« 今年もブックフェア。 | トップページ | 旅する本のこと。 »

2008年8月 4日 (月)

八月の日本人

今年もこの季節が巡ってきました。
多くの日本人が、あの戦争のことを思い出す季節です。
思い出す。つまり、ふだんは忘れてる?
それでもいいと思います。せめて年に一度くらい、
思い出しましょう、考えてみましょう。
戦争のことを。人間同士が大量に殺しあうことの意味を。

そして、この夏わたしがオススメするのが、この本です。

『父の戦地』北原亞以子 著 (新潮社)


4歳の娘を残して出征した若い不器用な父親が、
わが子に向けて日々綴った励ましや、
戦地での暮らしぶりを、拙いながらもユーモラスに伝えた絵はがき。

比較的平穏な戦地の様子に、
これが兵士の暮らしかと意外に思う向きもあろう。
家族に心配かけまいという思いやりなのか、
それとも、これもまた戦争の一面なのだろうか。

やがて、二度と会うことのなかった父の人生を、
著者は丹念に辿る。そう、これは著者自身の
父親を描いたノンフィクションなのだ。
母や、祖父や、周囲の人々から集めたエピソードを丹念に編みなおし、
若き日の、父の姿をみごとに浮かび上がらせた。

辛く苦しいばかりの戦争記録ではないからこそ、
見えてくる真実がある。

____________________________

 父恋し 戦争憎し 忘るまじ 陽炎燃ゆる 玉音の夏  
  
                   李下

|

« 今年もブックフェア。 | トップページ | 旅する本のこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204760/42055257

この記事へのトラックバック一覧です: 八月の日本人:

« 今年もブックフェア。 | トップページ | 旅する本のこと。 »