« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月14日 (月)

今年もブックフェア。

いってきました国際展示場。

いままでは昼ごろ到着していたのですが、今年は、夜に別の予定があるため、がんばって早起きしました。10時の開場を待って入場です。

あらかじめ行きたい版元のブース番号をチェックしておき、もらった図面で探索ルートをリサーチ。滞在時間が限られているのでほとんど寄り道もなしです。

一番の楽しみはアノニマ珈琲サービスだったのですが、行列を見て断念。(でも本は2冊買った)プチグラパブリッシングが去年ほど混んでなかったのは午前中だったからかな。それと、もう一軒、いままでノーチェックだった雑貨系のブースがあったなぁ。どこだっけ。。。

いい本探すのは「書物復権8社の会」あたり。白水社とみすず書房があるから。。。ずっと気になっていた須賀敦子を始めて購入。

買うには至らなかったけどポプラ社『諸国物語』光村図書の教科書で読んだお話の全集は気になった。。。あと、河出の薔薇の図譜が素敵だった。飾りたい本だわ。

造本装幀コンクールはわりと地味って言っちゃ失礼だけど、奇をてらったものよりも、本としての機能や質を重視した作品が多い印象を受けました。なんてったって都知事賞の『判例六法』(有斐閣)は、白黒のスタイリッシュなデザインと分冊化で、法律書のイメージを見事に打ち破ってくれましたね。

さいごに洋書バーゲンコーナーでウイリアム・モリスの分厚い本を衝動買い。はじめから宅配便を利用するつもりでしたが、これのおかげで「袋のままでは無理」といわれ、箱に詰めてもらって送りました。

届いたら、画像つきで戦利品紹介しますね。

リンク: 第15回 東京国際ブックフェア(TIBF2008) - 本の仕入れ・注文・購入、著作権取引に絶好の場です。.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

魔女ジャム

魔女ジャム
『西の魔女が死んだ』を観てきました。
原作にわりと忠実な印象、、、
読んだのがだいぶ前ということもあり、
ギャップはあまり感じませんでした。

なんといっても魔女役のサチ・パーカーさんが素敵でした!

それと、セットがとてもいい雰囲気。

まいの部屋、キッチン、おばあちゃんの寝室、、、

回想シーンながらおじいさんの部屋は、鉱物標本やら古そうな洋書がいっぱいで、間近で見てみたい衝動に駆られました。

清里のロケ現場で、このおばあちゃんの家のセットが公開されているそうです。おじいちゃんの部屋はないだろうけど、行ってみたい!

http://blogs.yahoo.co.jp/nishimajo_movie/7321577.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »