« 旅する本のこと。 | トップページ | あれから、もう十年 !? 冷静と情熱・・・ »

2008年9月16日 (火)

ウィンナ・コーヒー

今日はお休み。
雨は夜まで降らないという予報を信じて、午後から自転車で出かけました。
図書館を覗いてから、カフェでのんびり本でも読んで過ごそうと思ったのです。

ロマンチカさんは、ジャズが流れる昔ながらの喫茶店。
ウィンナ・コーヒーを頼んでみました。
生クリームの上に、カラフルなスプレーチョコが乗ってます。
かわいい☆

そういえば。。。

どこかのお店でウィンナ・コーヒーを頼んだら3種類くらいあって、
そのうちの一つがホイップクリームにスプレーチョコが散らしてある
という話をどこかで読んだのを思い出し、なんだか嬉しくなりました。

図書館で借りてきた蜂飼耳の詩集を読みながら、
飲みごろになるのを待ちます(猫舌なのです)。

そのままかき混ぜもせずに少しずつ飲んでいて、
残りが少なくなってきたころ、急に、すごく甘くなりました!
カップの底に、溶けてない砂糖を発見。。。
そこで初めて、テーブルにシュガーポットがないことに気付いたのです。

*~*~*~*~*~*~*~*~
帰ってから、ウィーンのコーヒーについて調べてみました。

基本のコーヒーは「ブラウナー」、いわゆるエスプレッソ。
これに泡立てたミルクを乗せたのが「メランジェ
つまりカプチーノみたいなもんですね。

そして、ブラウナーにホイップクリームを乗せたものを
アインシュペナー」というのですが、
カップではなくグラスで供されるのが本式らしく、
あらかじめグラスの底に砂糖が入れてあるのだそうです!

これはなぜかというと、
上から、冷たいクリーム、熱いコーヒー、そして砂糖の甘味、、、
と、味の変化を楽しむため。

ちなみに、
このコーヒーにオレンジリキュールを加えたものを「マリアテレジア
チョコレートリキュールだと「アマデウス」と呼ぶそうです。

ほかには砂糖がけの生クリームが別皿で出てくるものもあるとか。
ヴァリエーションが多くて、あれこれ迷うのも楽しそうですね。

ま、ウィーンに行くことはまずないと思いますが、、、

日本のカフェのいろんなウィンナ・コーヒーを飲みくらべてみるっていうのも、おもしろそうですよね。

今度は、途中で適度に混ぜながら飲もうと思います♪

|

« 旅する本のこと。 | トップページ | あれから、もう十年 !? 冷静と情熱・・・ »

コメント

コーヒーも奥が深い飲み物ですね。

なにもわからずエスプレッソを頼んだら

あまりの濃さに飲めなくて、

水で薄めて飲んだのを思い出します。

今はアメリカン専門ですcafe

投稿: クロケット | 2008年9月17日 (水) 23時51分

クロケットさん、コメントありがとうございます。

大丈夫。
エスプレッソを薄めて飲むのはマナー違反ではない、と、何かで読んだ記憶がありますwink

投稿: ののじ | 2008年9月18日 (木) 00時57分

「おたまじゃくし文庫」検索でこちらを拝見させていただきました。
1年以上前の記事にコメントをするのも失礼かと思い、スレ違いではございますがこちらに残させていただきます。

10年ほど前になりますが、私もおたまじゃくし文庫に通っていた男子学生でした。
「おたまノート」にも散々くだらないことを書いたように記憶しています。
当時は携帯電話が今ほど普及していなかったので、同じように通っていた友人への連絡などにも使ってました。
『第二公園の池のまわりのベンチで待ってます』とか。
あと、年上の女子高生がたまに書いていた文章がとても印象的でした。

ロマンチカも第二公園へ行く途中によく店の前を通ってましたよ。
まだやってるんだ~と驚きました。

なかなか訪れる機会もないですが、今度行ったらおじさん、おばさんと白い犬にまた会いたいです。
そして昔のようにビン詰のアメを舐めながらマンガを読んでいたいです。

拙文すいませんでした。
素敵なblogこれからも楽しみにしています。

投稿: baba | 2008年9月18日 (木) 03時14分

babaさん、コメントありがとうございます。
以前にも元おたまっこの方が書き込んでくださったことがあります。3年くらい前に卒業した女子高生とのことでした。

babaさんは10年前ですか、、、
卒業してからずいぶん経つのに、やっぱり「おたまじゃくし文庫」で検索してしまうのですね。
それほど、みなさんにとってあの場所は、かけがえのない青春の象徴なのでしょう。素敵です。

そろそろ秋、栃木が一番盛り上がる季節です。
歴史的建築群で映画を上映する「映蔵」
古楽器の演奏会として知られる「蔵の街音楽祭」
そして山車が繰りだす秋まつり。
期間中には「お蔵のお人形さん巡り」も開催されますので、機会があればおたまじゃくし文庫に足を運んでください。きっと喜ばれると思いますよ。

投稿: ののじ | 2008年9月19日 (金) 01時27分

はじめまして、アバウトミーからきました。
ウインナー珈琲に誘われて。

私も好きでよく飲みます。
ゆっくりできるブログでした。

ブログは更新されないのですか…すみません。
また、読んでみたいと思いましたから。

投稿: 風小僧 | 2008年10月15日 (水) 09時36分

風小僧さん、コメントありがとうございます。
風小僧さんのブログは、まめに更新されていますね。尊敬します。
ここはちょっと「おすまし」して書いてるので、
手間暇がかかるのかもしれません。
読みたいと言っていただけるのは、とてもうれしいことなので、もっと、頑張ってみようかな。

投稿: ののじ | 2008年10月16日 (木) 00時57分

ののじさん、ぜひ。
ただし、ののじさんのペースでね。

投稿: 風小僧 | 2008年10月16日 (木) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/42490603

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンナ・コーヒー:

« 旅する本のこと。 | トップページ | あれから、もう十年 !? 冷静と情熱・・・ »