« とちぎキャンペーン | トップページ | 続橋先生 »

2009年9月29日 (火)

許さん!

またしてもやられました。
万引きです。

情けないことに、わたしがひとりで2階のカウンターにいる時で、
大量の受信FAXを内容別に仕分けしていて、うつむきがちだった隙を狙われたのです。

う~~~くやしい。

階段に設置してある万引き防止センサーが鳴ってすぐ犯人は駆け出し、
わたしは大声を出して1階に知らせましたが、
1階ではちょうど店長が休憩に入ったところで、しかもトイレ中でセンサーの音が聞こえなかったそうです。
大学生のバイト君がひとりでレジにいましたが、見送る格好になってしまいました。

いや、センサーが鳴ってからでは遅いのです。
最大の防犯対策は、常に売り場に目を向けていることであって、
犯行を許したのが自分の油断だと思うと、もう悔しいやら情けないやら。

もちろんすぐに店長が警察を呼びました。
到着までの間、防犯ビデオを確認してみると、、、

犯人は男子高校生2人組。
派手めの私服で、おそらく空っぽのスクールバッグとショルダーバッグをそれぞれ持参。
盗んだのはジャンプコミックスのワンピースを約10冊と、その他にも漫画の単行本を何冊か。

不思議なのは、よりたくさんのコミックを入れたバッグを持っていたほうの子が
階段を降りるときには、センサーが反応しなかったんです。
亜鉛か何かの金属板でセンサーを遮るという手もあるらしいのですが、
今回それが使われたかどうかはわかりません。

もう一人はその後しばらく店内をうろつき、頃合いを見計らって、
マンガ1冊を手に持って、階段を降りようとしたところでセンサーが鳴ったのです。
もし店員に追いつかれたら、手に持った一冊を、投げつけるなりおとなしく返すなりして
カムフラージュしようという作戦だったのかもしれません。

警察が来て、被害届を出しました。
防犯カメラのビデオテープを証拠として提出。
白黒で、画像はあまり良くないのですが、知っている人が見ればわかるくらいには顔も映っています。
店長は、これを引き延ばしてプリントアウトし、市内の学校に配って犯人を特定してほしいと訴えてました。

うちは犯人探しが目的ではないので、もし判明しても、
どこの学校の誰だとかいう個人情報はいりません、と。
盗んだ商品を返してくれれば、うちの店はそれでいい。
あとは警察と学校と親で話し合って、生活指導に活かしてください。
というのが店長の主張。

いままでも、何度もこうして万引き犯が映ったビデオを提出しているが、
そこから先に展開したためしがない。
生徒たちに、悪いことしたらばれるんだぞってことを分からせないと、万引きは減らない。
大人ももっと頭を使いましょう。云々。
警察相手に熱く語ってました。

ともあれ、小売店の皆さん。万引きは忘れてなくてもやってきます。
おたがいくれぐれも気をつけましょう。

|

« とちぎキャンペーン | トップページ | 続橋先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/46340837

この記事へのトラックバック一覧です: 許さん!:

« とちぎキャンペーン | トップページ | 続橋先生 »