« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月13日 (土)

『1Q84』読む前に、、、

村上春樹最新刊『1Q84』もう、ご覧になりましたか?
お読みになりましたか、ではなく。。。

というのも、うちの店ではありがたいことに、
予約分に入荷が追いつかず、
本が入ってきても店頭に並べられないのです
都内の大きな本屋さんならもう「積んで」るところがあるのかしら。

その代わり、と言ってはなんですが、
本部手配で送られてきた、あるCDを書籍売り場のレジ前に置いたところ、
これが、なぜか、売れるんですよ~。

そのCDとは、

「ヤナーチェクのシンフォニエッタ」です。

なんでも「1Q84」の中で、キーワード的に扱われている楽曲らしいです。
わたしがチラ読みした(書店員の特権。ゴメンナサイ)場面では、
ある登場人物がストレッチのBGMに使ってました。
この曲の25分という尺がちょうどいいんだそうです。
わたしなど、10分でも相当疲れると思う。。。

うちの店で置いてる演奏はいずれも25分にはちょっと足りないようですが、
指揮者によって、あるいはその時のコンディションでもテンポは変わりますからね。
村上さんはどの音源を聴いていたのでしょう?それも気になります。

ちなみに、2枚置いて、売れるたびに補充してもらうと
毎回違う演奏のCDが送られてきます。
クラシックってそういうものだから当然ですが、
自分は全く知らない曲だったので、こんなにいろいろ出ているんだと驚いてます。

まだ本が入手できてない方は、このCDを先に聴いておくと、
よりムラカミ的な気分で『1Q84』を味わえるかもしれませんね!

余談ですが、
『1Q84』発売初日、開店前に電話をかけてきて、
入荷があるかどうかを確かめて朝一番にご来店されたお客様。
よっぽど村上ファンなのかなぁと思ったら、
店頭で数ページ読んで首をひねり
「これはいいや、やめとく」と、買わずに帰ってしまわれました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

理想的な投資

みなさんとこにはもう、きましたか?定額給付金。

丸ごと貯金した人。
いつの間にか生活費に消えてしまった人。
家族全員分合わせて地デジ対応テレビを買ったり、
夏休みの旅行資金にしたり、
使い道はいろいろだと思いますが、
わたしはもちろん、もらう前から決めてました。
普段手の出せない、高い本を買うのです!

というわけでこのたびめでたく、手にいれたのが
『諸国物語』ポプラ社\6,600ナリ

去年の東京国際ブックフェアで見かけて、欲しかった本です。
これは「諸国物語」というお話、ではなく、、、
いろんな国のお話を一冊にまとめました、という本。

ラインナップは19世紀から20世紀前半を中心に、
山本有三訳のシュニッツラー『盲目のジェロニモとその兄』
森鴎外訳のストリンドベルヒ『一人舞台』
といった教科書でもなじみ深い文学者の名訳から、
『赤毛のアン』じゃない村岡花子訳のモンゴメリ作品『争いの果て』
など興味をそそる未読作品もあり、
ホフマン『砂男』は種村季弘の訳なので、
岩波文庫の池内紀訳と比べ読みなんて楽しみもある。

そんな世界文学が21篇も収録されて、1152ページ。
23.5㎝×17.5㎝、厚さはたっぷり7センチ。
安井寿磨子さんによる夢のようなイラストの装丁、化粧箱入りです♪

こんな素敵な本を枕元に置いて、
毎晩寝る前に少しずつ読んでいくことを
想像しただけで興奮します。

感想も少しずつ書きますので、どうぞお楽しみに!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »