Family」という季刊誌。
写真がきれいな、扶桑社のムックというか、グラフ誌です。
皇室の動静が詳しく載っているのですが、それはさておき、
特集が独自で、興味深いのです。
今回は皇室の宝物特集☆
絵画や器、書、伝統工芸品。。。 これらのお宝を収蔵、展示しているのが三の丸尚蔵館。
これまでに開催された展覧会の、カタログ表紙写真総集編ページなんてのもあって、これがまたじつにうつくしい。そんじょそこいらの展覧会の図録より立派かもしれません。
ま、お値段も1680円と、立派ですからね。さもありなん。
モノの写真だけじゃなくて、これらの貴重なお宝を、どのように保存、管理、あるいは修繕、分析、研究しているかというところまで、丹念に取材しています。

たとえば古典籍を保存する書庫は、エアコンを使わないで、自然の風を読みながら、換気口の開閉を調節しているんだそうです。
なぜかというと、エアコンで温度を保つと、冬でも虫が死なないから。それに、停電などでエアコンが消えたら、温度や湿度が急に変わってしまうから。
急激な変化が一番いけないんですって。
掛け軸などの修復をする部署の一番若い職員さんは、今年で4年目。やっと、虫穴をふさぐ作業をまかせてもらえるようになったとか。

わたし、こういう世界けっこうすきですね。
いわゆる「匠」的な職人さんとは違うけど、専門の技術を先輩から受け継いで、地道に訓練を積んで、実践で腕と勘を磨いて、、、これぞプロフェッショナルという感じがします。

いやはや、すごいぞ宮内庁、見直した。
日本文化遺産の次代への架け橋だ!
そうえいば、高松塚古墳はどうなってるのかなぁ。

|

« お出かけは‘ついで’が楽しい! (その二) | トップページ | とちぎキャンペーン »

コメント

おはようございます。ひさびさの更新ですね。うれしいです♪
はてさて、『すごい雑誌』、中身、みてみたいですね〜。本物に出会える、美しい本のような気がします。私も、『雅』なモノをみて、うっとりほっこりしてみたい。また、それぞれの保存方法などにも興味津々です。折をみて、探してみますね!その雑誌☆

投稿: ゆごろう | 2009年9月16日 (水) 08時05分

ゆごろうさん、ありがとうございます。

この雑誌ですが、3ヶ月に1回しか出ないし、お値段がお値段なので、そうそう出まわる商品ではなく、売り場でお目にかかることはあまりないかもしれません。。。
うちの店で入荷があるのも、定期購読のお客様がいらっしゃるおかげなのです。

でも、こういう良質な雑誌には長く続いてほしいので、その存在をより多くの人に知ってもらうきっかけになればと思って、紹介しています。

投稿: ののじ | 2009年9月17日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/46223865

この記事へのトラックバック一覧です: すごい雑誌。:

« お出かけは‘ついで’が楽しい! (その二) | トップページ | とちぎキャンペーン »