« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月18日 (水)

旅の道連れ

旅行のとき、本を持っていきますか?

邪魔にならない文庫本一冊くらい。でも、その一冊を読み終えないうちに帰ってくることが多くて。なぜかといえば、飛行機や新幹線のなかで、もっていった本を読んでないからなんです。寝てるのかって?いーえ、読んでます。

機内誌(車内誌?)と呼ばれる雑誌が、なかなかどうしてけっこうおもしろいのですよ。

先日、東北新幹線と東海道新幹線を乗り継いで関西方面へ行ったのですが、それぞれ「トランヴェール」と「ひととき」という雑誌がありまして、前者は山形の食特集。後者は備前焼の特集でした。鉄道の雑誌らしく、アクセス案内やツアー紹介は丁寧至極。旅に出たくなるか、行かずして旅した気になるかは、、、読む人しだいだと思いますがね。

そんなわけで、文庫本はまた読み残してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

磐音が出た。

つい先日、佐伯泰英『居眠り磐音』の新作が発売されました。

時代物の文庫ではダントツに売れる佐伯作品のなかでも、一、二を争う人気シリーズです。前回は前宣伝も大々的で、二巻同時発売が基本だし、店長もまだ先だろうといっていたのですが、正直、寝耳に水な発売でした。

おそらく、「早く次が読みたい!」という読者の熱烈な要請が、版元に殺到していたのでしょう。。。このシリーズの愛読者は、ご年配の方が多いのですが、本好きのお年寄りを甘く見てはいけません。なにしろ時間は有り余るほどあって、文庫本なんて一日二日であっという間に読んじゃうんですから。うちの母はちかごろ記憶力のほうがおぼつかなくなってきたので、だいたい3回は読み直すと言ってます。

そして読み終えると本屋へ来て「次はいつ出るの、まだ出ないの、出たらすぐ教えてよ」と入れ替わり立ち代り、、、すごいパワーです。そんな「おとりおきさん」が、このシリーズだけでも5,6人はいらっしゃいますね。

そのうちのおひとり、70代と思われる女性のお客様は、どちらかというと世話物系がお好きなのですが、うちに入荷するそのジャンルはほとんど欠かさずお買い上げです。以前、社員が「いつもたくさん買ってらっしゃいますけど、読み終えたら買い取りに持っていくんですか」と聞いたことがあるそうです。すると「なに言ってるの、売ったりなんかしない。全部並べてある」との答えだったそうで。。。おそらくご自宅には古本屋が開けるくらいの蔵書があるはずです。恐るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

春の「蔵美」

きょうは仕事が朝シフト(9:30~14:00)だったので、帰ってから母を誘って【蔵の街美術館】通称「くらび」に行ってきました。

現在開催中の「布が伝える和のこころ」展は、着物コレクター三瓶清子さんのコレクションから、女性や子供の晴れ着を中心に、なかなか見ごたえのある展示でした。

男の子の晴れ着には鯉の滝登りの図柄が多いことや、古い時代のものは、女の子の晴れ着でも黒など渋い色合いのものが多いことがわかります。また、長寿の人や元気な子供がたくさんいる家から少しずつ端布をもらい歩き、ひと針ひと針にわが子の成長を願って縫われたという「百徳」も、それは見事な手仕事の産物でした。

珍しいと思ったのは被衣(かつぎ)という着物。五条大橋の牛若丸を思い浮かべていただければ、、、あんなかんじで、頭からかぶるものですが、はじめはふつうの長着をかぶっていたのが、やがて専用に薄く軽く、襟ぐりの位置もぐっと下げて作られるようになったのですね。

わたしの印象に残っているのは沖縄の着物。「アーランチェ」と呼ばれるその生地は、「竜舌蘭」の繊維で織られているのではないかといわれているそうです。軽くて涼しそうですが、1枚で着るとシースルーな感じで、あでやかに舞うモノトーンの蝶が色っぽいかも知れません(笑)

他にも型染めの祝い風呂敷や、コレクションのサンプルのようなパッチワークの古袱紗など、興味深く見せてもらいました。

紡、染、織、繍、文様など、着物はじつに多彩な複合文化だということを、あらためて感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 9日 (月)

新学期

中学生、高校生。真新しい制服ってほほえましいですな。

学習参考書、そして教科書ガイドの注文が集中する季節です。自分はガイドなんて先生しか買えないもんだと思ってましたが、本屋で買えるんですね。いまは小学生でも使うみたいです。

これも本屋で働くようになって驚いたこと。

そして、親が買いにくるんです。しかも小学生だけじゃない。高校生用の参考書、大学の赤本、ついでにコミックの新刊やマンガ・ゲーム雑誌まで。おいおい。

いまじゃ普通なんですかね、あまり考えないことにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »